日本が世界で初めて100箇所の水素ステーションを開設した国になる【海外の反応】


翻訳元







  1. スレ主

  2.  日本は今春でさらに8つの自動車用の水素ステーションを開設し、全国の合計が100箇所になる見込みであると、日本の産業省が発表した。
     これにより日本が世界で初めて100箇所の水素ステーションを設置する国になる。なお1月の段階でドイツは40箇所、アメリカは30箇所である。

    z004_2018032409505193b.jpg



  3. 海外の反応

  4.  あまり良くないグリーン活動の一つだね。
     水素車は良くないアイデアだよ。リソースを電気自動車に費やしたほうが良いね。

  5. 海外の反応

  6. >>2
     もうちょっと詳しく説明してくれないかい?
     自分は大して詳しくないけど、自分が見た限りではこれは特に田舎の長距離移動時や、輸送業界向けの良い代替燃料だと思われているようだよ。
     
  7. 海外の反応

  8. >>3
     「一時しのぎ」としての燃料電池をインフラやいろいろなエンジニアリングに適応するのはやりすぎだと思うよ。
     電気エネルギーを水素のようなポテンシャルエネルギーに変えて、それをまた電気エネルギーに変えるっていうのは非効率的で、長期にわたって実行可能な方法ではないんだよ。
     電気->H2->電気の現在の効率性がどれだけかは分からないけど、60%を下回っていると思うよ。熱力学第二法則的に100%になることは決してないんだ。

     日本の自動車メーカーが燃料電池を使っているのは、H2を全国的に使用するという国からの命令を受けているからだよ。でも他の場所では科学や技術的に最も効率の良い方法、つまり電気自動車を作っているのさ。

  9. 海外の反応

  10. >>2
     日本政府は車から家庭用のヒーターまで水素をあらゆる電源として使っている…これが技術的に袋小路にあって、非効率的にも関わらずね。
     だから世界の他の国が先を進んでいるにもかかわらず、日本の車メーカーは燃料電池にこだわっているのだろう。

  11. 海外の反応

  12.  個人的には水素の方が電気より良いと思うけどね。特に走行距離的な面で。

  13. 海外の反応

  14. >>6
     まぁ例えガソリンの方がエネルギー密度が8倍高いとしても、それには同意だわ。普通の車なら400マイル走行できるところを、120+ガロンの燃料タンクが必要になるとしてもね。この+っていうのは燃料分の重さをさらに補う量のことさ。 

  15. 海外の反応

  16. >>7
     EPA(米国環境保護庁)によると、トヨタの水素自動車ミライは312マイル辺り66MPG(マイル/ガロン)だから、その計算はおかしいよ。

  17. 海外の反応

  18.  これは全部日本の国防や経済的な面を考えた開発なんだよ。
     レアアースメタル(電気自動車やその他のモダンなものに必要になる)の供給を減らされた時に、日本は経済と国防上のリスクを軽減するために代替手段を生み出す必要があったんだよ。
     アメリカにもこのリスクがあるけど、中国より経済/軍事力が強いからまだ余裕があるんだよ。

  19. 海外の反応

  20.  自分は水素車よりも電気自動車を選ぶけどね。












海外の反応ランキング

にほんブログ村 ニュースブログ ニュース 海外の反応へ
にほんブログ村

関連記事

コメント

水素電池も、石油を使って作られる…

そして電気自動車の一回の充電で走れる距離はここ数年で数百キロになってる

これからも走行距離は急速に伸び続けるし、満充電で数百キロ走れるなら、途中で充電が切れるなんてことしでかすのは、何処かで仕事のパソコンを忘れるようなドジっ子レベルであって普通にしていればありえない
それでも一応電気自動車の休息充電ができるところは数万カ所ある

