海外「なんでドラゴンクエストは海外では日本ほど売れていないんだ?」

翻訳元




  1. スレ主

  2.  最新作のドラクエ11はゲーム業界の中でも非常に優れた水準の作品だと思う。ドラクエ11は合計で550万本売れていて、どの企業にとってもこの数字は成功だと言えるが、その内450万本は日本で売れており、海外では100万本しか売れていない。

     これはなんでだろうか?なぜドラクエは日本では成功して、アメリカでは上手く行かないんだろうか?

     (JRPGフォーラムへの投稿です)





  3. 海外の反応

  4.  基本的にJRPGの市場は日本の方が遥かに大きいし、ドラクエシリーズはペルソナやポケモンほど海外に浸透していない。
     これは多くのJRPGは海外に向けて発信されておらず、英語の翻訳さえない場合があるのが理由だな。
     
  5. 海外の反応

  6. >>2
     それは逆だな。JRPG市場が日本で大きいのはドラクエがあったからだ。JRPG市場が大きいからドラクエが日本で売れているわけではない。

  7. 海外の反応

  8. >>3
     日本ではドラクエは超人気だ。もはや文化的象徴と化している。異世界系アニメから龍が如くまで影響を与えている。日本ではプレイしたことがない人ですらドラクエを知っている。

  9. 海外の反応

  10.  これは複雑な理由があると思うが、まず第一にJRPGは基本的に海外より日本での方が人気が高い。FFがアクション系に移行しているのもこれが理由だ。
     後は日本人の多くは公共交通機関で移動しているから、移動時間中にゲームをプレイすることが多い。だから携帯ゲーム機やスマホのゲームが成功している。そしてターンベースのRPGはモバイルゲームと相性が良い。なぜなら中断しても大丈夫だからだ。
     そういうわけでドラクエは日本の状況に上手く適応している。それからドラクエシリーズは日本文化に非常に定着していて、よくアニメとかでも出てくるから、口コミやポップカルチャーを通じて人気が高まっている。

     一方でFFはドラクエよりもアメリカのポップカルチャーに影響を受けているので、ここではドラクエよりも遥かに人気がある。FFはアメリカ製ゲームにより近い感じがある。

  11. 海外の反応

  12. >>5
     あっているし間違ってもいるな。
     何より大きいのはDQ1とDQ3が与えた文化的な影響だ。これが本当の答えだよ。

  13. 海外の反応

  14.  タイミングの問題だろうな。アメリカではドラクエが出てくるのが遅かった。FF1と比較したらDQ1は遅れているように見えたんだよ。DQ1は主人公の一人旅だが、FF1は6つのクラスから4人パーティーを作るゲームだからな。

     その後も同じことが言える。ドラクエは日本で大成功していたから海外にも2,3が輸入されたが、FFは2と3をスキップしてスーファミ版の4が輸入された。
     だからアメリカ人からするとファミコン版のDQ4よりもFF4の方が進んでいるように見えたんだよ。そしてドラクエは確か7になるまで輸入されていない。

     プレステ版に至っても同じだな。SonyはFFを押していたし、FF7は当時最先端だった。これによりプレステは若者向けでスーファミは子供向けという認識すらあった。

  15. 海外の反応

  16.  ドラクエは日本だとドラゴンボールと同じアートスタイルで人気になったんだよ。
     一方で西洋ではまだアニメが人気になる前にドラクエが登場してきたから「ドラゴンボールみたいだ!」っていう波に乗ることは出来なかった。(だからアメリカではコナン・ザ・バーバリアンみたいなスタイルでカバー絵を描き直している)

    z01_20200605075055198.jpg
     
    z00_20200605075056f80.jpg

     だから西洋では最初から強いスタートではなかった。こっちではドラクエのファンファーレを聞いても懐かしいと思う人がいない。

  17. 海外の反応

  18.  ドラクエは日本の宗教だからだよ。

  19. 海外の反応

  20.  日本ではドラクエの新作が出ると口コミだけで広がる。アメリカのCODやGTAみたいなものだ。





  21. 海外の反応

  22.  マーケティングで毎回失敗したからだろう。唯一成功したのは任天堂がマーケティングしたドラクエ9くらいだな。

  23. 海外の反応

  24.  日本外では1と2はファミコン時代の後期にリリースされたんだよ。そして3と4は既にスーファミが登場しているときにリリースされた。FF4が出ているのにDQ3をプレイしたいと思う人はそんなにいないだろう。

     スーファミ版のドラクエに至ってはリリースされていない。これはドラクエの知名度がようやく上がってきた時なのに本当にクレイジーだと思うね。
     
     FF7はプレステ初期に出てきたが、DQ7はPS2が既に出ているときにリリースされた。DQ7とFF9orFF10を比べたらグラフィック的に勝ち目はないだろう。FFはフル3Dなのに、DQ7は未だにスプライト画像を使っているからな。

