海外「祖先がナチスだった人はそれについてどう思うんだ?」


z06_20210221174427e95.jpg


翻訳元



  1. スレ主

  2.  ナチスの戦争犯罪者の子供や孫に聞きたいんだが、祖先がナチス政権に関わっていたと知った時にどう感じた?

     (質問フォーラムへの投稿です)





  3. 海外の反応

  4.  曽祖父が親衛隊に入っていた。
     自分は曽祖父が亡くなってから生まれたので会ったことがないが、彼を知る親族は誰もが彼を死ぬまでヒトラーのイデオロギーを信じていた恐ろしい男だと思っていたようだよ。
     最初にそれについて聞いたのは12歳の頃で、父から祖先の中にナチスを真剣に信じていた人がいたと聞いて驚いたわ。

  5. 海外の反応

  6. >>2
    >死ぬまでヒトラーのイデオロギーを信じていた

     それが理解するのが難しい部分だな。何百万人も殺したことを知ってそれを良いことだと思い続けたのか?批判的思考はないんだろうか。

  7. 海外の反応

  8. >>3
     プロパガンダの目的は特定の人々が人間であることを忘れさせることだ。

  9. 海外の反応

  10.  祖父がナチスの将校だったが、大学に行く直前に祖母に聞くまで知らなかったわ。
     祖母は彼はとても残酷だったので子どもたちは全員彼を嫌っていたと言っていたよ。人を蹴り殺したことすらあるらしい。
     個人的には別に何も影響はない。アメリカでナチスと呼ばれることはあったが、まぁある意味正しいな。

  11. 海外の反応

  12. >>5
    >人を蹴り殺したことすらある

     まじかよ。

  13. 海外の反応

  14. >>6
     倒れている相手を3回蹴って、それで臓器が破裂して3日後に病院で死亡したそうだ。

  15. 海外の反応

  16. >>5
     いやお前がナチスと呼ばれるのはおかしいがな。政治思想は別に遺伝するわけじゃない。

  17. 海外の反応

  18.  曽祖父はWW2でイタリアの兵士としてロンメルの指揮下で戦った。
     彼は大量の日記を残しており、そこにはドイツ兵士との友情などが書かれているよ。
     リビアで最悪だったのは暑さと蚊だと書かれていた。それからドイツ兵にはよくイタリア人の劣った武器を馬鹿にされたそうだ。

     一つ印象深いのはイタリアがアメリカに降伏した時に、直ぐにドイツ人が武器を向けてきたということだ。それで彼はギリシャの捕虜収容所に入れられたが脱走し、イタリアのパルチザンと合流してナチスに対抗する手段を提供するのを手伝ったようだよ。
     イタリアに逃げる時にドイツ兵に止められた時は「自分はムッソリーニには従えていない。国王と国に従えるために軍隊に入った」と言って解放されたそうだ。

  19. 海外の反応

  20. >>9
    >イタリアがアメリカに降伏した時に、直ぐにドイツ人が武器を向けてきた

     イタリア人捕虜の2~3万がドイツ軍に殺されているな。それからさらに4万人がドイツでの強制労働中に死亡した。
     これは戦争で忘れられている部分だ。





  21. 海外の反応

  22.  罪悪感と恥だな。自分は混血人種だが、曽祖父には雑種と呼ばれたわ。

  23. 海外の反応

  24. >>11
     それはきついな。

  25. 海外の反応

  26. >>12
     別に。みんな彼を嫌っていたしな。

  27. 海外の反応

  28.  大叔父は14歳で強制的に前線に送られたが、アメリカ兵はただの子供だと気付き彼を捕虜にした。
     それから彼は最終的にアメリカに移民し、当時は異例だった黒人の女性と結婚したよ。

  29. 海外の反応

  30.  祖父が親衛隊にいた。
     子供の頃に祖父の片側の目が動かないのに気づいて両親に聞いたら義眼だと言っていたわ。
     それで祖父に戦争の話を聞いたら、今では恥に思っている酷い話を語っていたよ。
     彼は上腕の傷を見せて、ロシアの収容所から帰る時に親衛隊の入れ墨を削ぎ落としたと言っていたわ。

