なんで人間ほど賢い動物は他にいないの?【海外の反応】


翻訳元







  1. スレ主

  2.  何で人間はこんなに優れた種族になったんだい?他の種族との知力の差はどうしてこんなに大きいんだい?
     
  3. 海外の反応

  4.  これを見ると面白い発見があるかもね。




    要約すると:
    ・人間と他の動物には知能に大きな隔たりがある。

    ・人間に近い知能を持っている生物として霊長類がいる。

    ・そして霊長類にも知能の差があって、鏡に写った自分を自分だと認識出来るのは進化の先にいる一部である。

    z001_201803021027387ca.jpg
    (ギボンは鏡を理解できないけど、オラウータン、ゴリラ、チンバンジー、人間は直ぐに理解できる)

    ・つまり進化の過程で知能は発達していっている。

    ・我々が他の種族とそう変わりなかったころ、人類にはネアンデルタール人など様々な種類がいたが、現在残っているのはホモサピエンスだけである。なぜなら他の種族は絶滅したからである。

    z003_201803021054597da.jpg
    (黄色が人類)

    ・なぜ絶滅したかというと、氷河期などの急激な環境変化についていけなかったから、あるいは、我々によって絶滅させられたからかもしれない。

    ・我々は戦争で虐殺などを行う残虐な種族である。他に仲間と共謀して自分と同じ種族を殺すのはチンパンジーだけである。

    ・我々は自分たちの知能が優れているのは神に作られたからだと思っているが、もしかしたらその状況を作ったのは我々自身なのかもしれない。

    ・ただしこれを裏付ける理由はない。

    ・将来的にはさらに知能の差は大きくなるだろう。我々のIQは10年毎に3ポイントずつ上がっているし、霊長類は絶滅しつつある。

    ・モンキーの数は多いがエイプ(類人猿)とは大分かけ離れた種族である。未来の我々がヒトには尻尾があったのか悩む前に、今のうちに霊長類を保護したほうが良いかもしれない。



  5. スレ主

  6. >>2
     サンクス!これは面白いね。

  7. 海外の反応

  8. >>2
     わお、最後の方で驚いたわ。
     知能の差は他の人類が滅んでいなかったらそんなになかったのかもしれないね。今まで考えたこともなかったけど納得したわ。

  9. 海外の反応

  10. >>4
     人と似ているけど、知能の低い種族がいる社会を想像してごらんよ。

     一体どの時点で動物ではなく人々になったんだろうか?
     我々の祖先はこれに挑戦して、上手く行かないことに気づき、他の人類と繁殖したり、殺し合いをしたのかね。

  11. 海外の反応

  12.  科学者によっては料理の発展が人間の脳を育てたという仮説を立てているね。
     料理によってよりエネルギーを摂取することが可能になって、それで脳が発達したということらしいよ。
     生の食べ物では成長を促進するだけのカロリーがとれないらしい。

  13. 海外の反応

  14.  「ドクター・モローの島」に似たような議論をするパートがあったね。これは個人的に納得できるものがあったよ

     モローは人間に知性があるのは他の動物よりもはっきりと声を出すことが出来るからだと言っているよ。
     これによりただ「あいつら悪い、殺す」だけでなく、複雑な思考をすることが出来るんだ。例えば「あのグループは独裁的な体制を作ろうとしている。よって滅ぼさねばならない」みたいな感じでね。

  15. 海外の反応

  16.  これに関しては色んな理論があるよ。つまり本当のところは分かっていないということさ。
     でも面白いのは、我々は他の種族と比べてそこまで圧倒的に知能が高いということではないということだね。
     サバンナで知識も道具もなく暮らしている人間を想像してみてくれ。彼らはいきなり文字を書いたり話すことが出来ると思うかい?おそらく出来ないだろうね。
     我々が知性と呼んでいるものの大部分は学習によって学ぶものなんだよ。

