アメリカ「すまん。インド太平洋まで手が回らんわ。中国に勝てないかも」

翻訳元







  1. スレ主

  2.  アメリカのインド太平洋防衛戦略が「未曾有の危機」に陥っている。

     US defence strategy in Indo-Pacific region faces 'unprecedented crisis'

     調査結果ではオーストラリアはアメリカの弱体化を視野に入れ防衛ネットワークの多様化をするべきだと警告している。


     米国研究センターの最新の調査によると、アメリカ軍はインド太平洋で中国と戦争する準備が出来ていないと警告しており、オーストラリアは特に日本などの他のアジア諸国との連携を強めなければならないと警告している。


     「Averting Crisis(危機回避)」と呼ばれる報告書によると、アメリカのインド太平洋防衛戦略はこの地域を軍事的に支配したままでいようとする野心と軍隊への資源減少によるミスマッチで「未曾有の危機」に陥っているとのことである。

     米国研究センターのAshley TownshendとBrendan Thomas-Nooneによると「ますます拡大する地域紛争と自由に使える資源の制限により、米軍はもはやインド太平洋での力の均衡を独力で保てる保証はない」と述べている。
     一方で中国は「高度な軍事システムへの大規模な投資の結果、地域秩序に挑む力は今まで以上に強まっている」とのことである。

     アメリカは引き続き影響力を持っているが、ここ20年間に渡る中東鎮圧への出費や、継続的な世界保安、武器の老朽化、訓練削減により軍は疲弊している。
     それでもアメリカはインド太平洋で支配的な軍事力を維持したいと考えているが、赤字と公的債務の増加に加えて、軍事支出を増やそうとすることに対して政治的な反対にも直面している。


     Townshendはガーディアン紙に対して「重要なものよりも緊急なもの」に優先順位をつけるべきだと述べている。
     「アメリカと対照的に中国にグローバルな責任はありません。地域的に注力しています」

     Townshendはオーストラリアはベトナム、マレーシア、シンガポールなど他の地域の軍隊との協力を検討するべきだと述べている。
     「アメリカはアジアが最優先事項だと言っているが、実際はそういう行動は取っていない。アメリカの軍事力の埋め合わせとして、中国の力に対抗するには集団防衛戦略が急速に必要になっています」 

    z03_20190820063702d01.jpg


     (世界ニュースフォーラムへの投稿です)

  3. 海外の反応

  4.  まだ104ページあるレポートの29ページまでしか読んでいないけど、要点は中国にはたくさんのミサイルがあるがペンタゴンには金がないということだね。
     米国は「大国」に焦点を合わせるために世界的な活動を縮小する必要があるが、政治と定着した理想論によりそれが困難になっている。

  5. 海外の反応

  6. >>2
     なんで国防省に金がないなんて事態になるんだ?文字通り世界で最も軍事費が多いだろ。アメリカ以下の数十カ国を合わせたよりも予算が多いぞ。
     まるでペンタゴンが不必要に金を使っているかのように思えるわ。

  7. 海外の反応

  8. >>3
     購買力平価(PPP)で見ればアメリカの予算はロシア+中国より高くないぞ。

  9. 海外の反応

  10. >>4
     PPPは防衛費ではなく、消費者の「商品とサービスの予算」に基づいて作られている。
     その意見の全体が間違っているとは言わないが考慮するべき。

  11. 海外の反応

  12. >>4
     PPPは給料以外に大して関係ないだろ。

  13. 海外の反応

  14. >>6
     いや関係あるよ。中国とロシアは軍事兵器のほとんどを輸入ではなく国内生産している。
     だから軍事費は彼らの通貨によるPPPで考えるべきだ。

  15. 海外の反応

  16.  米国の軍事ドクトリンは世界の2つの舞台で同時に世界大戦に勝利することだから、これは問題だな。

  17. 海外の反応

  18. >>8
     今だと1つと半分に縮小されているんじゃないか?

  19. 海外の反応

  20.  記事全体でオーストラリアはアメリカへの依存を減らして、日本、シンガポール、マレーシア、ベトナムのような新しいパートナーを探すべきだと言っているが、そもそもオーストラリアにとって中国は軍事的脅威なのか?





  21. 海外の反応

  22. >>10
     オーストラリア経済は輸出に大きく頼っている。
     だからマラッカ海峡のような貿易の要点を抑えられたら大変なことになる。

     今のところはアメリカがパトロールしているから問題はないが、アメリカがインド太平洋での軍実活動を縮小するなら危うい。

  23. 海外の反応

  24. >>11
     輸出はGDPの20%程度だが。

  25. 海外の反応

  26. >>12
     中国は18.56%だぞ。それでも中国は輸出重視の経済と言われているんだから、オーストラリアもそうだろ。

  27. 海外の反応

  28. >>10
     オーストラリア人として言わせてもらうと、問題は中国共産党が何度もオーストラリアの主権を侵害しようと影響力を繰り返し行使していることだな。
     共産党は既にオーストラリアの政治家に影響力を与えていて、オーストラリアの中国への反発をシャットダウンし、技術を盗み、オーストラリア企業と学者に圧力をかけている。(ソースが必要な場合はぜひ言ってくれ)
     
  29. 海外の反応

  30.  これがトランプ政権が同盟国たちに負担金を増やすように批判していたのに、オーストラリアがほとんど言及されなかったことに驚いた理由だわ。

  31. 海外の反応

  32.  インドの名前は上がらないのか?