  31. 海外の反応

  32.  曽祖父が親衛隊にいたが、別に彼と親族であることを恥に思うことはない。とはいえその話になると気まずくはある。

  33. 海外の反応

  34.  別に自分に彼らの行動の責任があるわけではないから何も感じない。

  35. 海外の反応

  36.  自分の人生じゃないからどうでも良いだろ。自分は先に進んでいる。
     
  37. 海外の反応

  38.  アメリカにも戦争犯罪者の子供がいる。ジョージ・W・ブッシュやディック・チェイニーとかな。

  39. 海外の反応

  40.  別にドイツを擁護するわけではないが、ナチスにいた全員が悪人なわけではない。プロパガンダで操作された人もたくさんいる。

  41. 海外の反応

  42.  祖父がナチスだろうとどうでも良い。一つ理解できるのは彼は生き残る必要があったということだ。












海外の反応ランキング
関連記事

コメント

差別主義者らしい問いかけだな。
いじめも差別も正当な理由を作ってから多勢で攻撃するってのはナチスと変わらん。

祖先に犯罪者が一人もいない人間なんてたぶん存在しないから気にする必要は無い

>9.海外の反応
>曽祖父はWW2でイタリアの兵士としてロンメルの指揮下で戦った。

何者だよこのお爺ちゃん
この人の日記で映画が一本撮れそうなほど濃い従軍経験をしてるな

生き延びたユダヤ人がパレスチナ人を何十万人も虐殺してるわけだが

フォード家「・・・ノーコメント」
ロックフェラー家「・・・ノーコメント」
デュポン家「・・・ノーコメント」
モルガン家「・・・ノーコメント」
IBM「・・・ノーコメント」
ITT「・・・ノーコメント」
ってかアノ時代殆どのキリスト教徒とイスラム教徒はナチスをなんだかの形で支援していただろ
無知は罪と言うか自分だけ良い子ちゃんぶってんじゃねぇよウマシカジンガイ野郎がよwww

インディアンを虐殺して黒人を奴隷にしたアメリカの白人の子孫だと知った時、どんな気持ちだったのかって逆に聞いてやるべきだな

何の罪も犯してないなら罪はないだろ

それが祖父がそうだったからと言って罪悪感に苛まれるなら、その社会が狂ってる
そして、そう言う差別で血塗られた歴史がヒトラーだけじゃなく第二大戦で多くの人間が殺された原因だ

アメリカは祖先時代から今でも先住民、黒人、アジア人、メキシコ人、アラブ人、カトリックを差別してるよな

ドイツ国民多数がナチスに票を入れたんだが・・ヒトラーは虐殺するぞと言ってたんだがな。そこが他の国の虐殺事件と決定的に違う点だ。つまり、虐殺はドイツ人の意思だったということだ。

もっとも、「誰が本気にするか!」だったが・・それはユダヤ人のほうでも同じで、あんなの選挙目当ての虚言だと思って逃げ出さなかったので捕まったw

「悪王の犬は善王に吠える」犬は飼い主の為にその敵に吠えるのであって、王の善悪をみて吠える相手を選ぶのではない。

遺伝する病気じゃないんだから、
先祖がナチス関係者とか、
本人には何の関係も責任も無い。

意味不明な理由を作っては、
お金を集り続ける、
韓国人みたいな発想だな。

>アメリカは祖先時代から今でも先住民、黒人、アジア人、メキシコ人、アラブ人、カトリックを差別してるよな

アメリカはドイツ系が多いんだけどなw

WW2以降もカチンの森とかコソボ紛争のギャクサツとかもある
ここまでナチスが言われるのは戦争に負けだからだ
勝った者が自由に歴史を操れる

※5
イライラすんなよ低脳バカウヨw

ドイツ国民多数がナチスに票を入れたんだが・・ヒトラーは虐殺するぞと言ってたんだがな。そこが他の国の虐殺事件と決定的に違う点だ。つまり、虐殺はドイツ人の意思だったということだ。

