海外「プーチンがまた毒を盛った件についてイギリスがロシアに説明を求める」

翻訳元




  1. スレ主

  2.  プーチンを批判した野党指導者が毒を盛られた件についてイギリスがロシアに説明を求める。

     UK says Russia must explain why Putin critic Navalny was poisoned with Novichok

     イギリスはプーチンを批判した野党指導者ナワリヌイが神経剤のノビチョクを盛られた件についてロシアは説明するべきだと主張し、再び化学兵器が使われたことは容認できないと述べた。

     ドイツの軍事研究所で行われた血液検査によって、ドイツ政府はノビチョクが使われた「明確な証拠」が発見されたと述べている。

     英外相のドミニク・ラープ氏は「ロシア政府には明確な説明責任がある。ナワリヌイ氏に何が起きたか真実を伝えなければならない。この禁止された化学兵器が再び使用され、再びロシアの主要野党勢力に対する暴力が起きたことは絶対に容認できない」と述べている。

    z01_202009031724394c9.jpg

     (世界ニュースフォーラムへの投稿です)





  3. 海外の反応

  4. >プーチンを批判

     これだけで理由は明白だと思うが。

  5. 海外の反応

  6. >>2
     確かに自明ではあるな。

  7. 海外の反応

  8. >>3
    「なぜ窓から落とすのではなく毒殺したのか?」という質問にするべきだな。

  9. 海外の反応

  10.  ロシアメディアは彼がドイツに着いた後に毒を盛られた可能性があると報道しているようだぞ。いやまじで本当の話だ。

  11. 海外の反応

  12. >>5
     前回も「外国で彼は毒殺された。証拠は捏造されたものだ。西側諸国は信用ならない」とか言っていたよな。

  13. 海外の反応

  14. >>5
     それはアホだな。単に知らないと言っておけば良いのに。

  15. 海外の反応

  16. >>5
     一体どれだけのロシア人がそれを信じるんだ?

  17. 海外の反応

  18.  プーチンにとっては日常的な話だろ。

  19. 海外の反応

  20. 「なぜなら毒を盛りたかったからだ」 





  21. 海外の反応

  22.  ロシアは嘘をつくとみんな分かっている。だがさらに嘘をつかせて信頼性を傷つけることに意味があるな。

  23. 海外の反応

  24. >>11
     プーチンに信頼性があるとでも。

  25. 海外の反応

  26. >>12
     トランプは信頼しているようだぞ。

  27. 海外の反応

  28.  トランプ「プーチンはやっていないと言っていた!この件はもう終わりだ!」

  29. 海外の反応

  30. >>14
     トランプ「ロシアも含めたG8にするべきだ」

  31. 海外の反応

  32.  ポロニウムが見つからなかったから。

  33. 海外の反応

  34.  なぜなら殺そうとしたからに決まっているだろ。

  35. 海外の反応

  36.  なんでかもうみんな分かっているだろ。
     
  37. 海外の反応

  38.  また制裁するべき理由が増えたな。

  39. 海外の反応

  40.  それでイギリスに何ができるっていうんだlol

  41. 海外の反応

  42. >>20
     さらなる制裁だな。












海外の反応ランキング
関連記事

コメント

最近のイギリスはEU離脱後になんとか存在感出そうと必死だよね…

正論での批判は国力の差とか関係なく、じわじわ効いてくるものなんだよ

ほんまロシア、クズやん

気に入らん毒盛ったろ・・・これがまんま今のロシアそのもの

国際社会から制裁を受けても、ロシア国民にはそれでも貫きたいものがあるなら、自国に引きこもっていようと制裁されようと、どうぞそのままでいればいいけど、自国民を毒殺しようと何度も繰り返す国など国じゃないー自国民の敵や

どんだけ日本人に向けてyoutubeで稼ごうと必死なロシア人おると思ってんねん

これが数年前まで世界一のガス産油国、石油などエネルギー資源だけじゃない、金属や鉱物、宝石まで含め、世界有数の天然資源国の経済かと思うと、ロシアの政治能力の低さ、経済力の低さ、競争力や能力そのものの低さに愕然とするわ

>最近のイギリスはEU離脱後になんとか存在感出そうと必死だよね…

このニュースに何の関係もない

イギリスでは、数年前にロシアからの刺客が、イギリス国内で放射性物質を使って暗殺を試みたことがある

イギリスにとってはただの毒ではなく、外国が自国に放射能物質を持ち込んで国内で殺した重大事件
それも今だに未解決

イギリスが今回の暗殺にも声明を出すのは当たり前

同じことを日本がロシアにされたらと思うと、北朝鮮の拉致事件に匹敵する国家犯罪


岡部伸という日本のジャーナリストは、90年代後半にロシアで服をきたまま誰かに薬で眠らされたことを日本の外務省に相談したら、ロシアの外務省から日本の外務省通じて、あなたを見張っている、と言われたということをはっきりと書いていた