     DQ8とDQ9についてはリリースに問題はないな。10は日本外でリリースされていない。

     一方で日本では1から人気漫画と結びつけたプロモーションで直ぐに人気になった。

  25. 海外の反応

  26.  北米ではスーファミのDQがスキップされたからだろう。こっちには日本人のようなノスタルジアがない。

  27. 海外の反応

  28.  思い出があるからだよ。アメリカで日本よりスターウォーズが人気なのと同じだ。

  29. 海外の反応

  30.  日本では鳥山明がデザインを手掛けていたのが大きかった。彼はドラゴンボールの作者だ。

  31. 海外の反応

  32.  なぜならマーケティングがなかったし、悲しいことに日本外でほとんどリリースしていないから。

  33. 海外の反応

  34.  なぜなら1,2が出たのがスーファミの出る1年前くらいだったから。当時1,2をプレイした人が次にプレイするのは3,4ではなく7当たりだろう。

  35. 海外の反応

  36.  マーケティングだな。FFの方が遥かにマーケティングで成功していた。
     












海外の反応ランキング
関連記事

コメント

鳥山明がキャラデザしてなかったらこんなに売れてなかったろうな
おれも最初はドラゴンボールのゲームかと思ってたし

単純につまんないからだろ
センスもおっさん臭いし

世間で有名になってたらしいので、なぜかピアノ教室の課題曲がこのOP曲だった。
ゲーム知らないし、原曲も知らないし、いきなり譜面だけ渡されてすごく嫌だった思い出。

>>1
それはキャラデザに起用したことを褒めるべきところ
よく性格悪いって言われない?

>>2
今のガキっぽいゲームしか小便臭いキッズには合わないもんな

>>3
もっと世間に目を向けないと早く老けるぞ
あ……(察し

もともと欧米発祥のRPGを日本人向けにしたパクリ商品がドラクエ1だから欧米で売れなくても不思議ではない。
欧米で売ろうにも欧米には既にその手の商品がごまんとあったから需要はなかった。

>>4
隔離板に帰れよキムチ悪いなぁ

海外で売れないのはDS~3DSの時期に任天堂の携帯ハードで出すことに固執したせいじゃないかな
見た目が同人ゲームみたいだから海外ゲーマーの目に止まらず、ブランド化に失敗したんだよ

まさにガラパゴス・ジャパンということか

1Mとか2Mであの大冒険が出来るのが今となっては脅威だよな。

思いで補正が一切ないからな
実際こんなもんだよ

DSとかスイッチみたいな携帯機にナンバリング出してるからじゃないの
海外じゃ携帯機ソフトって時点で格下に思われるから

みんながDQやFFをやってた頃
ウルティマシリーズをやってたワイ

アメリカがRPGの元祖で、向こうではマニア向けゲームとしか認知されてなかったんだよな
アメリカ人はチマチマするゲームはあまり好きじゃなくシューティングゲームとかスピード感のあるゲームが人気がある
この当時アメリカで流行ってたのは日本のゲームでアフターバーナーとかレース、シューティングゲームなど

FFがアメリカのポップカルチャーに影響されてるだぁ?
昔からバレットみたいな女しか創れないアメリカの影響なんて受けてねーよ
クラウドが金髪碧眼だからというだけで言ってるだけだろ
ドラクエは黒髪主人公ばっかりだしな
アニメは白人と言ってる奴等と同じレベルのアホ論

ドラクエに限らずクソみたいなデザインのパッケージにされたの大杉

単純に海外市場なんか全然視野に入ってなかったからな
元々エニックスは小さい会社だったし
呪文もギラがFIREとかでDQの味が全然出てないんじゃなかったか

DQ自体が絵が動かない・背景も無い等制約の多い中で日本人特有の想像力で楽しむゲームだったし、
本をよく読む日本人向け前提の内容だったから外人にウケないのは無理もない

今となっては当時のDQ脳がラノベ書いたりアニメ作ったりしてるんだから
影響力は計り知れない
それだけにDQを共有できなかったのは日本人にとっても外人にとっても不幸だったな

DQは当時500万の発行部数を誇った週刊少年ジャンプと提携し宣伝してたから、知名度が上がり日本で売れた

確かに同時の鳥山のネームバリューはデカいな
アメリカと日本におけるドラクエFFシリーズの販売時期の違いが面白かった
たしかに流れ的にFFのが売れたのは分かるわ

スマブラに勇者が登場したし、秋にはダの大冒険がアニメ化される
これまでドラクエを知らなかった外国人がドラクエを知るきっかけが徐々に生まれてきている
スクエニはこれを足掛かりに海外攻勢を仕掛けるつもりだろう
最初から本編ではなく、まずは様々なコラボやアニメ等のスピンオフで攻めると思うよ
恐らく劇場版DQ5もその一翼を担っていたんだろうが、脚本が終わり過ぎていて不発に終わった
キャラデザはガッツリ海外に寄せてたんだがな

>>14
いやFFはモロにスターウォーズの影響を受けてるじゃん
わざわざビッグス&ウェッジを登場させるほどだ
FF12なんて明らかにスターウォーズだよねってシーンが多い

