海外「朗報、日本で54巻ある源氏物語の最古の写本の1つが見つかったらしい」

翻訳元




  1. スレ主

  2.  源氏物語の失われていた最古の写本の一つが見つかる。
     源氏物語は54巻ある小説であり日本の平安時代(794~1185年)の出来事について11世紀に書かれたものである。内容は日本の天皇の息子である光源氏のロマンスを描いている。

     Missing part of oldest 'Tale of Genji' manuscript discovered

     藤原定家が写本の源氏物語 「若紫」見つかる、戦後初


     鎌倉時代初期に活躍した歌人、藤原定家(1162~1241年)が書き写した「源氏物語」のうち、1つの巻が東京都内で見つかった。現在まで伝わる定家の写本は4巻のみで、いずれも国の重要文化財に指定されている。戦後に存在が確認されたのは初めて。平安時代に紫式部が書いた原文に近いとみられ、源氏物語研究にとって第一級の史料となりそうだ。

     新たに見つかった写本は源氏物語の第5巻「若紫」で、光源氏が後に妻「紫の上」となる少女と出会い、自ら育てると決める重要な巻。定家による注釈を含め132ページ(66丁)。

     原文が残されていない源氏物語は、定家の時代には文章が混乱していた。定家は物語の原形を復元するため、当時出回っていた写本を比較、校訂し写本を作成した。定家が手掛けた源氏物語の写本は表紙が青かったことから「青表紙本(定家本)」と呼ばれ、現在まで読み継がれる物語の基本形を作ったとされる。



    z01_2019101006542367d.jpg

     (本フォーラムへの投稿です)





  3. 海外の反応

  4.  これはとてもクールなことだね。というのも現在出回っているものは紫式部以外の誰かが書き足したりしている恐れがあるからね。

  5. 海外の反応

  6.  質問なんだけど、これは追加の原稿ってことかい?それとも失われた部分があるってこと?

  7. 海外の反応

  8. >>3
     失われていた章とかではなく、最古の写本の一つということだよ。

  9. 海外の反応

  10. >>4
     失われた~というより確固たる資料が見つかったということだな。

  11. 海外の反応

  12.  mada mada



  13. 海外の反応

  14.  「ロマンティックライフ」
     これは極めて控えめな表現だな。

  15. 海外の反応

  16.  大学で日本文学のクラスを取ったんだけど、この本は未だに覚えているよ。1090ページくらいあって一週間で300ページくらい読まないといけなかったんだ。エンジニア志望の学生としてはかなりクレイジーだったね。
     そしてそれからもう20年たったのにまた読まないといけないのかなlol

  17. 海外の反応

  18.  自分の好きなイラストレーターの一人である天野喜孝(FFの人)が源氏物語のイラストを描いているんだ。とても良いアートだったよ!

    z00_2019101006441883f.jpg

  19. 海外の反応

  20.  20代の時に読もうとしたけど未だに見終わっていないわ。この源氏って人がなんでそんなに魅力的なのか不明で理解に時間がかかっているわ。





  21. 海外の反応

  22. >>10
     ユリシーズを読んだときに同じ気分になったわ。たぶん時代背景が分からないと駄目なんだろうね。

  23. 海外の反応

  24.  今年の初めに源氏物語の展覧会があったんだけどかなりクールだったよ。

  25. 海外の反応

  26.  これはクールなニュースだね。

  27. 海外の反応

  28.  おお、ちょうどアジア文学のクラスで読んだところだったよ。素晴らしいね!

  29. 海外の反応

  30.  自分はいつもラッパー名をYung Murasakiにしようかと思っているんだ。

  31. 海外の反応

  32.  混乱しているんだけど、この見つかった章というのは既に存在しているんだよね?

