茶(ちゃ)とティーという呼び方の起源 - 海外の反応

翻訳元








  1. スレ主

  2.  今日学んだこと。世界にはtea(茶)を表現するための二つの呼び方がある。
     これはどっちも中国から伝わった言葉であり、スペインやイギリスなどにはte、インドやロシアなどにはchaと広まっている。
     陸続きで伝わったところにはcha、海経由で伝わったところにはteaとして伝わった。

     (今日学んだことフォーラムへの投稿です)

  3. 海外の反応

  4.  ポーランドではherbataと呼んでいるぞ。きっと空経由でやってきたんだろうな😂

  5. 海外の反応

  6. >>2
     Herbataはラテン語のHerba Thea(ハーブ・ティー)が起源だ。

  7. 海外の反応

  8.  でも日本は陸続きじゃないのに茶と呼んでいるぞ。

  9. 海外の反応

  10. >>4
     日本が茶と呼んでいるのは中国や朝鮮に近いからだろ。多くの文化交換があった結果だ。

  11. 海外の反応

  12. >>5
     そうだけど。スレ主の主張は正しくないということを指摘したまで。

  13. 海外の反応

  14. >>6
     日本と中国はかつて陸続きだったんだよ。

  15. 海外の反応

  16. >>7
     15000年前くらいとかか?茶が生まれたのは3~4000年前だけどね。

  17. 海外の反応

  18.  chaは広東省での呼び方で、teは福建省での呼び方だな。
     それからポルトガルではchaと呼んでいる。

  19. 海外の反応

  20. >>9
     イギリスでもchaは使っているぞ。





  21. 海外の反応

  22. >>10
     イギリスは茶を表す言葉がたくさんあるからな。

  23. 海外の反応

  24.  ここに良いマップがある。
     青がteで赤がcha。

    z00_2019051706494650c.jpg

  25. 海外の反応

  26.  イギリスは両方使っているな。charを一杯くれって言ったら普通に通じるよ。

  27. 海外の反応

  28.  言語を二つ話せるならteaと茶(cha)を両方使うよ。

  29. 海外の反応

  30.  なるほどね。韓国ではchaと呼んでいるわ。

  31. 海外の反応

  32.  トルコではchaiと呼んでいるな。

  33. 海外の反応

  34.  ブラジルではcháと呼んでいるよ。

  35. 海外の反応

  36.  アラブ語だとShayだ。
     













海外の反応ランキング

にほんブログ村 ニュースブログ ニュース 海外の反応へ
にほんブログ村


関連記事

コメント

誇らしいニダ

え?
中国人の発音も「チャ」なの?
じゃあ加藤茶の中国語読みはどういう発音になるのだろう。

こういう記事はいいね。

茶は3000年は遡らないんじゃねえかな、いって2500年くらいと思われ

北部方言か南部方言かの差だよ
ヨーロッパの海ルートは当然貿易港のあった南部方言から
日本へは半島経由の北回りだから北部方言起源

茶は最澄(伝教大師)が唐から持って帰ってきて植えたのが日本では始まりらしいから朝鮮関係ないだろ

興味深い
良い記事だ
沢木耕太郎の「深夜特急」でもそんな事を言ってたな。CHA文化圏みたいな

三国志のオープニングは劉備が茶を買うところからだったっけ?

漢音か呉音かみたいな話だろ。陸のシルクロード経由では北の発音、海のシルクロード経由では貿易港のある南の発音が伝わった。日本は陸続きじゃないけど文化的には陸のシルクロードの東側終点だから。

日本のところ「ocha」って書いてあるけど違うw
「お茶」の「お」はただの丁寧に呼ぶための接頭辞で
日本でも「cha」だからね外人さん

日本は隋唐文化を仕入れるのに半島なんか経由してない
海を真横に突っ切った方が圧倒的に近いし
そもそも茶の栽培は東京より南である必要があるので半島に茶の文化は根付いてない
朝鮮人がchaと呼ぶのは日本から輸入しただけ

昔の中国は本当にすごい国だったのにな

※7
俺も『深夜特急』思い出したわ。トルコだったよね。

ロシア語でチャーイだったか?