  17. 海外の反応

  18. >>7
     いきなり本を書くことは出来ないだろうけど、話すことはおそらく出来るよ。

  19. 海外の反応

  20.  我々が現在の知性を手に入れたのは進化の過程で武力競争に勝ったからだよ。
     隔たりがあるのは、我々が戦争に勝利して、同じくらいの知能を持っていた兄弟種族を殺したからさ。





  21. 海外の反応

  22.  他にも知能を持った種族はいたけど、我々が絶滅させたんだよ。
     人間は脅威に対して団結する能力が高いのさ。
     ネアンデルタール人はとても知的で何十万年も前にヨーロッパにいたけど、一掃されたんだよ。

  23. 海外の反応

  24. >>11
     ネアンデルタール人は大きな脳と体を持っていたからよりエネルギーを必要としていたという説もあるね。
     ホモサピエンスは少ないエネルギーで済んだから、困難の時代も乗り越えることが出来たらしいよ。
     ホモサピエンスとネアンデルタール人が交配していたという証拠は遺伝子の中にたくさんあるよ。ホモサピエンスがネアンデルタール人を一掃したわけではないと思うね。








海外の反応ランキング

にほんブログ村 ニュースブログ ニュース 海外の反応へ
にほんブログ村

関連記事

コメント

種を絶滅させる兵器を作ってる時点でミジンコより頭悪いだろ…

人間ほど愚かな動物もいない
海外の連中のバカコメを見てると、しみじみ思う

こういう風にいうやつに限って、人間の底辺だけどな。

こういうのを傲慢って言うんだろうな
まあ科学的視点があるだけ宗教に浸るよりマシか

白人は他の種の混じりが一番多い
時に殺し合い時に混じって人類になった

「賢い」の定義が人間に近い事だから。

なんで人間ほど「人間に近い」動物は他にいないの?

これ

そうか。むしろ人間より知性の高い種族が過去にいたかもしれないのか。現状は単純に人間の方が生存能力が高かったという証明であって、知能が高いという証明にはならんもんな。

ホモサピエンスは体毛が薄いため水を恐れず漁が出来た。豊富なタンパク質と魚油は脳を高度に発達させた

魚食えば脳が進化するならイルカが最強になっちゃうな

人間並みに無駄な脳みその生き物がいたら地球が滅ぶからだろ
自然の調整力だよきっと
賢いどころか愚かだよ
自然界と切り離されて循環しない不自然な生き物だ

なんで人間の知性を否定するやつがこんなに湧いてるんだ?文明を発展させて様々な道具を発明している時点で人間の知能が高いのは確定的に明らかだろ。
倫理と知性は別問題だぞ。

あとこういう普遍的な問題でもとにかく白人を叩こうとしているやつはかなり病んでると思う。おそらく白人にコンプレックスを持っているんだろうな。

人間が複雑な思考ができるのは事実
たとえば犬なんか見てると、彼らは行動→結果までは理解できてても行動→結果1→結果2→…となることは理解できてない

より多くの記憶を保持出来たり、それによって複雑な思考ができたりするのは確かだが、そのことと「賢い」は必ずしも一致しない
半島のヒトモドキとか

>>14
何言ってんだこいつ。チョンでも動物より賢いに決まってるだろ。流石にバイアスかかりすぎで気持ち悪いわ。

人間程度の知能では理解できないほど、他の生き物は賢いのかもしれないぞ

そんで「なんで明日の天気もわかんねえの?」とか、「この間、地球様と話したんだけど、ヒトには手を焼いているって、呼びかけても理解できないみたい」とか言っているかもしれない

銃乱射事件を無くすためには教師に銃を持たせとけばいいんだよ

ほんと賢いよねー(白目)

人間はむせることがある。
これは、鼻と口がつながっているため。

それによって複雑な「声」を出せるんだとか。犬や豚は、むせない。気道と食堂が別だからとさ。(NHKラジオでやってた)

