目が覚めた時に休めた気分になる人なんているの? - 海外の反応


z04_20190216102948144.jpg

翻訳元







  1. スレ主

  2.  自分は大体7~8時間寝ているんだけど、目が覚めた時はいつもゴミみたいなグロッキー状態で、またすぐ寝たくなるわ。
     目が覚めた時に休めた気分になって「一日の始りだ」みたいに思える人がいると聞いたんだけど、それって本当なのかい?もしそうなら自分はどうしたら朝にそうなれるんだ?

     (現実世界では聞けないフォーラムへの投稿です)

  3. 海外の反応

  4.  きつい朝っていうのは大体寝る前に水をあまり飲んでいないときだね。脱水症状になっているんだよ。

  5. 海外の反応

  6. >>2
     脱水症状が不眠症を引き起こすのは言うまでもないね!水を飲まないと不安になるわ。

  7. 海外の反応

  8. >>3
     なるほど、それは興味深いな。自分も不眠症で苦しんでいるところだけど、確かによく脱水症状みたいな感じになるわ。
     これからちょっと水を飲むように気をつけてみるわ。 

  9. 海外の反応

  10.  個人的には何時間寝るかは関係ないね。例え夜9時に寝たとしても、朝7時前に目覚めると気分が悪くなるわ。
     でもこれは本当最悪だよ。なぜなら自分は毎日6時30分に起きているからさ。

  11. 海外の反応

  12. >>5
     同じく。ただ自分は午後2時前に起きたらそうなるけど。

  13. 海外の反応

  14. >>6
     自分は何時に寝ようが何時に起きようが関係ないわ。起きること自体が嫌いだ。

  15. 海外の反応

  16.  自分は9~10時間くらい寝ているけど朝起きたときは疲れた感じになるわ。
     12~14時間くらい寝れば気分が良くなるね。

  17. 海外の反応

  18.  睡眠時無呼吸症かテストしてみると良いよ。自分はそれで人生が変わったわ。

  19. スレ主

  20. >>9
     自分もそうかと思ったけど、いびきは全然しないんだ。





  21. 海外の反応

  22. >>10
     無呼吸症にいびきは関係ないと思うよ。指標の一つではあるけど、それだけではないからね。

  23. スレ主

  24. >>11
     なるほど興味深いね。もっと調べてみるわ。

  25. 海外の反応

  26.  抗うつ薬を使っていたときは4時間しか寝なくても気分良く起きれたし、1日中活力的に動けたよ。
     でもそれがないと8時間寝てもグロッキーだね。

  27. 海外の反応

  28. >>13
     自分は抗うつ剤を使ったらいくら寝ても足りなくなるし、ずっと疲れてしまうわlol

  29. 海外の反応

  30.  誰も言及していないであろう大きな要因は食事制限だよ。
     自分は食事制限したら何もかも変わったわ。

  31. 海外の反応

  32.  レム睡眠について調べると良いよ。レム睡眠を邪魔して目覚めたらグロッキーになるんだ。
     
  33. 海外の反応

  34.  3~5時間の睡眠に変えたらベッドから飛び起きれるようになったけど、それをすると午後に疲れるようになったわ。

  35. 海外の反応

  36.  寝る数時間前に食事を終えて、寝る30分前に電子機器の電源を落とせばいいよ。
     自分がやっているのはこの二つで、朝は気分良く起きれるわ。
     寝る前にスマホを使っていると寝た気にならないね。
     
  37. 海外の反応

  38. >>18
     自分もそれを何度かやってみたことがあるけど、なかなか寝れなくなったわ。だから良いことではないけど眠たくなるまでスマホをいじっているよ。

  39. 海外の反応

  40. >>19
     本を読んだりすれば良いんじゃないかい?





  41. 海外の反応

  42. ・良いマットレスを使う。
    ・日中に水を沢山飲んで、寝る前にコップ1杯の水を飲む。
    ・眠りに落ちるのではなく、眠りにつくようにする。要するにスマホやTV、パソコンの電源を落として、寝るためにベッドに横になるということ。
    ・運動する。

  43. 海外の反応

  44.  それは精神的に疲れているんだよ。
     友達と遊ぶ時の朝は4~5時間しか寝なくてもバッチリ休んだ気分になれるけど、宿題とかやることがたくさんあるときは10時間寝ても疲れた気分にならないかい?








海外の反応ランキング

にほんブログ村 ニュースブログ ニュース 海外の反応へ
にほんブログ村


関連記事

コメント

『快く目覚めるにはどうすればよいのか』を研究し、その研究で大成功する事を夢見て、工夫すれば、毎日の睡眠が楽しく成る。

にはあまり拘りはない。疲れが酷い時には床に付くだけで怖いくらい墜落する感覚を覚える。睡眠時間が長くても短くても「みんなこんなもんだろう。これが当たり前だろう」と思えばそんなにキツいとは感じなくなったね。今日の目覚めは昨日よりちょっとだけいいね👍が大事だね。