WW1の敗戦でドイツは経済危機になったけど、どうやってWW2の準備をしたの?【海外の反応】


翻訳元







  1. スレ主

  2.  WW1のヴェルサイユ条約でドイツが経済危機になったのがWW2の原因の一つだとされているけど、それならどうやってドイツはWW2を開始するだけのリソースを得ることが出来たの?

  3. 海外の反応

  4.  いろいろと要因があるけど、時系列順にあげると:
    ・賠償金を払うのを止めたことにより、膨大な資金を経済に導入することが出来た。
    ・銀行から大量に金を借りた。
    ・企業の国有化により、国家目標へと国家全体を動かした。(武器の生産とか)
    ・少数派の財産没収。(主にユダヤ人)
    ・占領した地域で強制徴収し、安い労働者、奴隷労働者を生み出した。

     ドイツは大恐慌だったけど、それでも近代化/工業化した経済を持っていたんだよ。すべては財政的な問題であって、知識/技術/施設の問題ではないんだ。
     財政問題を解決すれば、経済のポテンシャルを活かせるということさ。

  5. スレ主

  6. >>2
     最後の二つは本当なのか怪しいと思うけど、最初の三つは知らなかったわ。
     分かりやすい答えをくれてありがとう!

  7. 海外の反応

  8. >>3
     揚げ足取りだけど、ドイツが経済危機になったのは、ヴェルサイユ条約だけが原因ではないよ。
     結局の所、要求された賠償金のほとんどを払っていないからね。戦争終結に向けてそこまで厳しい取り立てはしなかったんだよ。

     ドイツの経済が1920年台に落ち込んだのは、WW1で負った大量の借金が原因だね。ドイツは戦争に勝った後に、ブリテンとフランスから賠償金を貰って借金を払うつもりだったんだよ。
     それで戦争に負けてローンを払い始めたことにより、経済が止まってしまったのさ。
     とはいえ、この借金問題は1926年までにはかなり改善されたんだ。
     西洋諸国が「狂騒の20年代」(WW1後のヨーロッパの荒廃によって、アメリカとヨーロッパの経済の結びつきが強くなり、ヨーロッパの経済が一気に発展した時代)に突入したけど、ドイツも例外ではなかったんだよ。

     経済危機がナチスの台頭に繋がるとすれば、それはWW1が原因ではなくて、大恐慌(1929~33年)が原因だよ。
     ナチスは全てはWW1とヴェルサイユ条約のせいだと言っているけど、これは「世界全体の経済が落ち込んでいる。みんなで協力し合おう」っていうよりも、「我々の国は他の国に虐げられ、ユダヤの裏切りにあった。民衆よ怒れ!」って言う方が簡単に国民を支配出来たからさ。
     残念なことにWW2はヴェルサイユ条約のせいっていうナチスのプロパガンダが定着しているけどね。

  9. スレ主

  10. >>4
     これは面白いね!サンキュー!
     上のコメント二つを組み合わせれば1933~45年までドイツが戦えたのにも納得だね。前提から間違っていたから不思議だったということに気づいたわ。もう一度サンクスと言っておくよ!

  11. 海外の反応

  12. >>4
     OK、アホな質問かもしれないけど、ドイツはどこの銀行からWW1の金を借りたんだい?もしローンを払うのを止めたらどうなるんだい?

  13. 海外の反応

  14. >>6
     ほとんどのローンは戦債という形を取っていたんだよ。
     戦債は6ヶ月毎に売り出されて、誰でも買うことができたんだよ。例えば、ドイツ市民、ドイツ銀行、ドイツ企業などのドイツに投資する団体全部だね。
     wikipediaの情報によると5%の金利を持っていたようだよ。
     つまり、ドイツの借金のほとんどはドイツ市民が請け負っているというわけだね。払うのを拒否すれば、経済も政府も崩壊するんだよ。国民の投資が無駄になって、政府は信用を失うからね。誰も政府に投資してくれなくなると、財政が立ち行かなくなるんだよ。
     でもローンを返すには存在しない金を払わなくちゃいけないわけだから、経済が滞るんだよ。

  15. 海外の反応

  16. >>7
     ハイパーインフレについても忘れてはいけないね。
     政府は借金を払うために、ドイツマルクを刷りまくったんだよ。
     それで1923年11月には1ドルに対して4,210,500,000,000ドイツマルクになったんだよ。
     経済不安になったのもこれが一因だと思うね。

  17. 海外の反応

  18. >>8
     いや、ハイパーインフレと借金の返済は直接の関係はないよ。借金を払うためにマルクの価値を下げたわけではない。実際それをするとフランスへの賠償金が払えなくなるからね。

