なんで日本のゲームでは神を殺すことが多いの?【海外の反応】


z005_20180510103211cb4.jpg


翻訳元







  1. スレ主

  2.  特にJRPGとそれにインスパイアされた西洋のゲームをやっていて気づいたんだけど、なんでこんなに神を殺すゲームが多いの?
     カトリックの家庭で育ったものとしては反宗教でないなら別に気分を害することはないけど、なんでこうなっているのかすごい興味があるわ。

  3. 海外の反応

  4.  自分が理解する限り、日本人の考える神って言うのは色んな意味合いがあるんだよ。
     アブラハムの宗教みたいに全能な唯一絶対の存在というわけではなく、何らかの面で強力な力をもった存在なんだよ。
     更に言うと(間違っているかもしれないけど)、日本の神々っていうのは他の宗教よりも信仰の力に依存していて、人間が神より力を持つこともあるんだよ。

  5. 海外の反応

  6. >>2
     日本のゲームで神を何度も殺すたびにグノーシス的な感覚になってきたわ。
     つまり、神って言うのは自分が全存在の父であると考えている無知な宇宙的独裁者で、定命の者が苦しむように好きなように運命を書き換えているんだよ…主人公に滅ぼされるまではね。

  7. 海外の反応

  8.  これは別に反宗教とかではなく、思想が違うからだよ。
     日本には面白い人生観や哲学があって、自己改善や悟りをベースにしているんだ。
     だから日本のゲームでは銃があまり人気じゃないんだよ。なぜなら銃っていうのは90%が自分の力ではなく、武器の力に依存しているからね。
     つまり本質的に日本人は自分を鍛え続けていけば最終的に神のようなものも乗り越えられると考えているんだよ

  9. 海外の反応

  10. >>4
     この思想があまり好きじゃないわ。
     日本の作品では「強力な存在と戦えば自分はさらに強くなる」っていう考え多すぎるわ。ジョジョのスタンド、ペルソナ、ポケモン、デジモン、妖怪ウォッチ、カードゲームアニメetcとかね

  11. 海外の反応

  12. >>5
     まぁでもそのほとんどは外的な力を付与されているけどね
     銃と同等の強さの超能力みたいな内なる力があるんだよ。

  13. 海外の反応

  14. >>6
     そのコメントを見てロックマンを思い出したわ。
     ロックマンは銃を持っていなくて、銃が体の一部になっているんだよ。

  15. 海外の反応

  16. >>6
     俺のスタンドはハジキだ。

    z004_20180510102923e0f.jpg

  17. 海外の反応

  18.  スレ主が言う神っていうのはキリスト教の神かい?
     真・女神転生ではヤハウェを含むほとんどの神を殺すことになるし、ゼノシリーズでも殺すことに成るけど、これはネガティブな描写ではなく、定命の世界に神がいてはいけないから、神が住む場所へ返すというような感じだよ。

     本当かどうか分からないけど、日本人の多くは不可知論者かあるいは神の存在を信じていないけど儀式には参加するような人達で、例えゲームでイザナギ/イザナミを殺すことになったとしても、別に讃えてないから気にしないんだよ。
     そういうことがニュースになることはないだろうね。

     スレ主の言っている神がキリスト教の神かどうか聞いたのは、西洋のゲームでキリスト教の神を殺すゲームは一つもないと思うからだよ。
     もし西洋のゲームでヤハウェを殺すみたいなことになったら、Foxニュースとかがゲーマーは邪悪だみたいなことをニュースにするだろうね。それがインディーゲームや日本のゲームでない限りあり得ないよ。

  19. 海外の反応

  20. >>9
     それに新女神転生とかで出てくる神っていうのは実際の神ではないからね。
     あれは大いなる意思から生まれたもので、大いなる意思自体は神を倒せるほどの力を持っていないから、強そうな人を探して生まれ変わろうとしているんだよ。





  21. 海外の反応

  22.  そういうゲームに出て来る神っていうのは本当の意味での神なわけではないよ。大抵は力を持て余しているクソ野郎さ。








海外の反応ランキング

にほんブログ村 ニュースブログ ニュース 海外の反応へ
にほんブログ村

関連記事

コメント

日本人:神を倒すってカッコよくね?
これ以外に理由ないんじゃない?(笑)

人間が抗えない存在だからやろ

神という定義をつければとりあえず強大だという分かりやすさがある
実在した人間が使われず聖書なんかに出てくる神ばかりなのはゲームとかと同じフィクションだから使いやすいというのがある

