日米共同研究により長期宇宙滞在時の眼球障害軽減に人工重力が有効であることが判明 - 海外の反応

翻訳元








  1. スレ主


  2. 日米共同研究により長期宇宙滞在における眼球組織障害の軽減に人工重力負荷が有効であることが初めて明らかとなりました。~月・火星に向けた有人宇宙探査へのステップとなる「きぼう」小動物ミッションから得られた成果~

    宇宙長期滞在において、宇宙飛行士の身体には微小重力による変化(異常)が引き起こされます。帰還後の視覚障害に至る眼球組織の障害はその1つであり、国際宇宙ステーション(ISS)での長期滞在や将来の有人宇宙探査に向け解決すべき重要な課題であると認識されています。

    ISSにおける貴重な宇宙実験機会をより効率的、効果的に活用し、その成果を最大化するため、日米協力の新たな枠組みとして「日米オープン・プラットフォーム・パートナーシップ・プログラム(JP-US OP3)」が2015年に策定されました。本枠組みのもと、両国の協力による有人宇宙活動における共通課題への取組みとして、眼球組織障害の課題に対しマウスミッション初の共同解析が進められてきました。

    その結果、JAXAの第1回小動物ミッション(2016年7月~8月に実施:35日長期飼育)において実施・取得した組織サンプルの日米共同解析により、微小重力群マウスで検出された網膜組織障害(細胞死といわれるアポトーシスやそれに関連するタンパク発現等)が、人工重力負荷の環境では軽減されることが明らかとなりました。

    本成果を第1歩として、今後もJP-US OP3に基づき有人宇宙探査の進展に必要な解析データの蓄積などを日米共同で先導的に進めていく計画です。



     (宇宙フォーラムへの投稿です)

  3. 海外の反応

  4.  少し話はそれるが、このロゴが気になるわ。
     高解像度バージョンを誰か持っていないかい?

    z00_201811030702460d0.jpg


  5. 海外の反応

  6. >>2
     ほらよ!

    z01_20181103070456122.jpg

  7. 海外の反応

  8. >>3
     このロゴには大量に意味があるようだ。

  9. 海外の反応

  10. >>3
     適当なロゴかと思ったけど、意外とちゃんとしているんだな…

  11. 海外の反応

  12.  未来には人工重力ジムが出てくると思っていたよ。ウォーターエアロビクスみたいな感じでね。
     もしこのアイデアをものにできれば金持ちになれるよ!

  13. 海外の反応

  14. >>6
     サイヤ人が興味を持つな。

    z02_20181103070834e22.jpg

  15. 海外の反応

  16.  2001年宇宙の旅(1968年)



  17. 海外の反応

  18. >>8
     クラークは擬似重力を頻繁に登場させているね。

  19. 海外の反応

  20.  残念ながらこの人工重力っていうのは1Gの話だからね。無意味な実験ではないけど、こういうレベルの重力っていうのは既に存在しているわけで、既に1Gが眼球に良いだろうというのは分かっていたことだよ。
     もっと興味深い質問があるとすれば、人が健康を保つのに最低限必要な重力はどれくらいかということだね。





  21. 海外の反応

  22.  というかこれはつまり我々は人工重力の生み出し方を知っているということかい?

  23. 海外の反応

  24. >>11
     遠心力を使っているんだよ。そこまでクールではないが、シンプルで役立つ実験さ。

    z03_201811030716441fd.jpg

  25. 海外の反応

  26.  そもそもなんで眼球障害なんて起きるんだ?

  27. 海外の反応

  28. >>13
     人体は体液の下方への移動を重力に頼っているんだよ。
     だから宇宙飛行士の顔は膨れているんだ。体液が移動せずに眼球に圧力がかかるのさ。

    z04_201811030722235aa.jpg

  29. 海外の反応

  30.  既に宇宙ステーションで人工重力を生み出すことが出来るのか!

  31. 海外の反応

  32.  人工重力っていうのはSFの話かと思っていたわ。













海外の反応ランキング

にほんブログ村 ニュースブログ ニュース 海外の反応へ
にほんブログ村


関連記事

コメント

※10
残念なのはコイツの頭
科学の進歩というのは、不確実性を取り除く地道な作業で成り立っている
何もしない癖に他人の努力の尻馬に乗って
批判だけするのは気持ちの良い事かもしれないけど
これ以上ないって程の非生産的な行為なんだよね…

アメリカは一国で出来るならしてるだろう
日本がいないと出来ない事があるのかな?
日本も日本だけじゃ出来ない事があるから共同なのかな?
なんか何でもアメリカと共同なんだけど

人体の継続的な健康には最低何Gが必要かと言う命題だよな。
それがわからないと、超長期の宇宙施設や惑星間宇宙船の設計そのものが変わってくる。
幼児、あるいは受精卵や胎児の成長とかになるとまた違ってくるかも知れないけど、こちらは最初から液体中だから重力の影響が軽減されるかも知れないし。
0.2G程度で良いのなら(体重60kgの人が12kg程度になる)、設計も楽なはず。施設の重量や剛性がそれほど必要無い。

低解像度のロゴマークがベルゼブブに見えた。

無重力で子孫作りまくれば、それに対応した人類が生まれてくるかもしれない

眼圧で目が障害されるというなら
眼圧を下げる目薬使ってるのかな?

人工重力が遠心力などの疑似重力だとすぐにわからない人がこんなに多いなんて

無重力化での胎児の成長には不明点が多いし、万が一成長しすぎると、母体負担が生命に危険なレベルになりかねない。

無重力下で子育てをした場合、
逆に地球には降りてこられなくなる可能性が高いと指摘されてる。
人間は現時点ではどうしても重力が無いと正常に機能しない。
何世代もかけて適応すれば話は変わってくるだろうけど、そのためには人類が恒久的に宇宙空間で生活する時代が来ないと駄目だろう。

そういう時代を生きてみたかったね。地上で生活するのが一部の金持ちの道楽になってるだろうけど。

❕❕今世紀最大NEWS 中華人民共和国(中国共産党)の臓器売買❕❕
東トルキスタン(ウイグル)、チベット、雲南省、内モンゴル、法輪功など、中国共産党に逆らった者達は政治犯として死刑になった。中国共産党は、死刑囚を生きたまま麻酔せず、縛った状態で、胸からヘソにかけてメスを入れて強制臓器摘出して、それを売買していた。政敵の法輪功は酷く、優先的に殺された。収用所の中では女性は毎晩、複数の兵士から犯され、男は拷問や人体実験の道具になっていた。さらに死んだ死体は加工されて、美術館で『人体の不思議展』として、本物の死体が世界中の美術展として見せびらかされた。
これは、今現在も進行中の事で、日本以外の世界中のテレビ局で報道されました。