ノーベル賞経済学者「GDPを経済指標にするのは根本的に間違っている」 

翻訳元




  1. スレ主

  2.  ノーベル賞経済学者のジョセフ・スティグリッツ氏が人類はGDPに執着するのをやめるべきと発言。
    「間違ったものを測定していたら、間違ったことをしてしまうだろう」

     'Everything Is Not Fine': Nobel Economist Calls on Humanity to End Obsession With GDP

     ノーベル賞を受賞した経済学者のジョセフ・スティグリッツ氏は多くの国の指導者は国民総生産(GDP)に対する強迫観念を持っており、これをやめない限り気候破壊、金融的不平等、民主主義の危機と戦うことはできないだろうと述べた。

     ガーディアン紙に掲載された論説によると、スティグリッツ氏は環境劣化と人類の苦悩は「経済パフォーマンスと社会の進歩を評価する方法が根本的に間違っている」ために引き起こされていると述べている。

     GDPを「特定の期間に国内で生産された製品とサービス価格の合計」と定義するなら、2008年の金融危機とその後の「回復」と呼ばれる10年間は経済、世界の状況、そこに住んでいる人々への評価が正しく行われていない証拠になると述べている。

    「GDPの増加にも関わらず、2008年の危機が我々の背後にあり、何もかも上手く行っていないのは明らかである。これは非常に多くの国で政治的不満となっている。最近は世界中で扇動的な指導者が幅広い人気を得ているが、これは経済的不満を利用しているからである」

    「さらに我々は火災、洪水、干ばつといった絶えず増加する環境問題を目撃することになっている。GDPで我々の経済が成長しているように見えても、環境を破壊し希少な天然資源を使い果たして成長が持続可能でない場合、統計的には警告が発せられるはずである。しかしGDPにはリソースの枯渇や環境悪化などが指標に含まれていないため、過度に楽観的な未来を描くことになる」

    「これらの危機は現在気候変動として現出している。気候変動の脅威が広く知られてから30年が経ったが、問題は当初の予想よりも急速に悪化している」

     スティグリッツ氏はGDPによる測定は何もかも上手く行っていないと主張し、経済の健全性を測定する新しい手法の提供に取り組んでいる。スティグリッツ氏はそれはより広く受け入れられて、人類の幸福と環境の幸福を含む新しい指標であり、人類が進む道を変えるのに役立つだろうと述べた。

    z00_201911260833096de.jpg


     (世界ニュースフォーラムへの投稿です)





  3. 海外の反応

  4.  GDPの発明者サイモン・クズネッツ「個人の所得分布がはっきりしない限り、経済厚生を適切に測定することはできません。また収入の測定は収入の裏側、つまり収入の獲得に費やされる労力や不快さなどを測定していません。したがって国の繁栄はGDPの測定ではほとんど推測することができません」

  5. 海外の反応

  6.  カタールは一人当たりGDPが世界で最も高い国の一つで、失業率も世界で最も低いが、国民のほとんどにとって経済は滅茶苦茶だよ。収入の中央値は5000ドルで生活できないレベルだからみんな年季奉公している。つまりほとんどの人は奴隷になっている。

  7. 海外の反応

  8. >>3
     失業率は奴隷で下がっているんだろうな…つまり辞めることのできない家事使用人とかな。

  9. 海外の反応

  10. >>4
     職のある囚人だな。

  11. 海外の反応

  12. >>2
     GDPを生み出す金融商品は実際には何も役に立つものは生産しない。でもGDPだけ上がっていく。

  13. 海外の反応

  14. >>6
     GDPが役に立たない一例をあげると帰属家賃がある。
     家を所有しているけど所有していない振りをして自分に家を貸すなら、毎月1800ドルくらいGDPに追加される。

  15. 海外の反応

  16. >>7
     中国のフェイクGDPに触れるんじゃない。10年間経済学者やメディアに称賛されているんだぞ。

  17. 海外の反応

  18. >>8
     賢い人はずっと戯言だと言っていたがな。

  19. 海外の反応

  20.  キーワードは平均ということだ。平均の裏にはたくさんのものを隠すことが出来る。





  21. 海外の反応

  22. >>10
     例えばGDPのほとんどが3億人以上の人口ではなく、100人くらいの個人に帰属しているとか?アメリカの現在の収入と富の分布は過去の数字と比較すると恐ろしいわ。

  23. 海外の反応

  24. >>11
     それは全ての国に言えることだ。

  25. 海外の反応

  26. >>12
     いやすべての国が同じわけではない。
     アメリカはトップ10%の収入がボトム10%の19倍高いが、日本は4倍でしかない。
     最悪なのはナミビアで107倍、ボリビアが94倍、シエラレオネが87倍だ。

     List of countries by income equality

  27. 海外の反応

  28. >>13
     さらに言うとドイツの税引前所得の不平等はアメリカと同じくらいだが、税引後は北欧並に良いレベルだ。これが累進課税制度の強みであり、比較的フェアな経済にすることが出来る。

