砂糖菓子の配給制が終わった日のイングランド(1953年) - 海外の反応

翻訳元







  1. スレ主

  2.  砂糖菓子の配給制が終わった日のイングランド(1953年)。

    z00_20181219064807504.jpg

     (オールドスクールクールフォーラムへの投稿です)

  3. 海外の反応

  4.  あるいはウォンカバーに殺到している光景だな。

    z01_201812190649359e0.jpg

  5. 海外の反応

  6. >>2
     自分の母は1939年にイングランドで生まれたんだけど、10代の時に初めてバナナを見た日のことを覚えていると言っていたよ。
     祖母が店からバナナを買ってきて、家族みんなでバナナを包丁で切ってから食べたんだってさ。最もエキゾチックな体験だったと言っていたよ。

     そして今では店に皮の剥かれたアボカドが置いていないと怒っているわけだ。

  7. 海外の反応

  8. >>2
     ウォンカバーが出てきたのはこれから17年後だぞ。重要な歴史は抑えておけ!

  9. 海外の反応

  10.  在庫を全て貰おう。

  11. 海外の反応

  12.  自分の父は1945年にロンドンで生まれて、人生をずっと砂糖菓子に魅了された状態で過ごしているよ。
     いつも買い溜めして寝室のクローゼットに保管していて、菓子を切らせることがないんだ。
     今はアメリカに住んでいるんだけど、父は旅行用のスーツケースを持って買い物に行って、その中に菓子を詰め込んでいるよ。父はもう定年退職していて、色んな店の菓子を買うのが趣味なんだ。そして自分に今日の菓子は何点だったか言ったあとに、クローゼットの中に詰め込むのさ。
     
     砂糖菓子の配給制は父に大きな影響を与えているね。70年台に生きていた人が家の中に砂糖菓子を隠す習慣を持っていたとしても驚きではないよ。
     
  13. 海外の反応

  14. >>6
     全部の菓子の点数を言ってくるのかい?😂

  15. 海外の反応

  16. >>7
     そうだよ。そして言う時は最初に「得点発表!」とか言ってくるよ

  17. 海外の反応

  18. >>8
     それはウケるね。まるで毎日がハロウィーンじゃないか。

  19. 海外の反応

  20. >>6
     自分の祖父母(70歳後半~80歳前半)も食料に対して変な問題を抱えているよ。
     なんでもかんでも食べ物を溜め込むのに、あまり食べないんだ。
     缶詰であれば1年間は棚やガレージに保管されていると思うね。
     これが子供時代の配給制と大きく関係しているのは間違いないよ。

     まぁでもそれは合意なしのブレクジットへの備えになっていると思うわ。





  21. 海外の反応

  22. >>10
     ああ、自分の大叔父達もそんな感じだよ。たぶん70年代の缶詰がまだ残っていると思うわ。

  23. 海外の反応

  24. >>6
     自分の祖母(80代)はカナダ人だけど、同じ様に菓子を溜めているよ。

  25. 海外の反応

  26.  戦後8年間も配給制が終わらなかったのかい?これは驚きだね。たぶん自分は戦争でヨーロッパがどれだけ荒廃したのか本当には理解していなかったと思うわ。

  27. 海外の反応

  28. >>13
     戦後にヨーロッパが植民地を解体したのにも理由があるんだよ。ヨーロッパで被害を受けなかった国なんていなかったんだ。
     市民やインフラへの被害が出なかった国なんていうのはアメリカくらいだよ。だからみんなの復興を助けるだけの富があって超大国になったのさ。

  29. 海外の反応

  30. >>14
     どっちの戦線も3000マイル離れているというのはアドバンテージだな。

  31. 海外の反応

  32. >>14
     スイスもそうだよ。

  33. 海外の反応

  34. >>13
     ドイツでさえイギリスの4年前に配給制は終わっていたんだけどね…

  35. 海外の反応

  36. >>17
     当時のイギリスの食料供給は多くをインドに頼っていて、インドで飢饉を起こしていたんだよ
     そして1948年にインドを失って、イギリスはインドの食糧生産に頼れなくなったんだ。
     
  37. 海外の反応

  38.  ブラックフライデーの砂糖版か。

    z02_2018121907133184f.jpg

  39. 海外の反応

  40. >>19
     ホワイトフライデー。












海外の反応ランキング

にほんブログ村 ニュースブログ ニュース 海外の反応へ
にほんブログ村


関連記事

コメント

あの時代のアメリカ意外の戦闘した国はみんなそうだもんね
特に日本が深刻だったけど、欧州も結構やばかったし
おじいちゃん、おばあちゃんが食べ物や現金や包み紙に執着するのは思うところがあるんじゃないかな
まぁ、ジャラジャラジャラジャラ、チョコレート、ガム、ストッキング持ってたアメリカさんパネェって話なんですけど

これは知らなかった
イギリスはアメリカと同じように思ってたよ

イギリスは大国としてドイツやフランスの復興のために物資を送ってたんじゃなかったっけ、そのせいもあったとか
うろ覚え

英国の国民防衛隊だったかな。主力装備が鉄パイプ槍で「竹槍装備した国防婦人会かよ!」と思った。
「敵だってギリギリの耐乏生活。もうちょっと押せば倒れる!」というのは、英ソに関してはあながち間違いでも無い。
アメリカだけがもう別次元の国力というか、チートというか、もうたまらんよなあの国とガチで戦うのは。

その反動で、イギリスや欧米のお菓子ってあんなにゲロ甘いの??