海外「なんで日本のプロレスは常にメキシコのプロレスより国際的評価が高いんだ?」

翻訳元




  1. スレ主

  2.  なんで日本のプロレスは常にメキシコのプロレスより評価が高いんだ?
     これに関して自分は全然理解できないわ。どっちも独自のスタイルと解釈があり、世界中で人気になる同等のスターを生み出しているだろ。
     なのに雑誌に乗った回数ランキング、良い試合リストとかで常に日本人レスラーがルチャの上を行っている。
     みんなデイブ・メルツァーとか日本の試合については良く見聞きするのに、メキシコの試合については全然話題にならないだろ。

     これはオンラインで試合を検索し辛いとかそれ以上のものが存在していると思うね。だってテープを貸し借りしていた時代からこうだからな。間違いなく昔からこうだったよ。
     
     なんでメキシコのプロレスは日本より劣っていると思われているんだ?
     一体何が日本のプロレスをメキシコより良いと思わせているんだ?

     (雑誌登場ランキング)
    z01_20190908065756471.jpg
     

     (プロレスフォーラムへの投稿です)





  3. 海外の反応

  4.  理由は4つ:金、文化、スタイル、そして共演の機会だな。

     日本はアメリカ人レスラーへの金払いが良いから、アメリカの高水準なレスラーが日本に行っている。

     文化的には日本はアマチュアレスリングの伝統があって、彼らはオリンピックに行くくらいしか稼ぐ機会がないから、プロレスは稼ぐのに丁度よい。それにアメリカほどプロレスに対するレッテルはない。
     それに日本のプロレスは相撲からどのように訓練すれば良いのか影響を受けている。これは初期の頃から相撲選手がプロレス選手に転向しているのを考えるに不思議ではないね。相撲は長期的で集中的なトレーニングと高いパフォーマンスを維持するのに役立っている。

     スタイル的には日本のプロレスは他のどこよりもアメリカに近い。これはアメリカが日本にプロレスをもたらしたから当然ではあるな。つまり我々外人からしても日本のプロレスは見やすいということだ。

     そして日本は常にアメリカの才能に目を向けているが、メキシコのルチャはずっと閉鎖的にやっている。93年にルチャではアントニオ・ペーニャとAAAでプロレスブームを引き起こしたが、アメリカには全然話が届いていない。一方でホーガンが日本のグレート・ムタと戦ったというのは話題になった。
     こういう話題になる試合がないと目に触れる機会は少ないしレビューも少なくなる。メキシコのルチャはもう何十年もアメリカを無視し、アメリカは自分の道を行っている。ルチャはアメリカを必要とせず、アメリカのファンもルチャの話を聞かないというわけだ。

  5. 海外の反応

  6. >>2
     これは良い投稿。言いたいことを全部網羅しているわ。それから日本のプロモーションはアメリカのプロモーションと協力していると思うね。若い日本人レスラーをアメリカに送ることで繋がりを強固にしているよ。

  7. 海外の反応

  8. >>2
     アマチュアレスリングの部分以外はそうだな。ルチャのレベルが高いのはアマレスの背景があるからだ。
     
  9. 海外の反応

  10. >>2
     大体言いたいことは言っているわ。閉鎖的なのが最大の問題だと思うね。
     我々は良く「アメリカのレスラーはレスリングしていない」と言っているよ。なぜならキックやパンチばかりでパワームーブはほとんどしないからな。
     昔のプロレスはルチャのように可能な限り空中殺法をしていたが、最近はそういう技は少なくなって椅子や野球バットとかを使っている。
     それに背の高さも違うな。アメリカ人はずんぐりした背の高い選手の方が好きなんだと思うね。

     だからルチャリブレは自分の道を行っているんだよ。たぶん雑誌にはあまり登場しないだろうけどね。

     

  11. 海外の反応

  12.  メキシコの試合はよりストーリーとスペクタルを重視しているんだよ。
     打撃は重視せず、動きを派手にし、空中技のスキルを売りにしているんだ。他の国と違って技術的な側面はあまり気にしていないんだよ。

  13. 海外の反応

  14. >>6
     んん?ルチャを本当に見たことがあるのか?ルチャは技術的にかなり高度なことをやっているぞ。
     例えばこれが自分が去年気に入った試合だ。



  15. 海外の反応

  16.  メルツァーはCMLL(メキシコのプロレス団体)が好きだと何百万回も言っているぞ。

  17. 海外の反応

  18.  アメリカのスタイルに近く、たくさんのアメリカレスラーが金払いの良い日本に行っているからだろ。

  19. 海外の反応

  20.  個人的に日本のプロレスは実際のスポーツっぽくやっているけど、ルチャは下稽古みたいな感じだと思う。





  21. 海外の反応

  22. >>10
     ルチャは相手の空中技が来るのを待っているからな。一人ずつ空中技を使っていくぞっていうのがルチャだ。
     確かにそういうのを見たくなるときもあるが、ファッキン石井についてはいつも見たくなるわけだな。