髪をころすとブチ切れる奴は多い

絶対的存在を己の力で倒す。それってかっこよくね的な理由やろ(ハナホジー

ようは昔のドラゴン退治とかわらん

人間同士、銃で殺しあうゲームばかり売れてる国の人たちにとやかく言われたくないよ

極光壁

超次元に存在する圧制者=神
日本のゲームや漫画はこの設定を安易に使い過ぎちゃってるな
敵を神にしとけばめっちゃ強くキャラ付けできるし、殺してもいいというw

ニーチェさんが神に死亡診断してくれたの忘れたんかい。

「神殺し」はいろんな神話にあるモチーフだもんな。
ま、どういうわけか人ってそういう話が好きなんだよw

創造力と想像力の欠如
それ以外に考え付かなかったんだろ

神や王や偉人は構わないけど天皇だけは決して触れてはならないってのが日本人の価値観

単純に日本は神を絶対なるものとして扱ってないからじゃない?地方伝承でも、よく治めてるときは信仰してるけど、荒れ狂う時は遠慮なく切るっていう感じの多いみたいだし、、神殺しもどちらかというと消滅させるトイよりは諌めるって傾向のほうが強いみたいだし

米一粒に7人の神様がいる国で
神を一人も殺さんで、生きていけるかw

更に強くなるっていかにも海外って考え方だよな
実はそういう作品自体日本は少ないのに

だけど日本は神を安売りしすぎだけどな。神作画とか神対応とか。ちょっとアホかって思う。

神道だとあらゆるものに神が宿っている、あるいは自分も含めた宇宙すべてが神だからな
自他の区別がない
他の動物を殺して食うときも動物=神へ感謝してから食うし
どこか宇宙の外にいるアンタッチャブルで偉大な存在という見方をしない
日本人にとっての神は父親的な存在じゃなく母親への見方に近いかもしれん

日本の神はいると思えばいるし、いないと思えばいない。
ヒロヒトが一番わかりやすい。あいつはマッカーサーに、おまえ神やめろと言われたらはいやめますと言った。
日本の神は絶対的存在から程遠い。悪神などは討ち亡ぼすべき存在として描かれる。

「悪い神様はやっつけちゃえ!!」ってことで・・・

だから予定調和説の神は邪神であり、やっつけられるべき存在。

宗教に支配された外人は中共に支配された支那人と同じレベルで不自由な頭してるんだな

ハゲがフサフサの人をブチブチする隠喩なんだよ

ゴッドオブウォーも神殺しまくってるじゃん

逆に教えて欲しい
神様の言う通りで現在も戦争している(キリスト・イスラム)事を疑問に思えない方が逆に疑問。

西洋にも邪神はいるだろ

神倒す俺つえぇぇぇぇぇですわ

神とは存在そのものという考えがあって、その最たる自然は災害国って事もあり一方的に人間に味方しないって深層心理があるからだな

力(技術)を蓄えていけば、神をも越えられるのは当然じゃんね

これは、戦後になってからの話なのだから、理性主義の派生、なかんずく共産主義の影響だべ
最初のコメントにある「神を倒すってカッコよくね」ってな漫画なども、70年代あたりから増えたでしょ
日本神話に神々の(ゆるい)争いはあっても、人が神をコロしたなんてのは無いし、てか、他の世界の多神教でも、神対神や、神対魔で神が倒される事はあっても、人が神を倒すと言うモチーフは少ない
日本のサブカルに増加した原因は、マルクスでありニーチェでしょ

圧倒的な権力と同義ってイメージなのかな?
打倒特権!的な中二病?

好きじゃないわって言ってる奴は
弱い相手と戦って勝てば自分は強い。って事?
ようわからん

>> だから日本のゲームでは銃があまり人気じゃないんだよ。なぜなら銃っていうのは90%が自分の力ではなく、武器の力に依存しているからね。


単に日本は銃社会じゃないからじゃね?
てか人気無いのか?
外人って先入観強すぎでしょ

神とは自分以外のすべての存在であり生きることはそれらと戦うこと
克己し克服し乗り越えるべき存在だ

>つまり、神って言うのは自分が全存在の父であると考えている無知な宇宙的独裁者で、定命の者が苦しむように好きなように運命を書き換えているんだよ…主人公に滅ぼされるまではね。
日本人には、聖書の神がそうだとしか思えないからです。

