海外「香港警察が再び実弾を発砲。若者二人が至近距離から撃たれる」

翻訳元



  1. スレ主

  2.  11日朝の衝突で香港デモ参加者が警察に実弾で撃たれる。

     As it happened: 16 hours of violence in Hong Kong continue with Mong Kok unrest, while Carrie Lam says 'wishful thinking' to believe government will yield to political demands



     (世界ニュースフォーラムへの投稿です)





  3. 海外の反応

  4.  なんで撮影者が泣き始めているのか分かる人いるかい?聞いていてとても悲しくなったんだが。

    This is the most important video of today. If you cried or sobbed, then you are human. from r/HongKong



  5. 海外の反応

  6. >>2
     状況が酷すぎて泣いているんだよ。彼は感情的になって申し訳ないと言っているね。

  7. 海外の反応

  8.  沙田と大囲でも警察は銃を取り出している。

  9. 海外の反応

  10.  警察はデモ参加者にバイクをぶつけようともしていたぞ。このギャングスターどもは殺人鬼だろ。



  11. 海外の反応

  12. >>5
     これは酷い。

  13. 海外の反応

  14. >>5
     香港はリアルGTAのようだな。

  15. 海外の反応

  16.  香港が欲しいと言っていたアメリカの価値観はこっちじゃないだろ。

  17. 海外の反応

  18. >>8
     アウチ。
     
  19. 海外の反応

  20.  これは処刑だろ。片方の人を盾にしてもう片方は殺そうとした。





  21. 海外の反応

  22.  まぁ自分なら警察の銃をそんな風に掴もうとは思わないな。アメリカだったら銃を構えた警察に近づくだけで撃たれるぞ。

  23. 海外の反応

  24.  つまり先週のチリで頻繁に起きたことかい?



  25. 海外の反応

  26. >>12
     lol 別に競うわけではないがRedditは中国ばかりに注視して、チリは全然注目されないな。

  27. 海外の反応

  28. >>13
     それからイラク、レバノン、カシミールもな。

  29. 海外の反応

  30.  撃たれた人の片方はまだ21歳の若さだぞ…

  31. 海外の反応

  32.  ただただワオって感じだね。

  33. 海外の反応

  34.  なんでアメリカでは警察の暴力を擁護しているのに、ここでは掌返ししている人がたくさんいるんだい?違いはなんだ?

  35. 海外の反応

  36. >>17
     なぜなら香港のデモ参加者は黒人じゃないから。
     
  37. 海外の反応

  38. >>17
     香港のデモ参加者は銃の携帯を許可されていない。だからアメリカの警察ほど香港の警察に脅威はない。

  39. 海外の反応

  40.  イラクの抗議者も毎日のように実弾で撃たれているが誰も話題にしないな。












海外の反応ランキング
関連記事

コメント

暴徒鎮圧だから仕方ないよ

銃構えてる警官に向かっていくって馬鹿かな
撃たないと思って舐めてたのか

そんなに中国が嫌いなら外国に移住すればいい

五毛が顔真っ赤にして連投しててワロタw

日本人も狙われたからデモ参加者は悪だ

民衆が反撃したら喜んで人民解放軍がやって来る手筈なんだな恐ろしい…

>日本人も狙われたからデモ参加者は悪だ

五毛かな?
中共側の人間もデモ参加者に紛れてるからもうカオスだな(嘆)
沖縄、北海道の現状もあるから日本も他人事ではないが

撃つにしても、まず足だよな。
いきなり胸撃つか?
あんな至近距離で外しようもないのに。

いくら脚でも当たり所によっちゃ死ぬ…

※7
そういう沖縄や北海道で他人事じゃない中国のアレコレに香港は便乗してないんですか?

中国武装警察も香港警察を装って参加してるんだろう

市民を守るべき警察官が市民に発砲w
ここまで香港は共産化が進んでたんだな

もう香港は以前のような姿には戻らないよ。

日本人殴ったり記者殴ったり、
口論中の相手にオイルかけて火達磨にする
もうデモ隊は暴力革命に進むしかないぞ

人間の住むところじゃないな

民主主義国家が暴徒を鎮圧するのと、全体主義国家が民衆を鎮圧するのとでは、意味が全然違う
民主主義国家では鎮圧過程で行き過ぎや不法行為があれば政府が責任を問われ、場合によっては政権交代が起こるが、全体主義国家では為政者が責任を問われることは一切ない
また民主主義国家においては、選挙によって政治に民意を反映させることができるが、全体主義国家においては民意を政治に反映させる術はなく、民衆の不満が極大化した時に暴動がおこる