これは大手新聞社に記名付きで記事を載せ、外務省という名前をはっきりと出してる限り、嘘ではないと思う

それはロシアで23年前のこと
ペレストロイカ以降で、すでに民主化してからの話
当時からの政治家は今もいるし、政治体制がその時から変わったわけでもない

ロシアとはそういう国

Youtubeのミストちゃんねるで見た

恐ろしいのは、このノビチョクを完成させるのに
一体、何人の実験体がいたんだろう・・・

ロシアが清廉潔白の善とは言わないが、ブリカスが正義なんて全く思わない。フェアに言ってヤクザとヤクザの抗争。

トランプ&プーチンの方が俺は好きだけどね。英独のパヨク政府に何の正義もない。

こんなに何度もバレるものかね・・・。

ほんとうに、
プーチン(ロシア政府)なのか?

トランプは、プーチンが第二次世界戦争の結果を尊重し、ロシアが北方四島の不法占拠者で南樺太と千島の代理占領者として主たる占領国のアメリカの指揮下にあると認めると信頼している。

ロシアとか中国と何も変わらない。まじでクソ国家。

石油でも石炭でも資源ってのは掘ったらすぐ船積みできる場所で取れないと採算悪くなるんやで。中東油田はペルシャ湾岸で取れてすぐタンカーに積めるって点で神立地やから利益多いんや。ロシアの資源は全部シベリアでそこから陸路で延々運だけで利益は激減。採掘量ほど儲かってないんやで

Q 何故毒を盛ったのか
A 窓から遠かったから

こんなに何度もバレるものかね・・・。
ほんとうに、プーチン(ロシア政府)なのか?

↑そうやって匂わせる
だけで抑止力になるからマフィアの、やり方だよ
ワザとバレバレにする事で
1、あまりにも
正直過ぎてプーチンの犯行に思えない
2、プーチンは怖いという、恐怖を植え付けられる
3、今度、同じ事や歯向かうと同じ目に遭うという警告に出来る

ナワリヌイとか名前がアイヌみたいだな

プーチンの状況を見ると暗殺する意味はあんまない。
経済も宇宙開発も遅れてるからそれどころじゃない。

今回は窓から投げたわけではなく、特殊兵隊使って暗殺ではなく、毒殺だったみたいだ。選挙なんて形だけだな。知ってたけど。

それにしても、凄まじい権力欲だな。

こんな相手と信頼関係築けるわけないだろ

>8
そんなことは国と国との現在の状態で言えばどうでもいいよ

イギリスと日本は貿易関係にある
利益を共有しているし、それ以上に防衛面でこれからは同盟関係を強める国同士になる

一方、ロシアと日本は敵対関係でしかない
今後イギリスとさらなる防衛面での関係強化がされれば、日本とロシアはさらに関係は薄れる
日露、日英とはそういう相手

>10
>17
そういうのは、他の国の人間の感覚

3にもあるように、ソ連で訓練を受けたプーチンやソ連的な情緒が残っているロシア人は、基本的に怖がられることに政治的なメリットがあると考える政治手法の中で今も生きてる

それに近い集団で言うと、ISISとかもそうだけどテロが起こると、みんな自分がやったと言いたがる

そういう世界観の国はあるし、ロシア人の感性からして自分たちが他者を怖がらせる力を持つことを「美しい」と思ってるんだよ

>>3
>これが数年前まで世界一のガス産油国、石油などエネルギー資源だけじゃない、金属や鉱物、宝石まで含め、世界有数の天然資源国の経済かと思うと、ロシアの政治能力の低さ、経済力の低さ、競争力や能力そのものの低さに愕然とするわ


最近、消極的サボタージュをしてるんじゃないかと思うようになってきた

プーチンは今後もずっと暗殺を続けるだろう

暗殺を止めることはできない

止めたら自分が逆の立場になることを、理解している

説明求めても無駄だからまともな国家として扱うの止めろよ

> 宇宙開発も遅れてるからそれどころじゃない。

バカなのかこいつ?宇宙大好き人間として言わせてもらうけど宇宙開発でロシアの右に出る国はないぞ
西側はどこもロシアの手を借りないとまともに宇宙開発できないからな
なぜならロシア抜きで宇宙ステーションに人を送ることができないからアメリカだってロシアを頼らなくてはいけない
ちなみにNASAの主力機のメインエンジンはロシア製を輸入して使ってる
ロシアの宇宙開発が停滞したところでアメリカや中国がすぐに追いつけると思ったら大間違いだぞ