  29. 海外の反応

  30.  そもそも始めからGDPは経済の進歩を全体的に測定するものではないからな。単純で分かりやすいから失業率と同じくメディアで何度も使われているだけだ。経済学の初心者でもGDPにいかに欠陥があるか知っている。

  31. 海外の反応

  32. >>15
     これね。GDPは別に間違っていないが、みんな(特にメディアと政治家)の解釈に間違いがあるとスティグリッツも言っているんだよ。

  33. 海外の反応

  34. >>16
     理解していないというよりも、科学的な用語で騙して裏にあるイデオロギーを意図的に隠しているということだな。

  35. 海外の反応

  36.  二人の経済学者が森の中を歩いて、熊の糞の山を見つけました。
     一人目の経済学者は言いました「この糞の山を食べたら100ドル払おう」
     二人目の経済学者は糞を食べ、二人はその場を去りました。

     再び彼らは熊の糞の山を見つけました。
     二人目の経済学者は言いました「この糞の山を食べたら100ドル払おう」
     一人目の経済学者は糞を食べ、二人はその場を去りました。

     一人目の経済学者が言いました「我々は熊の糞をただただ無駄に食べたのだろうか?」
     二人目の経済学者が言いました「いや無駄ではない。我々はGDPを200ドル成長させたのだ」

  37. 海外の反応

  38. >>18
     それに他人がクソを食べるのを見るという実利を得たよ。

  39. 海外の反応

  40.  我々は資本主義経済から人類の持続可能性を重視した経済へと移行するべき。地球からどれだけ多くの利益を得られるかではなく、地球を保護しながら幸福と安全を追求するべき。
     これは極端な思想に思えるかも知れないが、それは今の我々が惑星を死ぬまで利用するという自殺信仰に慣れすぎているからだ。












海外の反応ランキング
関連記事

コメント

GDPは経済活動の結果だから敵視しても意味はない
今先進国の経済が上手く行ってないのは貧しいものを豊かにしてしまった外交上の失策のせい
再び繁栄したいなら富を取り返すしか無い

>>1
富を取り返すwww
富は奪われていない。単に一部の富裕層に集中しているだけだ。経済格差を是正すれば良いだけ。アメリカは他国をスケープゴートにしていないで富裕層の税の少なさをなんとかするべき。

ま、でも一人当たりのgdpの高さと国民生活レベルにはある程度相関はあるよ。日本よりオーストラリアやドイツの方が遥かに良い暮らしをしてる

海外生産分も計算に入れてGDP値を捏造する国が日本の隣にあるね。

受験の偏差値と同じように、意味するところはよくわかってなくても、なんか大きければ良いみたいなわかりやすい数値を欲しがってるだけだよ

民主主義も資本主義経済も最初の頃は良い思想だった。どのシステムもトップ層がどんどん凝り固まって無能な二代目三代目が参入してくると腐敗して崩壊してくる。政治家や大富豪は初代は傑物なんだろうが、二代目以降は傑物じゃなくても遺産のアドバンテージだけで上位に居座り、権力を維持するために不合理な政策を持ち出してくる。そしてその状況が今の現代社会だ。

たしか日本は国民総所得が30年前と同じだから、中産階級の富が上に流れて、格差という結果になった、大事なのはMMT的政策を政府がしなければ、金の分母が増えていかないから、ずっとこの構図が進むだけっていう絶望的展望しかないってわかるね。

世の中の大半の物は数値なんかで表すことは出来ない。必ず何かしらその背後に隠れてしまうもの、表しきれないものが出てくる。でも数値ぐらいしか比較・判断に使えるものが無いのも事実
実際最も豊かな国、未来がバラ色の国というのはどこなんだろうね。格差・環境・幸福・人権・持続性とかまで持ち出したら本当に分からんな

>>2
お前はバカか
チャイナの経済成長で先進国は貧しくなったんだよ

>日本よりオーストラリアやドイツの方が遥かに良い暮らしをしてる

ドイツ人教授の本で「まだまだまともな日本」というのがあるが?

日本に住んだあと、帰国した人の本。日本のほうがずっといい、みたいなことを言ってる。

30年前よりもずっと暮らしが楽に思えるのは何でだろう?