>>15
この手の人は病気だから仕方ない
自分より下の存在を常に考えていないと自分を保てないから
下手に刺激すると興奮し出すし危ない

>>16
いやそれは流石にファンタジーが過ぎるだろ。
そして例え特定の知覚能力が人より勝っていたとしても、感覚が鋭いことと知性/知能には大して関係がないよ。特定の知覚能力が人間より勝っている動物はたくさんいるからね。

ではなぜ人間の知性が高いのかというと、それは今君が使っているパソコンや携帯のような機械を生み出せる複雑な思考能力を持っているからだよ。
他の動物には機械より単純な原始的な道具も生み出すことは出来ないし、道具のほとんどがどういう機能を持っているのか理解することも出来ない。

何を持って賢いと思うのかで意見が変わる

納得だわ
頭のいい生き物は全部絶滅しただけ
人類が最後

>>21
それは詭弁だろ。
熊の方が人間より力があると言っているのに、人間の方が頭が良いから強いというようなものだ。力の強さという問題を別のものにすり替えている。
知性っていうのはそんな観点によってコロコロ変わるものでないだろ。熊の方が人間より力が強いのと同様に、人間が動物より知能が高いのは当然のことで、そこを否定するのは前提からしてナンセンスだわ。一般的に言って人間より動物の方が賢いなんて考えている人はごく一部で、その理由も曖昧過ぎるわ。

思ったけど人の知能の差に言語は関係あるのかな

例えば漢字文化圏である国は平均IQ100を超えているらしく、これはケンブリッジ大学の人類学の教授が複雑な言語を日常的に使っている人間は記憶力が高く、英語圏に比べると遠回しな表現を好みやすいらしい
一方で英語を話すイギリスやアメリカが何故発展したのかは、植民地主義で他国を征服し、その国の技術や科学を翻訳したお陰で知識が増え、更に移民を集めやすく、優秀な人材が他の漢字文化圏よりも手に入りやすかったのが原因らしい

アフリカで文明がエジプトだけだったのも文字を生み出せたのがIQの地域差と関係あるのかもしれない
そしてローマ帝国もギリシャがなければ生まれなかったから、世界中の人間の中で賢さが地域差で違うのは文明があるかないかだと思う

同じレベルの生物がいたら殺しあってどっちかが絶滅するからだよ進化の過程で共存や平和という概念をすぐに獲得するはずもない

欲のままに人間同士争い殺し合い、環境を破壊つくす人間を賢いと思ったことはないwww

進化の隣人を駆逐してこそ人間は種として確立できるとかどこぞの悪役が言ってたけど
案外当たってるような気がする

人間が地球を滅ぼすとかなんとか言ってる奴が居るけど、そんなの人間的視点でしかなくて、地球は別に人間の事なんか気にしてないと思うぞ もともとはドロドロの熱い岩でしかない訳だし、気の遠くなるような年月を人間の想像を超えた理の中で動いてるんだからさ 

毎日風呂入らなくても臭くいない、服も取り替えなくていい、体温調整できる、耳や鼻がよく利く犬猫って素晴らしいよ

一人で生きてけない人間より、虫とかの方が賢いかもよ

しかしやっぱり「人間の知性」は、単に「生存」をする上で必要なもの以上になっている様な「不自然」なもののようにも思えるから、
人類自体の発生も含めて、「宇宙人」に類するものが、なんらかの目的で人類を「栽培」をしている可能性も高い気もする。
ネアンデルタール人も多分「絶滅」はしていなくて、その当時の貴重な「成果物の一つ」として、現生人類とは分けて、箱舟(宇宙船)にでも乗せて、その多くを他星へ移住をさせて、ホモ・サピエンスとは分けて、「栽培」を続行をしているのかもしれない。

突飛な特徴をもつ生物が他に居ないなんてのは、よくあることでは?
特殊な淘汰圧がかかり続けないと、突飛な特徴は形成されにくいだろうし。