水素ステーションはやっと100箇所
水素電池にメリットが見えにくくなった

まさにガラパゴスジャパン
輸出先もない車

重い蓄電池のせてちょこちょこ充電するより水素が普及すれば水素の方がいんでは

80年代に兄が東大生産研究所で水素エネルギーの研究をしていたらしい
少しは
役に立ったのかな

原子力発電が前提になってる。
日本は石油の資源国ではないの世界の情勢が変動しても
安定して発電できるものとして原子力を重要視しているから

だから、今石油のほうが安かったとしても水素を手放すことが出来ない

どこにブレイクスルーあるか分からないのに
短期的な視野しかないヤツって叩きたがるよね
過度な負担にならない限り多くの手段を講じてくのがいいよ

巨大な産油国でアメリカ等でガソリン代が日本より遥かに安いように
その地域地域に適切なエネルギー供給体系があるだけ
そして全て海で囲まれた日本は水素が秘める可能性から受ける保障に高い期待があるので関連技術を確保しておくためにもやってるだけ
別に電気自動車とかを否定してるわけでもなく電気自動車は電気自動車で世界最先端の技術を持ってる

電気自動車の電気だって何らかの方法で発電しないといけないわけで
日本は地熱エネルギーをもっと開発すべきだね
隙あらばどこでも温泉作ってオラがとこの温泉は最高だ!地熱発電で温泉が出なくなったらどうしてくれるんだ!って言う地元のおっさんをどうにかしないと…

水素を安全・安定的に貯蔵できるようになれば、蓄電池方式より効率的
いまは吸蔵合金の価格がネックで車両価格が高いけど、いずれもっと安くなる
そうすれば重いバッテリーを、走行距離を伸ばす為にたくさん載せて益々重くなる電気自動車は要らない子
近場は電気自動車
長距離は水素自動車
て感じ?

日本は罰ゲームとしてやらされてるんだろ

将来の為を考えるならば、選択肢が多いに越したことはないと思う。
将来は必要無いかも知れないけど、無駄な投資ではないでしょ。

水素はなんらかの工業の副産物として大量に出来てしまうものじゃなかったっけ?そうじゃなないとアホすぎる。

AかBかでしか考えられない人はIQが低いのだろう。AとBに限らずCもDも、とエネルギー供給元が多元化していた方がいいでしょうに。無駄は資本主義が「自動的に」消去するのだから。

家庭用は電気自動車メインで
事業者用は水素自動車メインで
ってな感じに住みわければいいんだって
なにも一つに注力する必要はない

水素燃料電池車もEVの一種。ただしリチウムイオンなどと比べ、決定的に違うことが一つ。電気を消費したぶんだけ水になるから捨てられる。それだけ軽くなるってことだな。

ガラパゴス多いに結構。
売れなくても有機ELみたいに外に流出させるなよ。
電気自動車だって昨今開発された訳じゃないし、温暖化の事で叩かれているのもあるし選択肢は多い方が良い。

EVと共通部分も多いし、構造的に全く違うというものでもないい。水素は製鉄所や化学工場の副産物でもあるから、態々作ってるものでもないんだよな。

オイルメジャーもこんな風にただの非効率なグリーン政策だと思っててくれれば良かったのだが・・・

電気を貯めるのは難しいが、電気で水素を作れば水素は貯められるからね

そう言えばメタンハイドレードどうなったん?

結果、
世界的に主流にならなくても可能性のある技術開発やインフラ整備は出来る限りやった方がいい。
やりたくても出来ない国は沢山ある。
これは内需で賄える国しか出来ない。



燃料電池車を作れるメーカーはいつでも電気自動車を作れるが、電気自動車を作れるメーカーがいつでも燃料電池車を作れるわけではない。より高いハードルを既に超えている日本が、その先に有るかも知れないブレイクするーを一番先に超える可能性が高い。

>でも他の場所では科学や技術的に最も効率の良い方法、つまり電気自動車を作っているのさ。
>
>だから世界の他の国が先を進んでいるにもかかわらず、日本の車メーカーは燃料電池にこだわっているのだろう。

いやその電気自動車の分野でもダントツで先端走ってるのが日本なんだけどw
ハイブリッドカーなんて日本車の独壇場でしょうが

水素は電気を使って作る必要がないほど余っている。
様々な分野の工場や天然ガスの採掘や原油の製油などの段階で大量に発生しているのが水素という副産物なんだよ。
ちなみに日本全国の自動車を電気自動車に入れ替えた場合、今の3倍以上の発電量が必要となる。
昼間に走り回る自動車には太陽光発電は使えないし原発を60箇所くらい増やすしかないかな?