あのころの100円ショップの製品は欠陥があるのが当たり前だった。それで誰も文句を言わなかった。
今は、なんか無くしたらすぐ、百均で買ってこよう、となる。
安物で間に合うからGDPに関係なく豊かになってるのか。

>お前はバカか
>チャイナの経済成長で先進国は貧しくなったんだよ


自分達が指標にしていた数値が信用ならなくなって必死よな

>>9
馬鹿はお前だw
そもそもいつ日本やアメリカが貧しくなったんだよ。富自体は毎年増えてるわw根本的なところからガイジな人なんだね。

アメリカみたいな上位1%(だっけ?)の人間がGDPの大部分を占めてたらそりゃ実態経済から乖離するよな

時給500円の人が一個1000円のマクドナルドのハンバーガーを販売した場合と時給1000円の人が一個2000円のマクドナルドのハンバーガーを販売した場合とではGDPも労働生産性も後者の方が前者の4倍の数値になる。
前者の国と後者の国での労働者の生活の質がまったく同じでもこのような数値上の差が出るのがGDPや労働生産性の欠点なんだよな。

>日本よりオーストラリアやドイツの方が遥かに良い暮らしをしてる

500mlの日本でも売られているミネラルウォーターが1本500円近いのがオーストラリア
20代30代で一人暮らしだと年収の60%を国や自治体や国保に徴収されるのがドイツ

もしも日本がドイツと同じ最低賃金と各種税金を導入したら日本のGDPと労働生産性は世界でも一位二位を争うレベルになるけど、労働者の生活の質は今より悪くなるよ。

まあGDPだけで測ろうとするとおかしなことになるのは事実だろうね。

ゴミのポイ捨てが多い地域では行政が金を出して業者に清掃させる分
ゴミのポイ捨てが無い地域よりGDPは高くなるだろうけど
ゴミのポイ捨てが多い方が豊かさが上なんてことにはならんだろうし。

コメ18の例えが秀逸。GDPなんてこんなもん。

学者じゃないから詳しくは知らんが、1つの数値だけに固執するのは良くないことは分かる。せめて多角的に色んな統計を見比べるべき。あと国別ランキングなんかをよく見るけども、全くどうでもいい。自国の実質的な数値の方が大事だろ。何でいちいち比較しても意味のない国別ランキングにするんだろ。

> ドイツ人教授の本で「まだまだまともな日本」というのがあるが?

日本に住んだあと、帰国した人の本。日本のほうがずっといい、みたいなことを言ってる。

そりゃそう言う本に需要があるからね。ただそれだけだよ

国家は永遠に成長を続けなければならないなんて考え方がそもそも不健全

> 500mlの日本でも売られているミネラルウォーターが1本500円近いのがオーストラリア
20代30代で一人暮らしだと年収の60%を国や自治体や国保に徴収されるのがドイツ

youtubeでシドニーのスーパーの物価調べてる動画あったけど、日本と変わらないか少し安いくらいだったぞ。

前々からアメリカのGDPが異常に高い割には国民の生活は良くなってないよなというのはある。

GDPはれっきとした経済指標だよ。ただ、多くの指標のなかの一つだということだ。それだけで絶対視するのはよくないが、、経済指標にするのは根本的に間違っている、というのは間違い。経済指標にするのは構わないが他の指標も考慮するとか、それだけでは読み取れない事象がありすぎるから解釈に注意すべきだとかいうべきで、経済指標であることは否定できない。

※24
記事読んでコメしてんの?記事ではGDPは経済指標ではないと言っているのではなく、GDPを経済指標として使うのは間違っていると言っているんだろ。なんで記事と同じことを偉そうに語ってるんだか…

とりあえず熊のウンコは食べちゃ駄目!

だから教科書にも載ってるグリーンGDPってのが

環境の話を持ち出さなくてもGDPは余り意味のある数字じゃ無い
不動産バブルが起きればGDPは大幅上昇するけど、住宅難に苦しむ庶民も増える
医療費や学費や食費だって、高い方がGDPには有利
主婦労働は一切GDPに換算されないから、他所の家の家政婦をやりつつ自宅は外部委託した方がGDPには有利
そして軍事費もGDPのうち

ノーベル経済学賞をノーベル賞にするのも間違ってる

こんなことは子供でもわかる
経済学者って占い師ぐらい役に立たない

グリーンGDP調べたら、それよりもっと前に日本が提唱したNNWがあるし、そっちのが良いと思うんだけど、日本が提唱したから受け入れられないとかかな?


国民福祉指標( NNW/国民純福祉 )
 GDPの増加は、環境破壊や長時間の労働、通勤時間による生活のゆとりの犠牲をともなったりする。
NNWはそれを考慮して、1973年に日本が初めて作成した。GDPに公害や環境破壊などをマイナスし、主婦の家庭内における育児などの家事労働や余暇時間などをプラスし、国民の福祉水準を示そうというものである。
しかし、NNWは数量化がむずかしい部分が多く、活用されていない

日本人にとってGDP(GNP)世界第2位という呼称はずっと誇りだった。
日本は経済大国だと自画自賛してきた。
それが中国に一気に抜きされたことは、予想されていたとはいえ、かなりショックな出来事だった。
そのうえ、現在では倍以上の圧倒的な差をつけられてしまった。
そんなこともあって、
GDPなんか意味が無いなどと悪態をつく愛国バカも増えてきた。

25年前に、「GNI」だ
と言われたけど?

25年前に、そう習ったな(笑)