  33. 海外の反応

  34. >>16
     インド、日本、オーストラリアは既に軍事的に密接に協力している。

  35. 海外の反応

  36.  オージーの学校で中国語を教えれば良いぞ。
     
  37. 海外の反応

  38.  大統領は将軍より軍事に詳しいって言っていたからこれはフェイクニュースってことでOK?

  39. 海外の反応

  40.  アメリカは世界中に180箇所も基地があるからな。
     一方で中国は去年日本の近くに1つ作った。












海外の反応ランキング

にほんブログ村 ニュースブログ ニュース 海外の反応へ
にほんブログ村
関連記事

コメント

中国は、分裂させる方向で対抗すればいい。つまり、反政府組織を作り、そこに支援する。

実際は資本主義をベースにした独裁国家である中国に対しては、経済制裁が一番効果があるんだよね…
昔のような軍事的な圧力で抑えつけるなんて無理だし非効率

資金不足か。通りで米軍駐留費の日本負担分を増やそうとするはずだ

日本でやるから中距離ミサイル寄越せ
アジアに配備したいんだろ?

オーストラリアは港明け渡してなかったか?

中国分裂は一番避けなければいけない悪手だからね
経済で日干しにしつつ、共産党トップのままで放置するのがエエんよ
大陸人の自由? 自由にしたら馬賊ヒャッハーになって100年前の繰り返しになるから、分裂統治はあり得ない

中国の急成長ぷりは
旧ソ連よりアメリカに
とって脅威になりかねないと

よーやく気付きだした感じかな

要約「予算くれ」
今でもかなり使ってるけど世界を支配するならそりゃ足りないわな

中国が分断なんかしたら難民とか言って今以上に中国人が日本に来そうでそれだけが嫌だ
中国人なんて家畜みたいにキンペーに管理されてるくらいが丁度良いよ
管理されててもしつけのなってないガキみたいだし

んじゃ日印で山分けだな

はあ?アメリカしっかりしろ!!
きっちり護らんかい!!日本は軍隊ないんで
お前らが頼りなんだ、マジでしっかいりせい!!

日本政府が悪いな。
日本のODAでインフラ整備し、中国の金は軍事費に注ぎ込めたんだから。

簡単!日本が核持てば良い。

>中国は、分裂させる方向で対抗すればいい。つまり、反政府組織を作り、そこに支援する。

通信も集会も監視されてるのに反政府組織を作るなんて容易じゃないよ 

だから中東から手を引いて東アジアに回せよ
東ヨーロッパ(クリミア)からは手を引いただろうが

>>15
中東には石油っていう超重要物資があるべ

ほら、日米安保条約なんていざと云時何の役にも立たないんだから日本は自力で防衛するためにも核武装が何としても必要なんだよ…

いや、アメリカの方針は基本的には70年前からずっと変わってない。
アチソンライン以外は基本関わらないし、興味がないという事。インドシナ半島や朝鮮半島ではソ連が居たから仕方なく防衛をしてたけど、ソ連が崩壊し、高度な軍事技術が発展した今、アチソンラインまで後退したいのが米国防総省・米国務省や軍上層部の本音。
でもCIAや軍上層部のタカ派、軍産複合体やその後ろ立ての議員などはどんどんアジアや中東地域に進出して、資源を独占したり、対立を煽って武器を売りまくりたい。
一体米国はどうなるのだろうか?

仕方がないから日本の周辺はロシアと中国に守ってもらうわ

日本の軍備増強、憲法改正は既定路線。

米国の本音としてアチソンラインまで後退したいってのはあるんだろうけれど、実際にそれをやっちゃうと中国に第一列島線いけたんだから第二列島線もいけんじゃないの?っていう誤ったメッセージを与えることになるからなぁ。てか日本とかフィリピンとかも、米国は頼れないから中国にもっとすり寄るべきだって判断する層が増えるだろうし。

まずは、軍事の前に、
経済圧迫だろ?

セオリーです(笑)

アメは、平和な時期は、
デカイ顔して、散々お金を要求してきて、

本当の危機になると、更なるお金の要求、
そしてオレはやらないから~と芋を引く、
男の屑のようだ
(二度と日本人にデカイ顔するな)金返せ!(笑)


「私は死ぬ 私は死ぬ

私は生きる 私は生きる

見よ、この勇気ある者を

ここにいる男が再び太陽を輝かせる

上へ さらに一歩上へ 上へ!

そして最後の一歩 外へ

一歩 太陽の光の中へ

昇れ!」