  33. 海外の反応

  34. >>16
     存在しているけど、別の人が何か書き足したりしている可能性がある。そして見つかったのはオリジナルに近づけた最古の写本だよ。

  35. 海外の反応

  36.  本屋は源氏物語ブームになりそうだな。
     
  37. 海外の反応

  38.  これだけ時間が経ってから見つかるとか凄いな。

  39. 海外の反応

  40.  これは世界最古の長篇小説と呼ばれているからね。素晴らしい発見だよ。













海外の反応ランキング
関連記事

コメント

原本は失われたと 紫式部自身が書き残してる

日本の歴史に震災と大火事がなかったら、もっと色んな美味しいものが残っていただろうな
次の戦争では何も残らないだろうけど
いや、外国で残るか
フランスでサザエさんの第一巻初版が見つかる!とか

高句麗古墳壁画の手縛図は
源氏物語を執筆する紫式部の姿を描いたもの

韓国人が世界大戦で唯一の生存者として生き残ってはいけない理由。韓国人は素晴らしかったというファンタジーの世界になるからw

世界最古の小説の、世界最古の写本ということか。

昔は手書きだからね
写す人が勝手に付け足したり
書き間違って意味不明になってる時もあるし

原本は我れが燃やしてしまった事は内緒いとおかし。

我が家に大量にあった写本も児ポ法の名のもとにすべて失われてしまった

質の高い和紙を作り出せてこそだね。

いやんばか~ん んふ~ん そこはお尻なの

本人をイタコに召喚して書いてもらったら?

ツイッターなんかでも
そっち系クラスタの皆さん大興奮してるんで
かなりすごい大発見らしいのはよく分かった

韓国5000年の歴史ガーーー!!wwww

※49996
\(・o・)/!大川!
いきまーす!

源氏物語は単に古いんじゃなくて、そんだけ昔の小説でありながら繊細濃密な登場人物の心理描写が西欧近代小説の成果を先取りしてるところが、驚異的な先駆者として評価されてるのな
古いだけなら「宇津保物語」とか源氏物語より前に書かれた作品もいくつかあるわけで

よく比べられるのがフランス文学初期17世紀の「クレーヴの奥方」
貴族階級の女性を中心に初めて爆発的な人気を集めた小説だったとか、16世紀のフランス王宮を舞台にした恋愛心理小説だとか、作者がラ・ファイエット伯爵夫人で貴族階級の女性だったとか、いろいろ源氏物語とよく似てるところがあるのが不思議

空蝉、若紫、花散里、胡蝶、篝火、橋姫、蜻蛉、夢浮橋、と、各巻のタイトルからもう漂ってくる日本中世の王朝文化の雰囲気と言うか独特の美学みたいなもんは、日本語を学習しても外国人にはなかなか伝わんないところだと思うんで外国人の理解は難しいとこあるよねー

マルグリット・ユルスナールが、源氏物語の失われた「雲隠」の章を想像して小説を書いてたけど、不幸な身の上で作品中唯一と言っていいブサ子の末摘花と老いて落ちぶれ果てた光源氏の最後の交流を描く視点と言い、原作の読み込み含む日本文化と時代の考証と言い、文句のつけようがない見事な出来栄えで、やっぱこの人は凄いわ、と思った
深い余韻を残す結末も素晴らしい佳品なので、お好きな方は読んで見るとよろしよ
日本へ来たこともない外国人でもやる人はここまでやると言う見本のような作品

実は源氏物語の二次創作物だったりして

>この源氏って人がなんでそんなに魅力的なのか不明で理解に時間がかかっているわ。
現代人の視点でそのまま読むから分からない。
「作中でどんな点が魅力あるものとされているか」を読解しながら読めば魅力的に思えて来る。
書も上手いし絵も上手いし管弦も出来るし香は調合出来るし漢学は分かるし子供に甘くないし普通によく出来た人物だと思うが。

>不幸な身の上で作品中唯一と言っていいブサ子の末摘花と老いて落ちぶれ果てた光源氏の最後の交流を描く視点と言い
花散里じゃないの。格別美人ともされていないけど。

紫式部「なんで私の同人、まだ読まれてんの…?」

でも、源氏物語って天皇の世継ぎが実は臣下の血が入ってる可能性もあるのかもよ?っていってるんだよね。もちろん紫式部さんは起こられないように源氏が皇子ということにして逃げてるんだけど。
つまり皇統が男系で神武天皇や天照大御神にまで繋がるというのは、残念ながら、あり得にくいってことなのよね。