  23. 海外の反応

  24. >>11
     ああ、自分もそうだわ。ルチャの素晴しい技術についてはリスペクトしているし、AAAで実際の戦いのような試合は素晴しいけど…それ以外はな…

  25. 海外の反応

  26.  興味深い質問だな。70~80年代から日本はアメリカのプロレスから大きな影響を受けていたが、メキシコはそうではなかった。
     アメリカのトップレスラーは常に日本に行っていたが、より密接なレスリング文化があるんだよ。
     メキシコについては独自の道を行くことにしたのか、日本ほど金がないのか知らないけど、とにかくそういう歴史があるんだ。

  27. 海外の反応

  28. >>13
     日本はメキシコのプロレスにも興味があって経験を積ませるために多くの選手を送っているね。

  29. 海外の反応

  30. >>14
     90年代の日本の軽量級スタイルはルチャ(とブリテッシュレスリング)に大きく影響を受けていたな。現在でも女子レスリングはルチャに影響を受けているよ。



  31. 海外の反応

  32. >>14
     ああ、メキシコはアメリカよりも日本と良い繋がりがあるね。だから新日本とCMLLは世界最長のパートナシップを結んでいるんだよ。
     それに日本人レスラーはもう何十年も前からメキシコに来て技を学んでいるよ。日本人レスラーはメキシコの影響がなければ今と全く違っただろうね。

  33. 海外の反応

  34.  アメリカ:プロモーションとストーリー中心のアクション。
     メキシコ:観客を楽しませる精神と派手な技。
     日本:スポーツと我慢比べ。

     どれが良いとか悪いとかではないね。どれも魅力があって世界中で愛されているよ。この三カ国が現代プロレスの主柱と言って良いだろう。自分はこの美しいスポーツの大ファンだよ。

  35. 海外の反応

  36.  日本プロレスは素晴しいけど、ルチャはリハーサルみたいな酷い試合が多々あるね。AAAはサーカスみたいだわ。
     
  37. 海外の反応

  38.  欧米では長いこと非西洋文化を称賛しているにも関わらず、メキシコや南米文化は悪魔化しているからな。

  39. 海外の反応

  40.  日本は常にレスリングに対して実際のスポーツのようなアプローチをしているが、メキシコは…













海外の反応ランキング

にほんブログ村 ニュースブログ ニュース 海外の反応へ
にほんブログ村
関連記事

コメント

悔しいと金wwwww

アメリカのプロレスはどんどん酷くなっている。マイクパフォーマンスのほうが試合より長いとか普通。技は手加減してるのが、マルわかり

日本こそ観客を楽しませる精神だろう
職人的なとこもある

金とかアメリカのレスラーとか意味わからん

昔の日本人はメキシコで修行してたらしいメキシコ人の背が低い体型に日本人と合ってた

プロレススーパースター列伝読ませてやりたいわ

さすがにメキシコと日本を比べるのは無理

どうして同格だと思ってるのかさえ謎

メキシコとか今危険すぎて観光客行かねえだろ

ルチャはアクロバティックで大学生プロレスに近いな。
興行的には神事の面を除けば相撲に近いんじゃないだろうか。
大道芸的な伝統芸というか伝統娯楽というか。

日本のプロレスはマイクパフォーマンス的な
身体を張ったどつき漫才や舞台演劇に近いかな。

相撲やルチャは歴史は古いけど、ビジネスとしては
スポンサーがつくぶん動くお金の規模が違うし
プロレスラーはバラエティのゲストやドラマ出演も多く
メディアの露出はどうしてもプロレスに分があるだろうな。

プロレスわからんのだけど
日本はスタイルや土壌の他に外国から選手呼んだり海外修行させたり外交的なことをしてきたのがデカいってことであってる?