神様が正義で悪魔が悪なんてありきたり過ぎてつまらんから神様が悪で敵ってことにしてるだけだろ

RPGってのは強い奴を倒しながら自分も強くなって行くじゃん?
そして最終的に一番強いのは神か魔王だらかそれ倒すじゃんよ

また神の話してる…

そもそも、神道の神って結構死ぬんだぜ。
元々神も死ぬって概念があるからなぁ。

単に上位存在として分かりやすいからってのが全て
安易ではあるがな

特に深い理由はないだろw
敵は存在がデカイ方がわかりやすいw
それだけの話w

嫌いなら触れるなよキムチガイ悪いな
どんな人生を送ってんだw
てか神と言っても悪い神やインチキ神だろ
あほだな

5番は好きじゃないとか言いつつ詳しいなw
どないやねんw

「強力な存在と戦えば自分はさらに強くなる」
ってのはジョジョあんまり当てはまらない方だろ
まあ1、2部と一部のキャラは能力成長あるけど
序盤からラスボス直前レベルの能力だろってキャラとか出てくんだぞ
しかも味方になったりするし

魔王に飽きたからやろ

たぶんお前らのRPGのラスボスも日本では神だぞ

「神」は結局「人間がなりたいもの」なんじゃないのかな。
最近の物理学のトピックスとか読んでいるとそう感じるな。

マジで使えない・迷惑千万なヤツは神だろうが何だろうが
バッサリ切り捨てる覚悟が根底にあるってことだよ。

全知全能の神なんてのが一番アホ臭くて興醒めするから

日本で言う神なんてエナジーを感じるもの全てに宿るからね
普通の人が持ちえない何か強い力か心を動かす力を持ってれば神にできる訳だから 強い敵は神にできる(ゲームなら「世間に混乱をもたらす神」を倒す)
あと日本は古事記みたいに他の宗教の神様と共演(クロスオーバー)させるの好きだから敵や味方に色々なところの神様出すのはあると思う
その関係性を考えて楽しんでしまうところがあるよね 同人誌的な

様々な神を殺してキリスト教を布教してきた奴らが何を今更・・・

>西洋にも邪神はいるだろ

「私は平和をもたらしに来たのでは無い
剣を、諍いをもたらしに来た」
「私は嫉妬する神である」
「あーなんか人間がでっかい塔立ててるー
じゃけん言葉バラバラにしちゃうけんねー」

どー見ても邪神ですハイ

>そういうゲームに出て来る神っていうのは本当の意味での神なわけではないよ。大抵は力を持て余しているクソ野郎さ。

あれ?それってどこぞの三大宗教の神のこと?

日本人が抵抗ないのは共産主義者だからとかじゃなく、天皇が神じゃなくなったという経緯が関係しているらしい
その後、日本人は神社に行く時に神様へ頼みごとを言うだけになり、その神を敬うことをしなくなった
それとバブル経済が戦後の大人たちを物質主義に染め上げ、
アメリカが宗教国家であることを教えなかった
日本のメディアのせいで
アメリカは神なんて原始的なものよりも
お金や車、科学技術を信じる国だと誤解した
池上彰がテレビで解説するまでは、日本人の多くは
アメリカ人が宗教的な連中だと思わなかったらしい
みんなハリウッドスターを見て、あれが平均的なアメリカ人と思っていた

※10
>ニーチェさんが神に死亡診断してくれたの忘れたんかい。

お前読んでいないかもしれないが
ニーチェは無神論の観点から神は死んだという訳じゃないからな
ニヒリズムとして神を冒涜する者は神が死んだら冒涜できないという意味だからな
神は死んだを欧米人に言ったら「この日本人は何も知らないな」と馬鹿にされるから気をつけろw

海外で悪魔として扱われるような存在も日本では一括りで神として扱うからなあ

※53
全体的に全然違うなりよ

「ミタマ」「カミ」の存在がそもそも西洋とは違うんだってばよ。
「たま」は文字通り丸いかたちをしていてあらゆるものが持ってるのよ。
無機物も百年経てば持てるのよ、だから一年以上足りないのは付喪神になるのよ。
んでもって「たま」には「尾」があって生霊だと本人とつながってんのよ。
これが「タマシイ」なのよ。
「魂の緒(タマノヲ)」が絶えると死ぬのよ。
タマは誰でもなんでも持っててそれが強大になるとミタマになってそこまでいくとカミといって差し支えないわよ。
但し正邪はその時の精神状態により荒魂(アラミタマ)か和魂(にぎみたま)に分かれてどちらでもありえるのよ。
キレてても日本ではカミは神よ。

物語は基本的には箱庭だからね、自由とか開放を混ぜると、自ずと管理者や創造者を取り除かなくちゃならんからね。そういう存在を神と称するのが分かりやすいんだろ。
メガテンシリーズは流石に心配にさせられるがねw

あちらのひとの「神」への依存度が高すぎて引く。