海外「日本の肺がん早期発見率は他の先進諸国を圧倒しているんだが何故なんだ?」


z04_2019100810272294d.jpg


翻訳元




  1. スレ主

  2.  日本ではほとんどの肺がんはかなり早期(ステージ1A)に発見されている。これは実際の症状が見られる前の状態だ。
     これにより日本の肺がん患者の生存率は、アメリカ、イギリス、フランス、オーストラリアetcといった他の先進諸国のどこよりも50%くらい高い。
     他国ではほとんどの肺がん患者はステージ3か4で発見されているから、生存率が20%ほどなんだ。

     症状がなく健康問題を引き起こしていないことを考えるに、日本は何かしら検査方法が効率的だと思うんだけど、誰か理由を知っている人はいるかい?

     ソース:Characteristics and prognosis of Japanese male and female lung cancer patients: The BioBank Japan Project

     (日本フォーラムへの投稿です)





  3. 海外の反応

  4.  毎年職場で健康診断があるからだよ。

  5. スレ主

  6. >>2
     おお!それは納得だわ。どんな検査をしているのか知っているかい?X線みたいなCTスキャンとか?

  7. 海外の反応

  8. >>3
     みんなが言うようにX線は受けてないけど、自分は日本に住んでいて無料で診断を受けているよ。3日間朝に痰を摂取するとかだね。
     日本ではガンの検査は3つの職で受けたわ。合計で3、4回ってところだね。
     後は採血とか唾とかだね。X線もあるけど腸の検査とかだな。

     あとは普通の健康診断もあるね。これはほぼ無料か無料で出来る。胸をX線で撮って腫瘍がないか確認するね。でも別に肺がんに限定したものではない。
     肺がんの早期発見は痰検査だろう。 

  9. 海外の反応

  10. >>3
     日本ではみんな何らかの健康保険に入っているんだよ。そして多くの会社では個別に保険があって健康診断している。

  11. 海外の反応

  12.  日本の企業は健康診断を海外の拠点でもやっていて、非日本人に対しても健康診断しているよ。西洋の企業ですらやっていないのにね。

  13. 海外の反応

  14.  1年間日本に留学しているけど、1年に1回は健康診断を受けないといけない。そしてその時は胸部をX線で調べているよ。チューブに息を吹きかける検査もあったわ。それがたぶん早期発見に役立っている。

  15. 海外の反応

  16. >>7
     これね。健康診断は義務で職場でも同じだよ。会社が提供するものを拒否するなら自腹で受けないといけない。

  17. 海外の反応

  18.  X線で肺がんが分かるのか不明だけど、多くの企業では年に一回健康診断を受けさせている。少なくとも自分はそうだよ。

  19. 海外の反応

  20.  その理由は毎年の健康診断だろうね。
     だいたい毎回胸部のX線検査とマシーンに息を吐く検査がある。
     それに引っかかればさらに検査していると思うよ。












海外の反応ランキング
関連記事

コメント

他の国は無料検診ってないのかね?

きちんとした社会保険システムを持っているのが日本、フランス、オランダだけだもん

無料診断という名の体の国勢調査だよね。
仕事してなくても自治体で毎年健康診断があるし、これは国民の義務だったりする。
この健康診断をどれかでもしてないと健康保険証の交付してくれないし。

私は去年の健康診断で肺に影があると出た。病院に行ってCTをとって癌と確認された。大きさ、形とも鶏の卵のような癌だった。ステージ3とのこと。
現在治療中。
とはいえ自覚症状はまったくなかった。もし健康診断がなければ完全に手遅れだったと思う。
健康診断の有り難みを実感している。

リンゴ食え。

職場には職員に健康診断を受けさせて健康促進する義務が、職員には自ら健康促進する義務がある

※3
10年以上健康診断なんて受けてないけど保険証貰えてるよ。義務なんてはじめて聞いたよ。

アホな喫煙者が多いからサンプルも沢山取れるのだろう

肺に限らずだよね

大きい会社の方が厳しいから、健康診断や福利厚生しっかりしている。母のところは小さな町工場だからいい加減だった。自分は健康診断面倒だから受けたくないけど、空咳が止まらず背中に痛みのあった母が病院行ったら特発性間質性肺炎だったわ。初期症状で病院来る人少ないから良く来たねとドクターに褒められていたが本人はショック受けてた。

>無料診断という名の体の国勢調査だよね。
仕事してなくても自治体で毎年健康診断があるし、これは国民の義務だったりする。
この健康診断をどれかでもしてないと健康保険証の交付してくれないし。



なんだか無理にネガティブに捉えてるみたいだけど義務とか受けないと保険証交付してもらえないとか間違えてる情報だよどこで教えられたの?

※4
お大事にね

野口分類があるのもけっこう大きいんだよね
あれがあるから小さな癌でも予後解析ができて、早期発見が明らかに予後に影響しているということが分かった
それが分かったならそら検診に力いれるよね、と

ちょっと待って、ここに書き込んでる外国人ぽいのが、日本に住んでる時健康診断受けたってのは、日本の健康保険でやってんの
自国出る時に、自国のそういう保険に入ってるわけじゃないんだよな
やめろよ、そんなんいくら払ったって足りないじゃん、なんで外人まで出してやるんだよ、外国人はその国籍の国で補助金でも出させろよ
だから働きざかりの日本人のおじさんには高い注射打てなくて、日本語もしゃべれないような外国人にバンバン打つみたいなツイが出回るんだろ

>きちんとした社会保険システム

まさに共産主義の思想じゃんww 自由主義国家では必要ないもの@日米ハーフ

>まさに共産主義の思想じゃんww 自由主義国家では必要ないもの@日米ハーフ


アメリカでは必要ないとされてるだけでは。
っていうかアメリカで必要ないものというかアメリカは新移民流入が絶え間ないので実現が難しいのでは。
常に新しく移民してきた人の支えにならなくてはいけないし途切れがない、結果古くからのアメリカ人であればあるほど不公平感しか生まない。
他の自由主義国家では不安定なシステムより安定したシステムは必要とされる。
それにアメリカは社会保険システムは必要とされなくても主に治安維持の総監視システムは必要とされてるでしょ?
IDで経歴やクレカ履歴まで纏められる。
共産主義ならこっちが近いんじゃない。

※3

仕事してるでも、仕事してないでもどっちにせよおかしいいわけだが
保険書自体もらってないのか?
どういう生活してるんだ?

いやいや、アメリカで国民皆保険が出来なかったのは、富裕層が金払いたくないからだよ。富裕層ほど税金がとられるから。鉄道が発達しなかったのも、富裕層が許さないという点もある。貧乏人が列車に乗って富裕層の住むエリアまで来るのを懸念している。
アメリカの本来の保守は小さな政府を望み政府は民のことに口を出すながモットーだから国民皆保険に反対するのも頷ける。基本的には自分のことは自分で、の国だし。

社会保険の収支をおさえるために、
国も必死になって働きかけをするからなぁ。
国民皆保険の利点はこういうところにもあるんだぜ~~。気付けよ、アメリカw

でも日本は後進国だし差別主義だから

治療よりも予防が大事っtのは間違ってないからな
金の節約だろうが検診重点ってのはいいだろ

アメリカで健康診断て
いくらかかるんだろう
怖くて行けねえよ

だから進行しちゃんだろ

社会的損失を考えれば発見にお金かけた方がいいんじゃないか
治療の負担は保険でまかなわれるんだから
アメリカみたいにお金ない人は高額治療受けられませんてな訳にいかない

※14
職場の健康診断は自由診療扱いで、費用は企業が全額負担だよ

他の先進諸国より先進国だからだよ