カナダと比べなさい。条件が違いすぎる

実際国際的に見てもらえるようになるにはアメリカの人気レスラー呼んでくるってのは大事なことだよ
近年の親日の国際的な成功はそれによるものも大きい
見てもらった後に引きつけるものも当然持ち合わせてるけどね

UWFみたいなセメント系プロレスは日本のオリジナルだろ
ああいうのはアメリカにはない

ダッチワイフと試合できる日本のプロレスすげーなーと思た(ほんとにほめてます)

※9
そだね。早い話、日本は色んなスタイルを追求しているから。言い換えたら無節操にアメリカやメキシコのプロレスを吸収してきたし、新しいスタイルを生み出してきて、観客を飽きさせないような努力をしてきた。また、同時に世界各国から派手な選手を招待して、一種の国際大会のようにエンターテイメントしたから。やっぱり人は国家単位で戦うのが好きなんだよ。それらが土台になっているのが大きい。
ルチャは派手で技術的な凄さはあるんだけど、プロレスラー個人に魅力的な差異が少ない。本文にあるように、ルチャ以外認めないような保守的閉鎖的でもある。

例えるなら、日本は異種格闘技の大会をやっているけど、メキシコは空手のみの大会をやっている。何方が良い悪いの話じゃなく、何方がよりエンターテイメントをしているか?って言ったら、日本のプロレスに分がある。

見たいとこしか見ないのにそれが全部だと思い込んで「アメリカが影響を与えた」
いつものパターン
日本でアメリカの選手ってそんなに人気?

CMLLはずっと新日本プロレスとアメリカのROHと提携してて、ここ2年で新日本への参加が増えた気がする。日本人新人レスラーは数年メキシコ行ったりするし(治安は悪いけど国籍問わずレスラーにはみんな親切で大事にしてもらえるらしい)最近になってAAAはアメリカの新団体AEWと提携したしこれからじゃない?
W-1所属で日本在住のパンテーラは日本語ペラペラすぎて征矢に日本語で突っ込んでんのほんまシュールでおもろい

日本のプロレスはアメリカンプロレスとかメキシカンのルチャとかイギリスのストロングスタイルなどのいいところを吸収して進化したから許容範囲が広いんだろ

メキシコよ、お前の国のレスラーに空気人形とプロレスできるやつはいるか?

アンドラーデとかペンタゴンjrとか最近の選手は違うけど、ルチャってあまりハードヒットなことをする選手が少なかった印象がある
だからちょっと物足りない感じはあったかな
たしかに飛び技は綺麗なんだけどスープレックスとかは少なかったよね、昔から

アクロバティックな技はホントカッコいい。エルボー合戦とかも見応えあるわ。
女子プロはじめて見たけどめっちゃ美しくて驚いた。
海外のも色々見たいわ。プロレス面白いな。

地上波ゴールデンタイムにプロレス中継が復活しないと何も言えないわ

それってムキになるような話か?

ルチャがなければ佐山も大成しなかった

世界的に評価がどうとかはともかく、国内で一般人(?)皆に浸透してる感じはすごいなーとこないだメキシコ行って思ったよ。
地上波ゴールデンでやってた頃は日本もそれに近かったんだろうけど。

80年代ならいざ知らず今の日本のプロレスファンならルチャを低く見る人は逆ににわか扱いされるだろ。

最大の興行主体であるWWEがアメリカンプロレスの代表だと規定するけど、あまりにショーに特化しすぎてるから、そういうので物足りない部分を日本のプロレスが補ってる感じはあると思う。ハードコア団体とは別にね。

あとスレで2がだいたい言ってるけど、ルチャはやっぱり閉鎖的だよ。アメリカや日本のファンまたはファン予備軍に対するアプローチをしてない。
そうしたら、相互交流が盛んなアメリカと日本はどうしたって話題の中心だし、興味も持つもんね。

ルチャにも因縁対決はあって、コントラマッチ(マスク剥ぎや髪切り)とかはバチバチが見ものなんだけど、海外だと本当にコアなファンじゃないと追ってないでしょ。
上層エストレージャの試合と、コントラマッチ、それ以外ののどか過ぎる試合の格差が大きいのもあるかなぁ。

日本のプロレスにおいては、もちろんアメリカ式の影響というか興行のメッカだから重要な地位を占めてはいたんだけど、それ以外のエッセンスもかなりあって、多様性に富むのが一番の特徴だと思う。

80~90年代はまだヨーロッパとの交流も盛んで、「ランカシャースタイル」または「ゴッチ道場」のスジ。
(英出身選手がよく来日したし、武者修行先でもあった)

ジュニアヘビーの選手メキシコ修行でルチャのテクニックを学ぶのが王道だし、ウルティモ・ドラゴンのように逆輸入式に日本で地盤を得た選手もいる。

それとは別に、相撲や空手出身者、またはキックボクシングを経て「新しいプロレススタイル」を模索する「UWF」というムーブメントあるいは派閥が生まれたのも日本プロレスの得意な点でもある。

…こう書いてみると、”初代タイガーマスク”佐山聡は、上記したすべてが当てはまるんだよね。
彼が日本プロレス史上の特異存在だと改めて思い知らされるわ。

ミルマスカラスとどす烏しか知らん