海外「日本人はいただきますと言うときに誰かに祈っているのか?」


z02_20220114112011be0.jpg


翻訳元




  1. スレ主

  2.  日本人はいただきますと言うときに誰かに祈っているのか?

     (日本フォーラムへの投稿です)





  3. 海外の反応

  4.  宗教の儀式というよりも習慣的なものだよ。

  5. 海外の反応

  6.  いや、それは「I receive this (gratefully/humbly)」という意味で、食事を用意してくれた人や生産してくれた人に言う感謝だ。特定の誰かというわけではない。

  7. 海外の反応

  8.  祈りじゃないぞ。

  9. 海外の反応

  10.  日本人の大多数はそれを宗教的な風習だとは思っていない。
     とはいえそれの起源は神道であり、食べるものは全て神がもたらしているという思想から来ている。
     だから「命を頂きます」というのを省略したバージョンがそれだ。
     とはいえそれは祈りではなく、生命の円環に感謝するものだ。

  11. 海外の反応

  12. >>5
     there are seven gods in one grain of rice (一粒大米有七位神)を思い出した。

  13. 海外の反応

  14.  それは文字通り「I receive」という意味だ。あるいは意味的には「excuse me as I take this」に近い。
     食事を用意してくれた人々への敬意を表している。

  15. 海外の反応

  16.  セブンイレブンの駐車場でハーゲンダッツを食べる前に一人でいただきますと言っていた太った男を見たことがあるわ。 

  17. 海外の反応

  18. >>8
     泣けてくるな。

  19. 海外の反応

  20. >>8
     それは誰もいない家に帰ってきてただいまと言うのと同じレベルだな。





  21. 海外の反応

  22.  Goodbyeも「God be with you」(神のご加護を)から来ているが、誰もそれを思って言っていないだろう。

  23. 海外の反応

  24. >>11
     アディオスも同じ感じだな。

  25. 海外の反応

  26. >>11
     今日初めて知ったわ。

  27. 海外の反応

  28.  食事を用意してくれた人や、動物や野菜に尊敬や感謝の念を払っているんだよ。 

  29. 海外の反応

  30. >>14
     自分もそう教わった。

  31. 海外の反応

  32. >>14
     まぁ実際はただの定型文で、誰も工場でカップヌードルを作っている人に感謝しながら食べてはいないだろう。

  33. 海外の反応

  34. >>16
     ああ、フランス語のbon appétit(食事をお楽しみください)と同じようなものだな。
     実際は積極的にそう思っているわけではない。

  35. 海外の反応

  36.  誰かがくしゃみをしたときにbless youと言うようなものだろ。

  37. 海外の反応

  38.  それは食べる前のただの風習だよ。

  39. 海外の反応

  40.  まぁたぶん食べ物に感謝しているのでは?













海外の反応ランキング
関連記事

コメント

動植物もそうだけど
それを育てた人、流通の人、お店の人、で作ってくれた人等
自分の口に入るまでに関わった人全体に
ぼんやりと感謝している
誰が欠けてもダメだから

謙譲語のニュアンスって難しいな

他の生物の命を食べることに差別主義を発露しない挨拶
そんな文化風習で良かったと思う

命の輪に自分も連なることへの肯定的な気持ちを表したものだ。
いつの時代だろうとどこの土地だろうとどんな宗教であろうと人種も一切関係なく世界中に存在する。
ただ作法が異なるだけ。

お天道様が見ているからね

食と食事を高位に置いてるんだよね。
だって食べなきゃ死んじゃうし、それが美味しいものなら元気も出るから。
「ありがたいことだな」って気持ちだから、ハーゲンダッツを1人で食べるときに「いただきます」というのは全然おかしなことじゃなくて感謝を知ってる人だよ。

