映画だとスパルタ人や騎士をムキムキの大男として描いているけど実際はどうなの?【海外の反応】


翻訳元







  1. スレ主

  2.  映画ではいつも昔の戦士をジムで見かけるようなムキムキの大男として描いているけど、実際はスパルタ兵や十字軍の騎士っていうのはどれくらいの大きさだったの?

  3. 海外の反応

  4.  例えば中国の戦士っていうのはほとんどが農民なんだよ。
     もちろん常備軍は存在しているし、職業兵士もいるけど、古代では農民が軍隊を構成していたんだ。
     そして昔の農民って言うのは栄養失調で、とても困難な生活をしていたんだよ。でも一日中毎日土地を耕していたわけだから、例え筋肉が膨張していないにしても力は合っただろうね。
     一方でプロの兵士は訓練しながら生活していて、結果として良い体型を持っていたと思うよ。

     (中国について聞いていないのは分かるけど、まぁ知識があるに越したことはないよね!)

  5. スレ主

  6. >>2
     いや良い意見だよ。
     実際農民と兵士の違いでアイデアを得ることが出来たわ。サンクス!

  7. 海外の反応

  8. >>2
     こういう中国視点の話をもっと色んなところでしてくれ!自分たちは西洋視点の議論ばかりしているけど、東洋視点も同じくらい重要だよ!

  9. 海外の反応

  10. >>2
     三国時代のリーダーシップっていうのは、敵に向かって突撃するときにリーダーの力を信じて農民たちが付いていくるかどうかだから、普通の兵士より体格の良い人が多かっただろうね。
     兵馬俑の兵士はそんなに筋肉質じゃないけど、それなりに堂々としているよ。

    z004_20180413104816225.jpg

     それから絵では筋肉があるように描かれることが多いね。

    z003_201804131048149e9.jpg

  11. 海外の反応

  12.  間違いなく強靭だっただろうけど、アーノルド・シュワルツェネッガーみたいなムキムキではないだろうね。
     大きな筋肉っていうのは重量挙げみたいな短い運動で身に付くもので、過去の兵士がそんな筋肉をしていたらおかしいよ。
     戦士はどっちかというと武装しながら長い距離を移動した後でも、そのまま戦えるような能力を持っている人たちさ。肉体的には強かっただろうけど、筋肉ムキムキなわけではないよ。
     例えばアメフト選手とサッカー選手みたいな違いだね。前者は短期間強靭な力を発揮するけど、後者は90分間フィールドを走り回れるみたいな感じさ。
     どっちもパワフルだけど、持久力のある方が歴史的な戦士に近いよ。

     それでスレ主が言及しているスパルタ人だけど、彼らは銅像とかキュイラスとかから体型を推測することが出来るね。

    z005_20180413105747d99.jpg

    z006_20180413105748e50.jpg

    z008_20180413105745b5b.jpg

    z007_2018041310575034a.jpg

     見ての通り、ギリシャの兵士っていうのは筋肉質だけど痩せ型なんだ。
     
     十字軍も同じような体型だろうけど、貴族や裕福な人は馬に乗ることが出来たし、訓練する時もあるけど、自由時間をすべて訓練に費やしていたわけではないね。
     中世騎士の遺骨からの分析によると、中世の騎士は強靭だっただろうけど、体型はこんな感じだよ。

    z009_201804131103073d4.jpg

    z010_20180413110306fa0.jpg

     平均的な騎士は古代の兵士と同じくらい痩せ型だろうね。
     
  13. 海外の反応

  14. >>6
     ギリシャの像やキュイラスっていうのは、実物ではなく理想像じゃないかい?
     今のスポーツのマスコットが、ムキムキで描かれるような感じじゃないかな。

  15. 海外の反応

  16. >>7
     古代の像の筋肉を注視すれば、人間が持つ不完全性を持っていることに気づくよ。これはつまり実際にモデルを前にしながら作ったということさ。
     昔のことで覚えておくべきことは、当時は解剖学の資料とか、参考用の写真がなかったということだね。