パソゲーからやっててドラクエ出て来たとき正直ちょっとなめてたけど、やってみたら普通にはまったな

ミミミレレレドレミファミレ

先行していた欧米パソコンRPG市場の後追いだからね

国内のコンシューマーRPG市場を切り開いたが初期の作品は欧米ファンタジーの模倣だし。
海外に売り込んでも成功しないと積極的じゃなかった。

ドラクエ3の特にスーファミ版は今やっても細かい部分が丁寧に計算されていて完成度の高さが分かる。珠玉の逸品だわ。

>>23
お前の言う「模倣」は「シューティングは全部スペースインベーダーのパクリ」っていうのと同じくらい意味が無い
「作品をパクった」のではなく「同じジャンルのゲームを作った」が正しい

ついでに言えば当時の西洋でもRPGは流行ってなかったので売れ線ですらなかった

ドラクエは1から8、ファイファンは1から13まで買ってたけどいつのまにか買う気が失せてしまった
ドラクエもファイファンも5、6辺りが一番面白かったなあ

ウルティマやWizを子供向けかつ簡単操作にしたのがドラクエ
以降の「中世ファンタジーっぽい」世界観のゲームは全てがドラクエの影響下にある

>思い出があるからだよ。アメリカで日本よりスターウォーズが人気なのと同じだ。

いやいや、SWの思い出の深さならアメリカも日本もたいして違いねえだろ

日本のRPGの祖がドラクエだからだ
古くから様々なゲームが作られ、多様化し、分化してまた融合を続けた北米では、ウルティマやウィザードリィですらRPGの一つのあり方でしかなかった
でもそれまではゲームといえばアクションであったコンシューマ大国の日本において、初めて現れたRPGというゲームジャンルを築いたのがドラクエだ
そのためにRPGとはドラクエである、となってしまった
全てのRPGはドラクエと比べられる
日本ではコマンドバトルのストーリーテリングこそが唯一の真なるRPGのシステムであり、他のシステムは亜流RPGでしかない
祖のシリーズが人気なのは当たり前

日本では劇画タッチのスト2ですら海外ではアニメゲー(軟弱な子供がやるもの)と言われモーコンと人気を二分するくらい、子供向けに苦手意識があるからDQ不人気は単純な話だと思うよ

日本でも40代以外買ってないだろ
結局1980年代を知っている人向けの懐古ゲーだよ
11やったけど延々と過去作を追体験させるような内容だし

1980年代日本を知らない若者には求するものがない
=外国人も同じ

欧米って物語ですら現実の延長でしか考えられないから
欧米ならガンダムやマクロスやエヴァなんかは絶対生まれないだろうと断言できるし リアルの表現に傾いたFFの方が 絵本的なDQよりも人気があるのは容易に判る

>>31
そりゃ11は過去作の集大成的に作ったんだから当たり前だわな

音楽が良かったからだと思ってたんだが…。

結局バケモノ雑誌のジャンプが大プッシュしたからってだけだな
海外にはそのジャンプは無かった

やらおんにも取り上げられていたけどゲームシステムでも外国人に合わなかったと知ったな
まずセーブが教会しかできないのがFFと比較されてダメだった
FFはフィールドならどこでもセーブ、ダンジョンなら特定の場所出来る
それと堀井雄二さんのシナリオを翻訳が上手く伝えられなかったのも言っていた
つまりゲームシステムもそうだが翻訳でもコケた
ただクロノトリガーは欧米でも受けたので、キャラデザは問題ないと思う

堀井さんのファミコンの乏しい容量で最小限の文面でも豊かな情報・情感を伝える絶妙な表現力は翻訳困難ってレベルじゃなかったろうからなぁ

11は神

>>2
分かり易い、斜に構えた俺カッケーは巣から出ないで下さい。
頭の悪い奴にいちいち対応するのは皆さん辟易しておりますので。

ファンタシースターは海外で流行ったのかしら?

>DQ1は主人公の一人旅だが、FF1は6つのクラスから4人パーティーを作るゲームだからな。

そりゃFF1とDQ3が同じ年に発売だからな

>一方でFFはドラクエよりもアメリカのポップカルチャーに影響を受けているので、

ああ。FF7=SF版ストリートオブファイアって事ね
それならわかる

ドラクエ1の翌年に出たファンタシースターが凄すぎた
画面いっぱいの敵や背景もアニメショーンで動いて3Dダンジョンも滑らかスクロールする
そして4人パーティーで3つの惑星をいろいろな乗り物に乗って旅をする
ファンタシースター2もAIが支配する話でファンタシースター3は結婚相手により3世代に渡って子孫が受け継がれて4ではシナリオとは別にハンターギルドがあった。
システムはDQやFFより進んでいて後にPSOに受け継がれた

まあいろいろとDQとFFはファンタシースターがやったことをパクったよね
でもFF7はいよいよスクウェアがセガの先進性を越えてきて感動した

DQは完全に日本人仕様だからね。ドラクエ節というかただの翻訳じゃ絶対に伝わらない。ただ最近それを海外も理解し始めたっぽいのが面白い
逆に海外を狙いすぎたFFが逆に日本で売れなくなってきたのが気になる所だ

そりゃ今みりゃしょぼいさ
土器だのをしょぼいっていってるようなもん

そのしょぼいファミコンで最高のスタッフが創りあげたものだから、当時衝撃的で、今も歴史的価値があるわけで