なんで古代ギリシャ人はマラソンの戦いで伝令に馬を使わせなかったの?【海外の反応】


翻訳元







  1. スレ主

  2.  なんで古代ギリシャ人はマラソンの戦いで伝令に馬を使わせなかったの?
     馬を持っていなかったのかい?

    z013_20180416120051947.jpg


  3. 海外の反応

  4.  既に別のスレで回答が出ているけど、簡潔に言うと、ギリシャは地形の起伏が激しくて馬だと早く駆けることが出来ないし、馬はなが~~~~い距離を移動するのがそこまで得意な動物じゃないんだよ。

  5. 海外の反応

  6. >>2
     自分も質問なんだけど、もしギリシャがそんなに起伏が激しい地形なのであれば、どうしてファランクスみたいな戦術がギリシャ全土で人気になったんだい?
     ファランクスは他の陣形よりも機動力が低いし、ローマは起伏が激しい地形だとファランクスを使うのをやめていなかったかい?

    z011_20180416111743474.jpg

  7. 海外の反応

  8. >>3
     大分前に既に回答しているけど、端的にいうと、平原での戦いなら問題ないし、ギリシャ重装歩兵のファランクスっていうのはそこまで密集して融通の効かない陣形ってわけではないんだよ。

  9. 海外の反応

  10. >>4
     ファランクスの詳細って分かってないんじゃなかったっけ?
     
  11. 海外の反応

  12. >>5
     あくまで特定の研究データを元にしたものだから、そこを突き詰めたいなら別のスレッドを立てるべきだろうね。

  13. スレ主

  14. >>2
     なるほどね。でももしそうだとしたら、どうして後期になると馬が好まれるようになったんだい?

  15. 海外の反応

  16. >>7
     マラソンの話っていうのは実はもうちょっとややこしい話なんだよ。
     一般的には伝令が戦場からアテネまで勝利の報を伝えたっていうことになっているけど、実際はもっと色んなところに走っていて、42kmどころか240kmくらいギリシャの移動しにくい地形を越えているんだよ。
     だから馬だったらそんなに長い距離は移動できないし、地形のせいで怪我をするリスクも高かったんだ。
     もしもっと速く報告を届ける方法があるとすれば船くらいだね。

  17. 海外の反応

  18. >>7
     後期になると馬を一定の距離で交換するような体制になったんだよ。

     一般人だったら馬より200kmを早く移動することはできないと思うけど、数年間持久力を訓練すれば馬より早く移動できるようになるんだ。
     とはいえ複数の馬を使うのであれば、人間くらい長距離を移動できるし、さらに早く移動できるんだよ。そして訓練した伝令を揃えるより、人間より速い普通の馬を見つける方が簡単なのさ。

     弓 vs 銃みたいなもので、訓練した弓兵は昔の銃兵より強力かもしれないけど、ちょっと訓練すれば使える兵士を揃える方が効果的なんだ。
     その辺の適当な兵士に銃を渡すように、適当な兵士を馬に乗せて伝令役にすればいいわけなのさ。

  19. 海外の反応

  20. >>9
    >その辺の適当な兵士に銃を渡すように、適当な兵士を馬に乗せて伝令役にすればいいわけなのさ。
     いやそれは間違っているよ。
     ギリシャ人も認識している通り、良い騎手を作るには長い練習が必要だし、訓練していない騎手っていうのは役立たず以外の何者でもないよ。馬を潰してしまうかもしれないからね。
     馬って言うのは高価な動物だから(熟練した職人の年収4年分に匹敵する)、その辺の適当な兵士に任せることはないよ。





  21. 海外の反応

  22.  実際にマラソンの伝令が走ったと言われる場所を車で辿ってみたんだけど、丘が険しくて馬では現実的ではないと思ったね。
     それと質問だけど、ギリシャ人って言うのは馬を伝令に使ったことはあるのかい?

    z012_20180416115442f96.jpg

  23. 海外の反応

  24. >>11
     使っているよ。ヘロドトスは紀元前479年のプラタイアイの戦いでアテネまで馬でメッセージを届けるように言っているよ。

  25. 海外の反応

  26.  アホな質問かもしれないけど、マラソンっていうのはこの戦いが起源かい?

  27. 海外の反応

  28. >>13
     まさにその通りだよ。








海外の反応ランキング

にほんブログ村 ニュースブログ ニュース 海外の反応へ
にほんブログ村

関連記事

コメント

馬は便利な道具じゃなくて生き物だから
水や飼料が必要で長い距離移動するには駅が不可欠
長距離移動するには一頭に対して二頭使い潰しの駄馬を用意しなきゃいけない。それくらい非効率な生き物だった
昔は品種改良もされて無くて、山道を歩ける馬はポニーみたいな足の太くて遅い馬しか居なかったから、日本も安価な飛脚が発達した

42.195kmを最も速く走れる動物は人間だからな

馬の蹄はああいう土地柄の場所を疾走するには向いていない

馬より、まだロバのほうが多少マシよ

たいていの動物より人間の方がスタミナがある。
何十キロも移動出来る馬なんてモンゴル馬くらいだろうがあれもほぼ平地、せいぜい丘を移動するくらい。

もし、現実的で走りやすい平坦なルートを伝令が走ると考えるなら、それはペルシャ方の内通者や斥候、工作部隊も思うはず。
もしギリシャの勝利が早く伝われば、ペルシャ方の不利になるなら伝令を襲うはず。
そう考えたら伝令は起伏が多くても別ルートを選ぶのが、より「現実的」。
それに藤子・F・不二雄の作品にもあったけど、伝令の名は複数伝えられている。色々な都市に向かって各々何人も伝令が走ったという事だと思う。

※6
マラトンの戦いはアケメネス朝ペルシャ v.s. アテネとプラタイアの2つの都市国家同盟連合だからねえ。 他の都市国家と必ずしも良好な関係というわけじゃない戦国時代みたいな時代だし。
都市国家プラタイアはこの戦いの62年後に都市国家スパルタに攻め滅ぼされたし。

人間は全動物の中で最も持久力に長けた動物とも呼ばれるからね

なるほど、勉強になるな。

じゃあ逆に飛脚は無かったのだろうか・・・?

あらかじめ飛脚宿を設置しておけばリレーで早く伝えられたはず・・

自分等はマラトンって習ったけど今はマラソンでOKなの?

>>11
マラトンの戦いは英語だとBattle of Marathon、ギリシャ語だとMachē tou Marathōnos。
マラソンは英語だとMarathon、ギリシャ語だとMarathónas。
初期の外来語は発音が誤って伝えられているものが多いけど、マラトンもその一例だろうね。thonをトンと読んだか、ソンと読んだかの違いだわ。ちなみに英語/ギリシャ語読みではソン。

※12
一昔前だと、欧州でも大学や専門学はラテン語必須だったから、場合によってはラテン語式発音を元にしている場合もあるよ
あと日本だと、ドイツ語がそれなりに普及していたから、ドイツ語風発音やっている場合もある

※10
もともと飛脚はリレー式だが

騎乗する際に人の足を載せる あぶみ が発明されていなかったからじゃね?
あれ無しだとでこぼこ長距離はきつい

駅伝にすればよかったじゃん…

そもそも本来、馬は草原を駆ける動物だからな。