将来海水から(微生物とか使ってほとんどエネルギー使わず)簡単に水素が取り出せるようになるかも知れんしな

近所の水素ステーション、出来て1年以上経つけど
車が利用してるの一度も見た事無いぞ

日本でしか売れない車になる。
経産省にお付き合いするトヨタとホンダ。

重量のアドバンテージを考えると輸送業には水素が良いのかもしれない。バッテリーの重量分余分な荷物が積めるからね。勿論それだけの馬力が得られるのならだけど。

据付けのシステムなら良いが走らせる意味がわからない。大容量の電池の方が先に出来そう。

ミライそこそこ走ってるの見るようになったけどミライしか出さないの?
トヨタが技術公開してるのに他のメーカーは水素自動車出す気無いんだろうか?

地球ひいては宇宙で一番ありふれてるのが水素なわけだから研究投資は無駄にはならない

走行しながら軽くなっていく車と重さの変わらない車。どちらが電費いいと思ってるんだか。

前者は短距離なら燃料半分とか工夫もできるし、そもそもEVは車重にしめるバッテリー重量もでかい。社会全体でそんな非効率放置すんのかよ。

日本が未だにファックス使ってるとバカにし、ファーストペンギンになろうとしたらケチつける。

外人もなかなか、本音と建前を使い分けますな。

その水素を作るのに電力必要なんだよね
ある意味電池みたいな扱いなんじゃなかろうか
単に電気自動車にした方が効率はいいだろう

蓄電池もリチウムやマンガン等のレアメタルを使っていて、電気自動車の蓄電池が大量に必要になるので、すでに値上がりし始めてる。スマホ等の値段にも今後影響するぞ。

たしかに、意図して水素を作り出すのは無駄に見えるが、
大規模な工場(製鉄所とか)なら
副産物として水素は発生するから、
水素一辺倒にならない限り
可能性を残していいんじゃね?

水素カーはまだ早すぎるのよ まだ電気カーが浸透してないのに、馴染みのない物は流行らないのよ 

選択肢がふえるのはよいこと

建物内で使うフォークリフトとかでは
排ガスがクリーンなんでFCVが人気らしいな

原発の副産物として原子力水素を考えてた
今はもう原発自体を縮小してるから、いらない

ガソリンに取って代わってくれればいいな

燃料電池技術は頑張って欲しいが
車にする必要があるかなぁ?

元々化学プラントで副産物として大量に出て持て余してる水素を何とかしようというのが発端
燃料電池のために水素を作るわけじゃない
下手に普及して需要が供給より上回ると本末転倒になる。

アンモニアから瞬時に水素を作り出せるようになったし、その際に使うルテニウムは簡単に還元できるので再利用可能。

電気自動車は都会のマンション住まいでは充電できない問題を解決しないと普及しないんじゃないかな
燃料電池は再生可能エネルギーの比率が高まらないと意味がないからまだまだ先は長い

電気自動車は夏場のエアコンや冬の暖房で走行距離が半減するからな。
そこをなんとかしてほしい。

水素をわざわざ生成しなくてはいけないなどという、コメントが多いが
国内では、製鉄所・製油所など副生成物で大量に水素が出来るのに、利用されずタダ燃やして処分している事が多いんだよ
あと、今後風力発電など自然エネルギーを利用した発電も増やそうとしているが
発電量が一定にならないため、過剰に発電したときに、水素を生産して貯留する技術も開発中だ
なので、水素利用については熱効率より、現在無駄になる部分をいかに有効利用しようかって事なんだ

電気自動車の最大の問題点は送電線の問題
需要が増えすぎると、送電線への過負荷や電力供給不足が発生する可能性が出てくる

それと、充電時間の問題で充電による渋滞が発生する可能性が高い

それにしても、勘違いされがちだが、燃料電池に前向きなのは日本だけじゃなくて、ドイツもそうだから
だから、今トヨタはドイツの大手メーカーと提携結んで、技術を提供してるわけだ
まあ燃料電池より先に、水素を燃料にして発電させて走るプラグインハイブリッドが先に来るだろうけどな
現に、トヨタが水素ロータリーエンジン欲しくて、マツダと手を組んだからな
水素ステーションを普及させるのが先

水素車も電気車も両方作ればいい。いずれ取捨選択される。問題はガソリンエンジンの音がーとか言ってる層。石油依存からの脱却はノイズマニアの単細胞より重要。安全保障だからね。