海外「日本では決定的な発言を避けるのが一般的だと聞いたが本当かい?」


z00_20211111105158572.jpg


翻訳元



  1. スレ主

  2.  日本では決定的な発言を避けるのが一般的だと聞いたが本当かい?
     例えば「なぜなら~」と言うのではなく「たぶん~と言うみたいな。

     (これはデタラメ?フォーラムへの投稿です)





  3. 海外の反応

  4.  そうだよ。日本人はビジネスでノーというよりたぶん~と言うのが好きだね。きっぱりと拒否の提案をすることはない。

  5. 海外の反応

  6. >>2
     ノーと言うためにアメリカ人を雇ったほうが良いんじゃないか?

  7. 海外の反応

  8. >>3
     そうかもしれないね…

  9. 海外の反応

  10. >>4
     ノー。

  11. 海外の反応

  12. >>5
     なんて幼稚な発言だ。お前はアメリカ人に違いない。

  13. 海外の反応

  14.  他には同意するとか理解できると言った場合に必ずしもそうだとは限らないということだな。
     状況によってノーを意味する丁寧な方法である場合もある。  

  15. 海外の反応

  16. >>7
     日本企業で働いていたときのルール。
    「日本人がイエスと言っていない場合はノーだと思え」

  17. 海外の反応

  18.  日本に数年間住んでいるが、どちらかというと決定的かどうかではなく否定的な表現を避けるという感じだな。

  19. 海外の反応

  20.  電車が通っていない場所に電車で行けるかどうか聞いた時の日本の旅行エージェント「それは…難しいですね」





  21. 海外の反応

  22. >>10
     間違ってはいないだろ!

  23. 海外の反応

  24.  それは日本人だけでなく中東文化もそうだな。

  25. 海外の反応

  26. >>12
     それと「インシャッラー(神のご意志なら)」という魔法の言葉を使うパターンな。
     クウェート軍に砲の使い方を教えているときは、彼らは計算した後に毎回「インシャッラー、神が望むなら命中するだろう」と言っていたよ。

  27. 海外の反応

  28.  半分デタラメだな。
     日本ではイエスはイエスだし、たぶんはノーを意味してる。たぶんと濁しているのは単にノーと言うことの回避でしか無いから、イエスは普通に言っている。
     「たぶん」のより強力なバージョンは「少し難しい」だ。
     決定的にノーと言われるのは既に問題がある場合だ。
      
     ソース:日本で働いていた。

  29. 海外の反応

  30. >>14
     日本企業で働いているときに、みんなが着ているクールな会社のジャケットを調達できるかどうか聞いたら、同僚は「少し難しいけど尋ねてみるよ」と言っていたよ。:(

  31. 海外の反応

  32.  アメリカ人だが自分もそんな感じだしかなり一般的だと思うぞ。
     ドイツの大学に留学していた時は映画に行くかどうか質問されて「いや、興味ない」と言っている人がいて「なんてこった、ドイツではこういう言い方が許されるのか?」とショックを受けたよ。

  33. 海外の反応

  34.  日本については知らないが、コソボにいたときは「たぶん」がイエスと同じ意味で使われていたな。

  35. 海外の反応

  36.  ああ、日本に住んでいるがかなりそんな感じだ。
     外国人に貸し出せないアパートの場合、「無理ですね」ではなく「ふーむ、ちょっと難しいかも知れませんね」と言ってくる。

  37. 海外の反応

  38.  それはtatemaeと呼ばれるものだ。礼儀の一形態だよ。

  39. 海外の反応

  40.  自分が会った中でこういう対応をする主な人々は中国人だな。
     彼らがどういう意味で言っているのか混乱するわ。












海外の反応ランキング
関連記事

コメント










外人や出羽守の言う議論や自己主張なんて実際は9割強が声だけデカい馬鹿の戯れ言だから。5chのレスバ並に無価値。

つか、向こうはとにかく自己主張しないと何も考えてない馬鹿扱い。考えることもできない脳足りん扱い。例え全く知らなくても門外漢でも間違ったアホな答えでも自己主張しない馬鹿よりは上扱い。なので信じ難い逆張り野郎や知ったか野郎が腐るほどいる😅

在日は迷惑だよな

何故日本ではNOと言わないと思われてるんだろうな?どちらかと言えばYESと言わない事の方が多くないか?

婉曲的表現は世界中で普遍的にあって結局は程度の問題なんだよ
ただ「婉曲的表現を好む」ということをほぼ公言しているような状態であることは
逆説的にオープンな性分なのではないかとも思う

そんなものケースバイケース、
避けてばかりでは事故が起きる。

むしろ“日本人は”とかじゃなくて
外国人はその国の表現に疎いから
直接イエスノーで答えないとわからない問題じゃねぇかな、これ

酔っ払いはアホ!

アメリカ人はYES NO文化だから多分とか難しいとか考えてみるって言葉をそのままの意味で受け取るんだろうね、日本人同士なら通じるけど
文化が違うから仕方ないね

譲歩できる余地を互いにもたせているからじゃね?
イエスノーをはっきりさせてしまうと余地が無くなってしまう。

イギリスも京都人みたいな言い回しするって言うし、国による

色んなデマが流れてそう

英会話スクールでいつも大変なのが、自分の意見をハッキリ言う事。意見を言った以上、なぜそう思ったのかしっかり説明する。&よく分からない説明にはちゃんとツッコミを入れて質問する。それで理解出来たか先生からツッコミも入る。もはや日本語を英語に置き換えるだけの世界じゃない。学校でいくら英語やっても喋れない理由が分かる。

日本人にとっては言い方・文脈・状況から○×は明らかだけど、それらに関する知識がない外国人が混乱するのは分かる。
ただ、それを「日本人は嘘つき」とか言い出すアホが一定数いるのがムカつくんだよな

海外でも例えばイギリスの上流とかだとハッキリした否定はしないと思う
気を付けて聞いてないと、本当に誉めてるのかそうじゃないのかわかりづらいこともある
歴史の古い国は特に、率直な物言いは粗野な印象を持たれるんじゃないかな
アメリカ人のストレートな表現はよく皮肉られるしね

関西人は、最後に「知らんけど」というので間違ってはいない

・自分自身の主張が絶対ではないと理解している
・相手の主張も受け入れている

結局、当人の日本語力ではないかな。
慣用句として憶えていないから、問題が起きる。
外交上の言辞に慣れない未熟な国が、主旨を理解できず大失敗するのと同じだよ。

※14
まあ、アジア人は噓つきって言われるのは仕方ないよ。
外国企業「~作れますか?」
中国「作れます」→作れない
韓国「作れます」→作れない
台湾「作れません」→作れる
日本「作れません」→作れるし小型化に成功
みたいな感じだし。

多分全く逆で、日本語の方が決定的なんだおともう。厳密に話す必要があって一度ノーと言ったら撤回するのは難しいので、気軽にはノーと言えず常に厳密に話す必要がある。曖昧に答えてるんじゃなくてむしろ厳密に可能性を吟味して答えなければいけない。

お望み通り、度直球で否定すると顔を真っ赤にして怒るやんw

絶讃ポリコレ中毒のアメリカは危機回避の為の婉曲表現で訳が分からないことになってるけどな

※12
本音と建前も同調圧力もアメリカの方が遥かに過酷とバレたよな😅

※19
某商社の上司が言った「
中国人の「出来た」韓国人の「出来る」日本人の「出来ない」は信用するな」、だってさ。