ただのあいさつだ 気にするな

意味はそうだけど、実際そうつぶやくときは「さあ食べるぞ」程度の感覚でしかないよね。

>「さあ食べるぞ」程度の感覚

急いでエネルギー補充する時とか、カロリーメイトみたいなものだけなら言わなくない?
改まってるんだよ。

外人はバカだからなぁ

食材に対して、
「命をいただきます」だと思ってる。

字幕で「ready to eat」と、
訳されてるのを見ると、
「日本語って難しいね」と思う。

欧米人が日本人より理由を求める気質なのは確かだよ
だから理解できないものを放っておかず、ひたすら詮索して自分たちの感覚を当てはめて理解した気になるのだ
まあ害は無いから放っておいて良い

「いただきます」はよく話題になるけど「ごちそうさまでした」はあまり話題にならないな。
食堂とか出る時、店員さんに「ごちそうさま!」と言うと「またどうそ!」的なやりとりがあるけど。
外人にはアニメで頻繁に描かれないと知る由もないから食事に対する日本人の感謝の本気度がいまいち伝わってない感じ。

日本のいただきますは、料理を作ってくれた人に感謝する礼儀なので祈るのとは違う。

世界の在り方からして独自だからな
人間も世界の一部であって
岩や山と言った無機物から
木々や家などにも神が宿り
長年使い続けた道具には魂が宿る
針供養なんて行事もある
そりゃ食材の命や関係者全てに感謝するだろ

毎日、毎日、なんでこうも日本人はありとあらゆることに興味を持たれるのだろうな。
こんなに関心持たれてる国民て他にいるか?

彼等から見ると「変」なんだよ、我々から見ると彼らが変なんだが
こういったことは他の国々同士でも多々あるが
日本は彼らの認識では白人しかいないはずのトップグループにいるから目立つだけ

動物であれ植物であれ、他の生命を奪わないと人は生きていけない
食事と言う形で贈与された他の生命を頂くことに対する感謝が「頂きます」だろ
だから、コメの一粒まで残すな、と教えらえる

「いただきます」とか「ごちそうさま」なんてリアルで言ってる奴30年位見てないけどな
アニメやドラマの見過ぎじゃね

もう習慣だから俺は何も考えてないで言ってるぞ

同僚とランチ行ったら、普通にいただきますごちそうさまって皆言うよ

>セブンイレブンの駐車場でハーゲンダッツを食べる前に一人でいただきますと言っていた太った男を見たことがあるわ。 

>>8
 泣けてくるな。
>>8
 それは誰もいない家に帰ってきてただいまと言うのと同じレベルだな。


この流れがまさに日本人と欧米人の違いを表してる
日本人は基本誰が見てなくても感謝するし悪事を行わない
欧米人は神が見てないなら感謝もしないし悪事を行っても許されると思ってる
アニミズムの日本人と一神教の欧米人の違いだな

本来は感謝の気持ちだけど形骸化&マナー化してるからね
育ちの良さがわかるとか、そんな程度のものになってるかと

命をありがたいと思わないで食うのってどんな気分なんだろな
食って当たり前神が与えたもうか?そりゃ毎週銃乱射事件も起こすわな

宗教とか関係ねーから
モラルも常識も宗教だのみの外人と一緒にしないで

まあ稲を1年かけて育てて収穫して
脱穀して流通して炊いて、ここに飯がある。
「いただきます」が出ざるおえない。

テーブルマナーみたいなもの
実際に謝意を抱いている訳じゃない
やれば行儀がよいと見做され、やらないと育ちの悪いやつと思われる

明治大正期に学校教育で取り入れられ広まった比較的新しい風習だけど
外国人からしたら伝統のある宗教的ななにかに見えるんだろうな

家庭だけでなく小学生どころか幼稚園で食べ物と食材を作った人、料理してくれた人に感謝の気持ちを持っていただきますとごちそうさまをしましょうって習うんだよ

もとは宗教慣習だけど今は儀式とみなされてないってよく理解してるな...
こっちは他国の人の慣習についてそこまで知らないのに

糧となる命への感謝より神を優先するのは違うんじゃないかな。

食べ物に、自然に、感謝していただきますと言ってるよ。