  17. 海外の反応

  18. >>7
     像については議論の余地があるけど、鎧はフィットしていないと使い物にならないよ。
     
  19. 海外の反応

  20. >>9
     ギリシャ人は鎧の中に綿を詰めたりして、ギャンベゾンみたいにしていなかったのかい?

    z011_20180413110917d65.jpg





  21. 海外の反応

  22. >>10
     摩擦を防ぐのにSubarmalis(鎧の下に着こむ衣服)みたいなのはあったけど、このキュイラスみたいな鎧の下に綿を詰める意味はないよ。
     銅の鎧で敵の攻撃を受け止めれるから、その下に防具を付ける意味がないね。

    z013_20180413111324f7f.jpg

  23. 海外の反応

  24. >>11
     SCA(甲冑を着て模擬戦をする競技)の経験から言わせてもらうと、確かに斬撃は防げるけど、それでも骨を折るような衝撃を受けることになると思うよ。

  25. 海外の反応

  26. >>11
     鎧の下に布鎧を付けるのは貫通したときや、鎧が凹むような攻撃を受けた時のためじゃなかったっけ?

  27. 海外の反応

  28. >>10
     中に詰め物をしていたにしても、結局サイズは変わらないんじゃないの?

  29. 海外の反応

  30. >>14
     いや、鎧の形状について話していたからだよ。腹筋が割れているのは単なる装飾だよ。

  31. 海外の反応

  32. >>15
     実際は腹筋が割れていない鎧の方が多いよ。

  33. 海外の反応

  34. >>6
    >間違いなく強かっただろうけど、アーノルド・シュワルツェネッガーみたいなムキムキではないだろうね。
     アーノルド・シュワルツェネッガーとその同年代の人達はステロイドを使っていたんだよ。ステロイド無しで普通に訓練しただけではあんな筋肉にはならないからね。

    >大きな筋肉っていうのは重量挙げみたいな短い運動で身に付くもので、過去の兵士がそんな筋肉をしていたらおかしいよ。
     古代ギリシャ人は重量挙げをやっていたようだよ。

  35. 海外の反応

  36. >>17
     アーノルド知事は単に例としてあげただけだよ。
     それから古代ギリシャ人は今の人みたいに繰り返し重量挙げをしていたわけじゃないよ。競技とか力比べでやっただけさ。

  37. 海外の反応

  38.  今の特殊部隊の人を見てみればいいよ。youtubeとかでドキュメンタリーがあるね。
     その中の誰も本当の意味でムキムキになっている人はいないよ。そんな無駄な筋肉があっても役に立たないからね。むしろ邪魔でしかないよ。力より持久力の方が大事なんだ。
     SEALsでは筋トレより有酸素運動系の訓練をしているよ。

    z014_2018041311271075e.jpg

  39. 海外の反応

  40. >>19
     特殊部隊って言っても、部隊によって大分違うよ。
     それにSEALsはあまり良い例じゃないね。彼らはどっちかというと筋肉を大きくすることに焦点を置いているよ。普通にアメフト選手みたいな人がいるからね。
     でもまぁ部隊によるけど、確かに現在の特殊部隊は古代の戦士みたいな体型をしているよ。

    z015_201804131133522ba.jpg





  41. 海外の反応

  42.  ムキムキっていうのがボディビルダーみたいな体型のことを言っているのかは知らないけど、昔の社会であの体型を維持するのは相当コストがかかると思うよ。

  43. 海外の反応

  44. >>21
     筋肉っていうのは酸素要求量を多く必要とするからね。
     極端な例だと、マラソンランナーは42kmを可能な限り早く走ることに特化しているけど、筋肉量は少ないよ。
     筋肉が役に立つのは重たい荷物を運んだり、効果的に戦う時さ。
     つまりゴールとしてはその活動をするのに適した筋肉ということになるね。