↑まあアンタみたいなのが今の韓国と同じ事を日本に言ってるんだよ
ナチスによる選挙がマトモに行われていたと信じてる、ドイツ国民がナチスに従わなければ入党していなければ周りから密告されて連れて行かれたとかをスルーしてる時点で思考が浅はかだよ

今では腫物のように扱われているナチスへの傾倒だけど、スウェーデンは好意的だったし、イギリスにも賛同者とかいたんだよ。純欧州人はユダヤ人嫌いだった。欧州人の内部に入って、自分たちが動きやすいように画策する。ドイツの敗戦にかこつけて、法律を書き換え、多額の賠償金を承諾して、ドイツ国民を苦しめるとか。嫌われることをユダヤ人はしていたんだよ。

いわゆるホロコースト自体が眉唾だろう、爆撃による補給路の途絶による飢餓や病気での大量死や迫害はあったが、戦後の証拠探しで東西に分かれてしまった西側にあった収容所では何も見つからずガス室は東側の調査不能な収容所ですべて行われたのだとかいう時間軸を無視した結論に縋ってたろ。
カチンの森の件といい、深刻だったのは東欧~ロシアでのポグロムとその土壌の方だがそちらにはまるで光が当たらない。

ドイツ国民がナチスに従わなければ入党していなければ周りから密告されて連れて行かれた

政権をとっていない段階から人を拉致できたんか?
すげーな

ナチスを擁護することはないけど
ありゃ、一次大戦後崩壊した経済下で
「我々、真のドイツ人労働者たちは
金持ちのユダヤ人に搾取支配されているのだ」って
社会主義と民族主義の悪魔合体政党が
大人気になったってだけなんで
まぁ、大多数はなんとなく支持してただけだと思うぞ。

ナチス=絶対悪という発想自体が一歩的価値観の押し付けでしかない正にナチ的行動だろwww

先祖に清廉潔白な人物しか居ないなんて奴は存在しない。

ヒトラーを支援してた銀行が未だに幅を利かせてるんだから
おてもやんだわ

ドイツ人がどうこうすべきとは全く思わないが、
蹴り殺した個人は死罪がふさわしいのに裁かれてないのは不快やな。

人類が猿から進化する過程でも争いだらけだったし、文明になるまでもそうだし、文明を持ってからも戦争は至るところで起きた
無実の国は存在しない。でも罪は遺伝しない

第二次世界大戦が終わってから75年が経つが、その間に沢山の戦争が起きたし、非人道的な事件も起きた。それらの加害者はそれほど批判されていない。未だに存命なのに

DAK(ドイツアフリカ軍団)は戦力が少ないので、イタリア領リビアを舞台にした北アフリカ戦ではイタリア軍部隊も指揮下に入って戦力を補強した
イタリア軍の兵器は多くが砂漠向きではなく、砂漠用の新装備は開発中で既存兵器の改良で間に合わせていた
その改良のレベルもドイツには及ばず、砂漠の砂塵を防ぐフィルターの不良と元からの兵器の華奢さから、戦う前に故障するものが多かった
DAKのロンメル将軍はこう記す
「トブルク攻撃前に100両ほどあったイタリア軍戦車は、行軍中の故障で1割ほどにまで減った」
しかしイタリア軍も充分に整備された兵器があれば果敢に戦い、撤退戦では殿として活躍、ロンメルや敵国のチャーチルからの賞賛を受けている。

アメリカは、戦争を禁じる国連憲章第二条を日本国との平和条約第五条により世界戦争の結果の一部とし、第二次世界戦争を最後の戦争とした当事国で、

戦後は一度も戦争してないのよ。

全て、自衛権に基づき行われた防止行動と強制行動ね。

なほ、アフガニスタンについては、交戦権に基づき国家間の決闘に訴えたのではなく、自衛権に基づく防止行動、強制行動であったと説明する理屈を今も考え中ね。