なんでWW2で盾を使わなかったの?【海外の反応】


翻訳元







  1. スレ主

  2.  ノルマンディー上陸作戦みたいな状況だと、銃撃の真正面から突入するわけだから、盾がかなり役に立つんんじゃないかい?
     例え盾で銃弾を全て防ぐことが出来ないにしても使う価値があるんじゃないかい?

    z002_201804111011319f7.jpg

  3. 海外の反応

  4.  銃弾を弾くくらい厚い盾だと、重すぎて持ち運ぶのが難しいから、動かすためになんらかの動力を付けないと無理だよ。
     それに全ての兵士に盾を持たせるのも経済的に現実的じゃないから、数人で使うような大きい盾を作ることになるだろうね。
     そうなると動力がついているわけだから、歩くよりは早く移動できるわけで、盾のような乗り物に乗って移動することになるね。重いものでも運べるように設計されるだろうから、兵士も普通の銃ではなくより強力な銃を持つことになるわけだ。

     おそらく新設された部隊は機甲師団と名付けられて、その盾の乗り物のことは「戦車」と名付けるだろうね。

    z006_20180411104447dbf.jpg


  5. 海外の反応

  6. >>2
     それにWW2における小型の銃による負傷は10%未満で、死亡者は1%未満だよ。
     ほとんどが砲弾で死んでいるんだ。

  7. 海外の反応

  8. >>3
     Civilizationのプレイヤーだけど、納得できるわ。

  9. 海外の反応

  10. >>3
     また嘘情報か。
     Wikiの情報はクソなソースによって常に書き換えられているからね。
     WW2と朝鮮戦争では、小火器によって約30%が死亡したんだよ。ベトナムでは50%近くさ。

  11. 海外の反応

  12. >>2
     今日学んだこと、戦車は現代版ファランクス。

  13. 海外の反応

  14. >>2
     ドイツはWW1でその盾の乗り物を使って塹壕を抜け出し、相手の背後に回って狙撃したんだよ。
     盾は銃弾を弾くくらい厚くて、イギリス軍は遠距離からライフルで貫通させることが出来なかったんだ。

    z003_2018041110290673a.jpg

     それでイギリスは金持ちから投資を募って、エレファントガンを完成させたんだよ。
     この銃は50m先から一発で象を仕留めれるくらい強力だったんだ。

    z004_2018041110330761b.jpg

     兵器って言うのは防御力、それを超える攻撃力、そしてそれを超える防御力って感じで発展しているんだ。
     今でもボディアーマーは改善されていっているよ。

  15. 海外の反応

  16. >>2
     でも手押し車なら300ポンド(約135kg)まで運べるよ。
     300ポンドの手押し車を押しながら走ることだって出来るさ。(砂地じゃ無理だけど)

  17. 海外の反応

  18. >>8
     その盾の問題点は一方方向&小さな範囲しか防御できないということだね。
     100ポンドの盾なら自分一人なら助かるかもしれないけど、部隊全員を守れるわけじゃないよ。
     それに前が見えるようにしないといけないから、盾の正面に弱点を作らないといけないし、砲弾などの爆発物に対しては無力だよ。

  19. 海外の反応

  20. >>8
     もうWW2で使われているぞ。

    z005_201804111041177e0.jpg














海外の反応ランキング

にほんブログ村 ニュースブログ ニュース 海外の反応へ
にほんブログ村

関連記事

コメント

ゆとりなの?バカなの?

銃撃してくる相手に対して真っ先にすべき体勢は「伏せる」ことなんだよ
ほふく前進なんて軍隊の基本だろ
デカイ盾なんか抱えて地面に伏せられるのか?
身をかがめて走れるのか?

馬鹿の常套句、
なんで~なの?

いっちょ安く強行突破したかったんだ
増えすぎて統率するのもだるくなってきたしね
もちろんシヴィライゼーションの話だよ

エレファントガン、多分ドイツ軍のM1918だけど、イギリスとドイツで立場が逆になってる。
ドイツは30台くらいしか国産戦車を運用できなかった。

機動隊や治安部隊が持ってる盾はあくまでも投石や火炎ビン、
あるいは拳銃やショットガンの弾を防ぐためのもので
軍用ライフルによる銃撃を防げる盾は重くて持ち運べないから。
パリ同時多発テロでは犯人の自動小銃から見を守るために
ラムセスという縦180cm横60cmのキャリーカートのような
タイヤ付きの盾が使用されたけどコレは重さが180kgもある。

使えないものは使わない。

まぁ揚陸艇のハッチを火線に向けて開けるのはどうかと思うけど。

>今日学んだこと、戦車は現代版ファランクス。

戦象だろ

当時の素材じゃ携行できる盾は厳しいなー

現代ともなると、逆に小銃弾を止めれて当たり前なボディアーマーが普及してたり
ライフル弾もストップできる盾(15kg)とかまで実用化されてるけど
素材技術の進歩って偉大だわ

※6
現代技術をナメちゃいかんぜ

もうライフル弾ならほぼ完全にストップできる盾(NIJ規格で4レベル)が実用化・運用されてる

Vant-VM SHIELDとかロシアの特殊部隊が良く使ってる

※2
それは伏せることで的が小さくなること前提の話しだろ。
ノルマンディの砂浜で匍匐前進なんてしたら溺れるか、踏まれるだろ。しかも上から撃たれてるから、ただの的でしか無い。

中世の戦いじゃねぇんだから

実は大戦中の日本軍が、盾と甲冑を試作したことがあった
当然のことながら量産化はされなかった
しかし中国戦線で一部使われたとも言われている
まあとにかく近代戦には実用性のないシロモノだよ

※2
上陸作戦でチンタラほふく前進なんてしてたら上官に後ろから撃たれるぞ

盾ならあるだろ?
一番先頭の奴だよ

戦闘は相手と地形によって変わる。毎回同じ部隊と兵器で突っ込んだら何回でも滅びるだろw

何故かと訊くのはバカの証拠みたいに言う奴おって笑った。其が出来るのはその問に対する解答が多角的にも対応する議論の余地もない、周知の模範解答がある場合だけだよ。バカでもコピペ出来る有名なソースがあるぐらい議論尽くされたもんがない限り、その返し文句は知能を働かせるのが面倒臭くなった老人の台詞だよ。

ググレカス、という、ある意味真理。

※11
※14
上陸作戦なんて特殊な状況を引き合いに出すのはどうかと思うぞ
しかもノルマンディー上陸作戦なんて偽情報で兵士を移動させた以外が物量によるごり押しの糞作戦じゃないか

元々上陸作戦の話題なのに特殊な状況だから無しとか言われても

全身を守る必要はない限定的な盾でも無かったのかな、
でもヘタに盾を与えたら怖じけずいてその場から動けなくなる可能性が多そうだけどね。