海外「ドイツ、ハンガリー、中国の次はロンドンで洪水が起きているようだ」


z05_202107261243029d9.jpg


翻訳元



  1. スレ主

  2.  最初はドイツ、次はハンガリー、中国。そして今度はロンドンで洪水だ。1時間前の映像。





     (災害フォーラムへの投稿です)





  3. 海外の反応

  4.  アメリカ西部は水を求めているけど。

  5. 海外の反応

  6. >>2
     ネスレが喜んで売ってくれるよ。

  7. 海外の反応

  8.  これはドックランズ・ライト・レイルウェイのプディング・ミル・レーン駅だな。
     幸いまだ路上レベルの洪水なのでそこまで悪くはないが、中の食堂とかはやられているな。
     後はチケットマシーンも壊れるかもな。何より7年間分の汚れが流れ出すことだろう。

  9. 海外の反応

  10. >>4
     可愛い名前の駅だな。

  11. 海外の反応

  12.  ロンドンに住んでいるが、全然中国ほど酷くはないよ。
     大体30cmくらいの洪水なので、そこまで悪くはない。

  13. 海外の反応

  14. >>6
     中国は1時間で3年分くらいの雨が降ったからな。

  15. 海外の反応

  16.  今年は地下のビジネスには投資しないほうが良さそうだ。

  17. 海外の反応

  18. >>8
     というか次の数百年はな。

  19. 海外の反応

  20.  カリフォルニアにもっと雨を送ってくれないか?





  21. 海外の反応

  22. >>10
     イギリスの残りの部分も雨を必要としている。

  23. 海外の反応

  24.  これはロンドンでも異常なのかい?

  25. 海外の反応

  26. >>12
     ロンドンは雨が多いし洪水も頻繁にある。
     だがつい2週間前にも洪水があったのに、また洪水が起きているのは異常だわ。

  27. 海外の反応

  28. >>12
     異常だよ。科学者も気候変動のせいだと言っている。

  29. 海外の反応

  30.  世界の終わりが近づいているようだ。

  31. 海外の反応

  32. >>15
     パンデミック、洪水、次はエイリアンか。

  33. 海外の反応

  34. >>16
     エイリアンの前にゾンビ。

  35. 海外の反応

  36.  まるで科学は本当で、気候変動が起きているかのようだな。奇妙なことだ。

  37. 海外の反応

  38. >>18
     でも金持ちは心配いらないと言っているだろ。彼らの富がトリクルダウンしてくるはずだ。

  39. 海外の反応

  40.  泳ぎ方を学んでおくか。













海外の反応ランキング
関連記事

コメント

コロナのパンデミックもだが、国や人々によって自然災害も危機意識に差があるみたいだ。
被害を最小限にする為には備えあれば憂いなしが賢い選択になるでしょう。

動画4:28辺りのマンホールに乗るガキを見てドキドキした
だけど期待外れだった

とりあえず日本位南では10年続いているよ
毎年集中、突発的、ゲリラ豪雨と色々な雨が見られるようになった。
まさか欧州の方までそうなるとは思わなかった。気をつけてね。

最初のゴミ箱みたいなのが「信楽のタヌキ」
に見えた。ロンドンにもタヌキあるんだ?
・・・んな訳ないわな!!

去年もウェールズとイングランドの一部の町が洪水で被害出してたよな
欧州はほぼ毎年どこかしらで洪水被害出ているし

今後の予報だとスウェーデンや北イタリア、オーストリアあたりもかなりの豪雨になる可能性大きいから

今年の後半も自動車がいっぱい売れそうだな。ロシアは日本から水没車を安く仕入れて整備して売ってたけど、イギリスのはどこへ行くんだか。

>でも金持ちは心配いらないと言っているだろ。彼らの富がトリクルダウンしてくるはずだ。

ワロタw

アメリカの西部に雨くれと言ってるけどもテキサスそれからミシシッピーオハイオとかあの辺も大水が出てる。
全然報道してないけど実はアメリカはもっとひどい洪水に見舞われてる。

偶然だとは思うけどドイツや中国みたいなEV化に熱心な国で洪水が起きてるね

ロンドン 伊豆 早稲田???

もはやこれを異常と考えずに備えていかないといけない時代なんだろうな

気候変動って考え方は自分が中心、ここが基準っていう文化の影響を強く感じる
日本はどちらかといえばあるがままなすがまま自然に対応する国だよな

気候変動があるのは事実だろうが、人為的かどうかは別問題

大した被害にはならないだろうが、水はけが悪そうだな。

まだまだ中国はこれからでしょう