     当時フランス軍はラインバレーっていうドイツ経済の心臓部を占領していたんだ。
     それでドイツは要所を抑えられているから、戦争をしかけることは出来ないので、国民に働くのを止めるように通達したんだよ。そうすればフランス軍は何も得ることが出来ずにただ占領コストを支払うだけになるからね。こうして無期限のストライキが続いたんだよ。
     フランス軍はその期間に130人くらいのドイツ市民を殺しているよ。
     
     とはいえ市民は食料を必要としているので、政府はお金を刷って、その金を市民に支払うことにしたんだ。座って何もしていなくても金を得ることが出来たわけさ。
     そしてこれはドイツの最も人口密度の高く、生産力の高い地域で行われたために、大量にお金を刷ることになったんだ。 
     それでラインバレーのストライキと大量の紙幣印刷が同時に行われたことにより、国家の生産力が崩壊してハイパーインフレへと繋がったのさ。

     でもこの戦略は成功したんだよ。
     フランスは国際的な圧力とドーズ案(賠償方式を緩和する提案)を受けて撤退したんだ。
     これは国家規模の非暴力を使った最初のレジスタンス運動の一つさ。
     例え結果が経済危機を引き起こしたにしてもね。












海外の反応ランキング

にほんブログ村 ニュースブログ ニュース 海外の反応へ
にほんブログ村

関連記事

コメント

世界中の資本家がナチスドイツに共産主義への対抗軸を期待し膨大な投資をおこなった事をお忘れなく

近代工業と総力戦のマジックだな
いくら資金源があったとはいえ経済も軍拡も不十分だったけど、数千万人が一斉に鉄の塊を作って電撃戦を仕掛ければ大規模な戦争ができるように見えただけ

中国と現物取り引きによる貿易を行っていた。
金が紙くずになった為の苦肉の策。
そのためナチスは親中だった。

ドイツってWW1もWW2も負けてるんだ。
負けたのにすぐ戦争始められたって事は、相当悪どい事してきてる国って事だ。
賠償金払えw

世界初のケインズ的政策、と言われている。

戦争の賠償金じゃなくて世界恐慌のブロック経済の影響だろ。

面白いお話でした

そもそも経済危機はワイマール議会と政府が政治闘争ばかりしてほとんど機能していなかったから起きた

ドイツだけじゃなく、勝ったフランスもイギリスもみんな戦費と戦後復興・保障費で借金だらけで財政は火の車だった
第二次大戦の時と違い、ドイツ国内は比較的破壊されていなかったからまだマシだった

ナチスが台頭したのは、国民そっちのけ、復興と経済立て直しそっちのけでワイマール議会と政府がグダグダだったからだよ

ドイツはWWⅡの賠償してないよな…
少しは日本見習えば?

複数の君主制国家連合体から、複数の民主制国民主権国家に移行になり、民衆政党も乱立で互いに政治闘争はじめ、国家運営が麻痺してた。 ナチスの独裁と連邦制廃止の単一中央集権国家化することで国家運営立て直しできた(国民も政治闘争とワイマールに愛想を尽かしていたし)。 賠償金支払いも、戦勝国側も借金で首が回らなかったから、支払いを当てにしていたので破綻されては困るわけ。 そして支払いプラン、賠償金軽減も連合国側はドイツに協力した。 当初ナチスに英仏が好意的だったのもそのため。 ポーランド侵攻するまではね(チェコ併合、ポーランド占領だけだったならある程度は容認もやぶさかではなかったらしいが、結局それで終わりじゃなかった。 ちなみにポーランド侵攻は、ナチスドイツ軍とスロバキア軍が一緒になってやった。) 

財政建て直しのために軍需産業活性化とインフラ土木工事やり、そのための金をメフォ手形乱発して借り、 シャハトがストップかけようとしたら解任し、とうとう手形の返済支払額が支払能力超えて破綻寸前だった。 ナチスの目覚ましい経済復興も結局は脆い見せかけの復興。 ユダヤ人からの財産没収を財政に当てて、それでも足りず借金が膨らみ、 手形の踏み倒しと占領地の労働者奴隷、簒奪を当てにして戦争に踏み切った。 後はもう自転車操業で侵略・占領戦争をやめられなくなった(対英戦でやられまくって、英も講和に応じる気はもうなくしていたし)。

連合国側がドイツを潰す気があったなら、 最初からドイツ帝国解体して国ごとに全部独立させるか、 民族自決の国民主権ワイマール共和国も独自国家運営なども認めず、第二次大戦後体制やナポレオン体制みたいにドイツ諸国の衛星国化、支配管理統治すればよかっただけよ? 容認してドイツ人にチャンス与えてあげた、 でも裏切られたのは連合国側。 そもそも第一次大戦も、単にセルビアとオーストリアの二国間外交問題が発端で、英仏やその他の国は関係なかった。 ドイツ帝国自体も直接の当事者国じゃなかったのに首突っ込んで起こされた戦争。