  45. 海外の反応

  46. >>22
     いやそういうコストじゃなくて、筋肉を維持するための食事が大変だということだと思うよ。

  47. 海外の反応

  48.  ウエイトトレーニングっていうのは昔からあるよ。
     古城とか博物館のツアーに行ったら大抵はトレーニング用具があるよ。

  49. 海外の反応

  50.  「Knights in Shining Armor: Myth and Reality」って本によると、鎧を着ていた人の大きさは167cm~180cmくらいなようだよ。なんでこんなに背か低いかというと、食事の質が悪かったせいだね。貴族ですら今の平均以下だよ。
     戦場で使う鎧の重さの平均が23kgくらいで、競技用の鎧が45kgくらいだから、かなり筋肉質ではあったようだけどね。
     







海外の反応ランキング

にほんブログ村 ニュースブログ ニュース 海外の反応へ
にほんブログ村

関連記事

コメント

中国視点の話なんかいらないから
率直に答えりゃいいじゃん。
何を避けてんだよ?

宮城谷昌光さんの春秋戦国時代の本だと身分の低い人達は
羊肉でさえ滅多に口にできなかったと書いてあったけど
穀類だけでムキムキになれるもんかね?

筋骨隆々だったとはいいがたい
本当の戦士は見せかけの筋肉じゃないからもっとほっそりとしている

兵士でも弓兵や伝令などにボディビルダーのような力技肉弾戦兵士用筋肉は必要ないもん

時代から云えば、食事が穀物で、食肉なんて殆ど無いからな(主に狩猟での僅かな肉)
贅沢食品と云えば、生野菜の時代だから

筋肉ムキムキは燃費悪いから大量に食わないと維持できない
さらに体内に脂肪分が無いと風邪引いただけで死ぬ

「一枚あばら」という表現が古代中国にはあったというし。

あばらが見えないほど筋肉で覆われているということ。つまり現代でいうムキムキ・・

イギリスは衛兵(ビーフィーター)に牛肉食わせて体を作らせてたんだろ

スパルタ人は農耕を奴隷にやらせてたし騎士は基本貴族だろ
どっちも搾取する側だし食って鍛えて寝るだけだから当然ムキムキだよ

レスリングが流行ってたんだからそういう体形なんじゃないの
持久力も要求されるし脂肪も必要だろう

コメにあるように、筋肉質な身体つきではあったろうけど、ボディビルダーや格闘家みたいなムキムキ具合ではなかったんだろうな
職業軍人みたいな絞った感じだったんじゃないか

※10
流行っていたって言っても別にレスリングだけで戦いに勝てるわけじゃないからな。むしろ戦争で必要な技術としては下の方だろう。

だいたい、なんでスパルタ兵て裸なの?ホモなの?
おかしいでしょ
盾は持ってるのに服は着ないって

何でスパルタの話なのに、いきなり中国に持っていこうとするのか謎すぎる。

※14
reddit使ったことないのか?ポイントが高いコメントが一番上に来ているだけだよ。コメントに書いてある通り東洋の意見が珍しいからポイントが高くなっているんだろ。何も変なことはないわ。

※13
いや普通に鎧は着ていただろうね。単に彫刻とかでそういうイメージが広まっているだけだと思うよ。というかコメント欄にも同鎧が出ているように、鎧があれば着ていたはずだよ。訓練中は暑いから脱いでいたかも分からんけど。

取っ組み合いする場合は筋肉が打撃から守る役割もするから、急所の首とか胸や腹は筋肉付けてた気がする。

Navy Sealsクッソ強そうやんな そりゃ小さい日本人じゃ勝てんわ もっとマッチョな奴増やさないと 

※18
シールズは水中任務が多いから筋肉増やしてるだけじゃね?
現代戦で格闘なんてほぼしないんだから、背が低くて持久力のあるやつが一番有利だと思うけど。

>13
スパルタと同じギリシアの都市国家であるテーベには、
神聖隊とか神盾隊とか呼ばれた、ホモだけで構成された軍団があった(史実)

今でも貴族に体格がいい人が多いってのと同じかな