海外「日本には焼杉っていう木の板を炭化する処理がある」→「これは逆転の発想だね」

翻訳元







  1. スレ主

  2.  日本にはshou sugi banっていう木の板を炭化させるプロセスがある。

    z00_201906190626343b3.jpg

     (微妙に興味深いフォーラムへの投稿です)

  3. 海外の反応

  4.  shou sugi banっていうのはイギリスのブランド名だな。厳密にはyakisugi(焼杉)と呼んでいるよ。

     Yakisugi

    z01_201906190630071a4.jpg

  5. 海外の反応

  6. >>2
     これは興味深い記事だね。ありがとう!

  7. 海外の反応

  8. >>2
     厳密に言うと板ではなくラーメンを焼いたものはyakisobaと呼ばれる。

  9. 海外の反応

  10. >>4
     アジア人だけどその通りdesu。

  11. 海外の反応

  12. >>5
     Desu wa nani, desu?

  13. 海外の反応

  14. >>2
     イギリスには三菱と呼ばれる車製造プロセスがあるよ。

  15. 海外の反応

  16.  カナダにもあるけど山火事と呼んでいるよ。

  17. 海外の反応

  18. >>8
     ああ、カリフォルニアでも街一つをそうしたよ。

  19. 海外の反応

  20.  これは最も長持ちする処理の一つだね。合成塗料や有害な殺虫剤を使わなければ木が有毒になることもないし、リサイクルして様々なことに使える。





  21. 海外の反応

  22. >>10
     そうだね。でも表面が脆くなるという欠点もある。他人のものに触らないという良心的な人でいっぱいな国でないと駄目だな。

  23. 海外の反応

  24. >>11
     つまり家の近所は無理ということか。

  25. 海外の反応

  26.  つまり防腐用のペイントをするよりも良いということかい?

  27. 海外の反応

  28. >>13
     主な利点は表面の色が変化しないことと、炭化した層にカビ、虫、水、さらには火への耐性があることだ。日本ではこの技術は800年前から導入されている。

  29. 海外の反応

  30. >>14
     木を燃やして火に抵抗を持たせるとか逆転の発想だね。気に入ったわ。

  31. 海外の反応

  32. >>15
     炭素は実際は非常に優れた断熱材だからね。木材の表面を炭素に変えると難燃性になるわけだ。

  33. 海外の反応

  34. >>15
     でも我々は木炭を燃やしているだろ?とても混乱するんだが。

  35. 海外の反応

  36. >>17
     木炭は燃やした木ではなく、調理した木だからな。
     
  37. 海外の反応

  38. >>18
     What!?

  39. 海外の反応

  40. >>19
     木炭は木を燃やさずに酸素なしの状態で熱して作るんだよ。





  41. 海外の反応

  42.  この技術で作ったテーブルが欲しいね。

  43. 海外の反応

  44.  そしてとてもクールだ。

  45. 海外の反応

  46.  カリフォルニアではこれを夏と呼んでいるよ。








海外の反応ランキング

にほんブログ村 ニュースブログ ニュース 海外の反応へ
にほんブログ村
関連記事

コメント

先人は素の味を活かすのが本当に上手い。焼杉は美しい。

>>この技術で作ったテーブルが欲しいね。
 
テーブルに置いた物は炭で真っ黒になるし、室内はススだらけで醜い事になるぞ。
手をつくと手のひら真っ黒になるから、うかつに手をつく事すらできない。

8から9への流れがすごい好き
さすが皮肉的なジョークが上手い

焼杉ィ!

>テーブルに置いた物は炭で真っ黒になるし、室内はススだらけで醜い事になるぞ。
>手をつくと手のひら真っ黒になるから、うかつに手をつく事すらできない。
全くのデタラメ、嘘はよくないよ
焼き杉の家具ってのは昔から存在して西日本じゃ名産品ですけど

>>この技術で作ったテーブルが欲しいね。
>室内はススだらけで醜い事になるぞ。
>手をつくと手のひら真っ黒になるから、うかつに手をつく事すらできない。
オマエ古民家とか行ったことないんか
床とか全部焼杉だぜ?

小学校のころ山へカウボーイ的なことをしにいったときに木でペンダントを作って焼いたから知ってる
昔は林間学校とかでやってたとか
いつか無くなってしまう技術かもね

>>この技術で作ったテーブルが欲しいね
>テーブルに置いた物は炭で真っ黒になるし、室内はススだらけで醜い事になるぞ
じゃあ何故売ってるんだ?

日本食店や自然志向のカフェなんかじゃテーブルなんかに普通に使われているから無くなりはしないでしょ

山火事も火事の進行方向をさきに燃やしとけば拡大しないと、焼津のヤマトタケルさんが言ってたわ。

山陽地方等ではいまだによく使うよ。
製品化された板もあるけど、焼きがあまいから職人さんに作ってもらったほうがもちが良い。戦前のモノが今のものと変わらない状態というのもザラという良い素材だよ。根強い愛好者がいるから風景になってるし、たぶん廃れない素材だと思う。

今はネット遊びの時代だから目にした事無い人も居るんだろうな。
これは防虫効果とか主な用途だけど、木目も綺麗に見せる効果もあるんだよね。
子供の頃、本棚作りでやったし今でも日曜大工でやったりする。
ほんの数十年前まで地中に打ち込む杭などは焼いて入れてたよ(電柱も)。
人肌が弱くなって「アトピーやら何やら」昨今では、将来性あるのではないか?
防腐剤が強力になって廃れかかってる技術だけど、人体はソレに抵抗し始めてるからね、アレルギーとかアトピー持ってる人は白川郷に泊まって試して見たらどうだろうか?炭の効果が体感できるかもしれない。

※2
外壁に使われるのは炭化させたままのもあるから触ると手が黒くなるけど、家具の場合はちゃんと処理するよ。自信満々に描く意味が分からない。

小学校の頃だったかに作ったな。楽しかった。

※4
これを見に来た

焼杉触ると真っ黒になるぞに笑った
脳内イメージで忠告するアホ芸はツイッターでやれ

表面炭化させたあと磨くんだよね
鉄腕ダッシュで見た

>>この技術で作ったテーブルが欲しいね。
>室内はススだらけで醜い事になるぞ。
>手をつくと手のひら真っ黒になるから、うかつに手をつく事すらできない。

それ、焼き過ぎじゃない?

炭素層を人為的に形成したもの。まあカーボンになるわけだし、将来的には
木材から複合炭素カーボンができれば、鉄より強く、断熱して大変よろしい
わけだが無理かな

>表面が脆くなるという欠点もある、他人のものに触らないという良心的な人

これは本来、耐久性を増すため処理、処理が甘いと脆くなる。人はあんまり
関係ないかな、逆に触ると黒く汚れるので人は触らない

今からウザいこと書きまーす
焼杉を焼きすぎた!

現代では、錆で錆を制するという技術もある。